いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴る自分観察Life log


by gaiaship
更新通知を受け取る

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


助けを借りて・・・


今日は区切りの誕生日。

というわけで
久しぶりに近所の鎮守さま、氷川神社にお参りしました。

a0013236_17180113.jpg


目をつむってでも行ける道順のはずなのに、
なんと、道に迷うという事態に!!

途中まではよく行くマーケットへの道。その先を真っ直ぐ行けば……のハズが、何か違う。

いつの間にか道路が整備されて、それまでのガイドがなくなっていたせいで、私の記憶とは違う景色になっていました。

Googleでもいまいちつかめないので、結局、通りがかった家からタイミング良く出てきた人に尋ねました。これがなんとも絶妙でした。

自宅からめっちゃ近いのに、人に聞くことになるとは。。。

汗かいて到着。(という距離でもないのに)

1人で解決しようとせず、人の助けを借りていく歳になりそうです。


境内は桜の花びらが優雅にひらひら~。

今年も桜満開の誕生日となりました。

そういえば、雨の日になった記憶がないです。


ありがたやー。




[PR]
by gaiaship | 2018-03-29 17:16 | 時事 | Comments(0)

2018年ドラマ視聴


全話視聴の作品のみ書置き(随時上書き)

【韓国】
「シカゴタイプライター」
身体検査の結果、兵役免除になったユ・アインが出演を決めた作品としてだけでも注目された作品。な~んか見ちゃうんですよね、彼の出演作品。大日本帝国からの独立運動に燃える若者3人が現世に転生して出会い、前世の記憶を紐解きながら当時の約束を果たすというストーリー。オープニングの作り方に「君を憶えてる」を思い出したのだけれど、同じ演出家だったのかな? 音楽がまた良くて、前世と現世の記憶の行き来を切なく盛り上げてくれました。
とても見やすい展開で映画を見たような心地。16話イッキに見てしまいましたよ。


「サムマイウエイ」
幼馴染同士の淡い恋愛物語。一度は諦めた夢に向かって再度チャレンジする男性主人公をパク・ソジュン、女性主人公をキム・ジウォンが好演。お互いへの行為を恋とは気づかずに、気づいてからも距離を置く二人の姿にじらされ、親友カップルは結婚に踏み切れず長い春に危機が訪れ…と、こちらの行方は若いカップルの現実が描かれてどちらも目が離せないストーリーでした。さらに、ミステリアスな大家さんの素性が実は…なんてところもあり。

「マイシークレットホテル」


「おひとり様~一人酒男女」2017~
公務員試験に挑む学生たちと、その指導にあたる講師陣。それぞれの恋模様と人生の辛苦を描くヒーリングドラマ。全体にほのぼのとしていて、見ているとお酒が飲みたくなるオープニングとクロージング。癒されました。


「力の強い女ト・ボンスン」
パク・ヒョンシク×パク・ボヨン主演作。女系に怪力が受け継がれるという一家に生まれた女の子=パク・ボヨン演じるト・ボンスンがキュート。その怪力ぶりがぶっ飛んでいて爽快でした。見せ方も上手かった。そして、とにかく二人のやり取りが軽妙で可愛いのなんの。二人とも目がキラキラしていました(笑)



「黄金色の私の人生」
パク・シフさん地上波復帰作。本人も知らなかった出生の秘密に格差恋愛も絡み、親子関係についても考えさせられるドラマ。格差恋愛に真っ直ぐ進めないヒロインの葛藤は、既存のドラマでは描かれなかった苦しみに満ちたものでした。パク・シフさんが演じると、ドラマがドラマらしくなる…というか、ドラマの世界観にグッと引き込まれられるから不思議です。


「韓国版SUIT」
アメリカで大人気のドラマ「SUITS」の韓国版。主演となる人物をチャン・ドンゴンとパク・ヒョンシクが演じてます。アメリカ版も見ているので、あの雰囲気をアジアでドラマにできるの? と少々心配だったんですが、これがかなり良かったです。韓国での放送時も見ていましたが、日本語字幕版で全話完走しました。韓国版もシリーズ化してほしいです。


「ゴーバック夫婦」


「マッドドッグ」


【中国】
「旋風少女2」2017~
男優・楊洋の人気を不動にしたシーズン1の出演者を引き継ぎつつ、主演は入れ替わりとなったシーズン2。韓国人俳優のチ・チャンウクを主演に迎えた今作も、元武道のトップを目指すヒロインの成長を描くストーリー。ストーリーの前半は前作の回想や幻想で楊洋がちょこっと現れるので、それに引っ張られた感じでした。最後までチ・チャンウクらしさが見られなかったような…。ただ、ヒロインが楊洋演じる若白と見間違えるようなシーンではシンクロ率の高さに驚きました。

「記憶の森のシンデレラ」2017~



開封府
ブログ記事にも書きましたが、この作品を作ってくれて感謝! と思ったドラマです。トレンド俳優で売るのではなく、地に足の着いた作風に好感が持てました。実在人物を取り上げる作品ですが、主演者に絞った描き方ではなく、関わる全ての人物像が見えるもので、「そういえば、今頃あの人はどうしているだろう?」と思うときちんと登場するという、視聴者の心を読んだようなストーリー展開。こんなにも会話するように見入ったドラマは初めてでした。
中国では地方局で放送されたままだったようですが、再評価され?全国放送のCCTVで放送が決まり、放送開始から1週間も経たずに全国で断トツ1位の視聴率。


「新・射ちょう英雄伝」2017版



「瑯琊榜之風起長林」2017~(中国放送時)
世界で大ヒットした秀作ドラマ「瑯琊榜」の続編。視聴中に日本語字幕版放送が決まったのですが、やっぱり気になって完走しちゃいました。前作の反響が凄まじかったので、コケませんようになんて思って見始めました。結果、そんな心配は無用の見応えでした。様々な伏せん有り、胸キュン有り、戦闘シーンはスケールアップ。どことなく前作の登場人物と重なる場面も点在。過去を回想するシーンでは前作のエピソードが思い出され、登場人物同様に懐かしく思い返したり・・・。最終集まで気の抜けない展開で、前作「瑯琊榜」のファンの期待を裏切らない作りに大満足です。今作の最終シーンは想い人同士の再会という晴れやかな幕引き。前作の別れゆく姿を思い出さずにはいられませんでした。


「深夜食堂」
日本初放送時の視聴は7話からのマーク・チャオ出演のストーリーだでした。中国で不評だったといういうけれど、その話数から見た私は「そうかな? 私はけっこう感動してる」と思っていたんです。でも、どうやら不評だったのは私が見逃した最初からの数話だったようで、見始めた話数あたりからは好評になってきたらしいです。再放送で初回から見て、何となく納得。日本では現代ドラマが流れることが少ないので、史劇でお馴染みの俳優たちが本人の声で演じているのを見られたのも良かったです。(中国の時代劇では吹き替えがほとんど。本人の声が十分知られていても操作されちゃうんですよね)


「酔麗花」
念願かなって、日本語字幕版で全話完走。


「温暖的弦」(中国本土放送分)


唐の玄宗から安史の乱を経て唐が都を取り戻すまでの時間軸に、玄宗の孫で後に皇帝になった代宗と妃の沈珍珠の愛を描いたドラマ。史実として消息不明となった謎多き妃を取り上げられるのは初めてとか。覇権争いや後宮の謀の度合いが程々だったので、長編ながら飽きずに見ることができました。


「扶揺」(中国放送分)
「楊ミーの古装劇に外れなし」と言われるほど、当たり続ける彼女の出演作品。「三生三世十里桃花」の大ヒットがまだ記憶に新しいので、どうかな? と思ったけれど、見事にハマりました。今回のお相手は三生三世~の相手役マーク・チャオの親友イーサン・ルアン。こちらも実力ありの役者さん。ドラマで見るのは私は「敗犬女王」以来。その後は映画に積極的に出ていたようで、ご無沙汰だったのですが、魅力がグンと増してました。これも日本語字幕版の放送が決まるといいな。


「私の年下の男」
放送制作現場を舞台に年の差カップルの道のりを描くストーリー…と書いてしまうとつまらなく思えるけれど、この典型的設定にジンワリとはまりました。


「月に咲く花の如く」
中国で放送時に見ていましたが、全話は叶わなかったので、日本語字幕版放送に感謝。清王朝に実在した女性の豪商を描いた物語。


現在全話ペースで視聴中
「三国志~軍師連盟」
「武動乾坤」(中国放送)
「少林問道」中国放送時に数話見逃したので、日本語字幕版放送に感激!
「最上のボクら」


[PR]
by gaiaship | 2018-03-21 18:29 | ドラマfun | Comments(0)