人気ブログランキング |

いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴る自分観察Life log


by gaiaship
更新通知を受け取る

カテゴリ:メモ( 165 )



a0013236_19113506.jpg

俗に言う「老眼」。
弱視の私には縁がないと思っていたけれど、そうでもないことに戸惑うこの頃。

でも、老眼なのかも疑問なんですが(笑)

裸眼では今まで通り、手元に近づければ近づけるほどよく見える。
ところが、
眼鏡やコンタクトで矯正すると、以前より僅かに視力が向上したものの
手元の細かな文字が見えづらくなった。

コンタクトを装着した状態では、針に糸を通せなくなってちょっとビックリ。
裸眼になれば全く問題がない。

あぁ、だから先輩方は眼鏡をかけたり外したりになるんですねぇ。

ただ、近くにピントを合わせられなくなるのが老化なのだとしたら、
私のこの状態って何なのでしょう?
裸眼の状態はまるで変わらないように思う。
(むしろ輪郭が若干はっきり見えるような…)
けれども矯正しても手元が見えていたのに、見えづらくなったということは
やはり老眼なのかな?

このことを通して、

遠くが見えないと不便だと思っていたのに
手元の細かな文字が見えない方がよほど不便。

遠くがはっきり見えることよりも
近づければ見えることの方がよほど安心。

そんなことに気づきました。


それにしても…

「近くに焦点が合わないくなる」
ということが意味深に思えてきました。











by gaiaship | 2019-03-08 22:15 | メモ | Comments(0)

瞳がシグナル


虹彩炎」というものになってしまいました。

仕事のスケジュールを少し前倒しして私用をクリア。
自宅に戻ったら急に嘔吐して「?」と思った翌日、片目が充血。
過去の経験では、ここで病院に行くと眼帯をされて片目で仕事をしなければいけなくなる…。
あと数日で作業アップというところで、そうなるわけにはいかず、
手元にある目薬を差して騙しだまし過ごしました。
良くも悪くもならず…

発症して4日目に病院へ。

幸い、徒歩5分以内のところに手術も行う眼科医院が開業したので、そこへ。

で、虹彩炎と診断されました。

一番恐れている角膜炎ではなかったので、内心ホッとしたけれど、
これもなかなか侮れないタイプらしい。

ま、それはおいといて…


医師の説明では、原因がストレスによる免疫低下らしく、そこが気になります。

炎症の多くは免疫力が衰えるから起こるわけだけれど、
私の場合、顔周りに現れるから困りもの。

ストレスが顔に出ない人が羨ましい。

長年ニキビに悩まされたし、
免疫力が低下すると、たいてい目に現れる。
蚊にさされて眼帯しても隠せないほど、とんでもない顔になったことも…

インフルエンザにご縁がないのは幸いだけれど、
目に現れるのは、どういう類の免疫なんだろう???

それが分かると、このシグナルを活用できるのにな。

目はかすむし、
ピントを合わせようとしたり、まぶしさを感じると鈍痛があるのに、
ぼーっと見る分には支障がない…という、
なんとも引きこもり推奨状態です(笑)


伏し目で、こうして徒然と打つだけなら痛みがないので問題ない。
片目を塞がなくてもいいのが何よりの助け。


とりあえずは、出歩かず、休めということなんでしょう。
伏し目で出来ることだけすることにします。

あ、人生初、お薬手帳を作ってみました。


a0013236_14264707.jpg
免疫が低下する季節。
皆さまもお気をつけてください。






by gaiaship | 2018-12-21 14:43 | メモ | Comments(0)

風の名前


台風21号の風被害の大きさから、昨日は「風」に注目が集まったようで、
同時間帯にアップされている情報の多いこと…。

私もその1人だったようです(笑)


Googleのお天気アプリに示される「風況」の速度表記の勘違いと、自分の主観とのズレから「信頼落ちた~」なんて書いたんですが、
そもそも私が数値を理解していなかった…
つまり、信頼できるものなのか判断できる人じゃなかったのでした。

風の強弱は人によって感覚が違うものなので、
これを機に、数値と現象をザックリ記憶しておきたいと思いました。


さて、その風速表記について…

気象庁では1886(明治19)年に、風速を秒速で表記するよう定めたそうです。
さらに言うと、「風速」の算出には先の記事のリンク先にあるように、10分間の平均値なのだとか。

Googleのお天気アプリは一般的な速度表記をしていることになるから
「風速」ではなく「風況」としているんですね、きっと。

お天気アプリなら気象庁がいうところの風速表記にしてほしいな~。


今回、風速目安を検索していたら、風力階級に「和名」があることを知りました。

「平穏」「軽風」「軟風」「和風」「疾風」「雄風」…

微風という言い表し方は無いんですね。

昨日、関西地方を襲った風は「暴風」
…滅多に起こらない広い範囲の破壊を伴う風…だったようです。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。 GVP気象予報「風速の目安」


最後になりましたが
このたびの台風21号の被害にあわれた地域の皆様に
お見舞い申し上げます。








by gaiaship | 2018-09-05 14:18 | メモ | Comments(0)

予知夢だったのか?


この夏の一番の思い出といえば、

鳩に巣作りされたこと。

でも、このことを暗示する夢を見ていたようです。


ときどき印象深かった夢を書き残しているのですが、
昨年の6月に「とても不思議な夢をみた」と…。

-------------------------------
ベランダに干した洗濯物が風にあおられている。
妙なところにかけてあって、戸を開いて取り込もうとしたけれど、手が届かず断念。
戸を開けると強風が吹き込むので再挑戦をためらっている。

外には他の家のものと思われる沢山のパンツが風に飛ばされ舞っている。

ふと、手首を見ると蚊に刺されて、ベルトのように細長く腫れていて痒い。

それもあって戸を開ける気にならなかった。

夢の中のベランダには、ひさしが別付けされていて少し隙間がある。
そこに鳩2羽が入り込んできた。
棲みつかれるのが嫌で、下から思いっきり突いたら
鳩が怒って網戸にしがみつき、フンを噴射してきた。

ウワッと思ったところで目が覚めた。

-------------------------------

いま読んでも体感を思い出すぐらい、リアルな夢でした。

でも、このとき既に、鳩に目をつけられていた様子。
雄は、じっくりと時間をかけて巣づくりにふさわしい場所を物色するらしいので。


この夢を思い出したのは、他でもない
また鳩に棲みつかれた夢を見たからなのです。

しかも4羽。

夢に現れるほど心配してるのか? 私…。

現実にならないように、気を張っておきます(^_^)








by gaiaship | 2018-08-24 16:38 | メモ | Comments(0)

懐かしい夏の気温


台風接近中のココは、曇り空でそよ風、予想最高気温29℃という穏やかさ。

鳥の声も伸びやかに感じるし、蝉も元気。

毎年、ベランダに次々とやってきて絶命していく蝉が、今年はまだゼロだったんだけれど、今日、初めてベランダで鳴いた。

蝉も記憶のDNAがあるのかな? 
ちょっと気になる。


それにしても太陽があると無いとでは大違い。
子どものころも、時折、今日のような涼しい日があってホッとしたのを思い出す。

今日ぐらいの気温なら、団扇で十分だな。
エアコンなしですごすための、暮らしの知恵を十分に生かせそう。

あぁ、あの酷暑に戻ってほしくない…。
アスファルトの照り返しや、電気のない時代は暑いと言っても穏やかだったんだろうなぁ
と思ったら、昔のことが気になった。


江戸時代の江戸の記録はないものの、
今のアスファルトの照り返しならぬ、瓦の照り返しがあったとは!











by gaiaship | 2018-08-08 13:04 | メモ | Comments(0)

いろいろ解決~


これ、何だったっけ?

と思っていた物の正体が判明しました。

洗って繰り返し使えるシリコンラップ。
鍋の滑り止めシートとしても使えるものでした。

「同じものではないかもしれないけれど…」と教えてくれた友人のキーワードをもとに検索したらビンゴ。

ダイソーで神商品として評判みたい。

しまっておいた場所がフタ類のところだったから、やっぱりそうでした~。




分かってスッキリ!
買った理由も納得です。
とはいえ、使わずに済んでるから…無駄と言えば無駄なのか?

自分の記憶に自信をもてない年齢になったのか…。



そして、今日は給湯器からお湯が出ない件も解決。

給水止水栓が閉まっていて、家にお湯を引き込めなくなっていた…という、
とっても基本的な理由でした。
電化製品なら「コンセント入ってないよ」的な…お恥ずかしい理由。

他の栓のことを給水止水栓だと思っていたので、そこはちゃんと開けているのになぜ? なのでした。
私の力ではひねることが出来なかった栓が、開くべき栓でした。

鳩の巣を撤去してくれた業者さんも固くて動かない…と言っていたんですが
いつの間にか動かしていたのかも。

基本的なことにせよ、私には動かせなかったし
素人判断することもできなかったから、メーカーの方に見てもらって正解でした。

ついでに、非常用水として使った後の起動の仕方や
そもそもの仕組みを質問できたので収穫ということかな。

今日から、酷暑が戻ってくるようですが、
かいた汗をお湯で流せるので安心。

お湯の恩恵を知った6日間でした。


※使用商品はダイキン・エコキュート。
 実際に修繕に来るエンジニアは外注だったりする昨今。
 それは別に構わないけれど
 やはりメーカーの作業着を着て、
 メーカーの車で来てくれると何だか安心するものですね。
 修繕に来てくださったメーカーのエンジニアさん、
 時間厳守で作業もスマート、とっても好感度の良い方でした。











by gaiaship | 2018-07-31 11:57 | メモ | Comments(0)

巣立ちを待つ


生きものの気配には敏感なほうだと思うけれど、
例の鳩のヒナは気配を消してる。

鳴き声はしなくなっていて、ときおりバサバサと羽音が聞こえる。

もしかして、別の卵を育ててるのでは? と思えなくもない。

鳩の生態を探るべく、ググってみると対策サイトに出会いました。
やはり鳩に巣作りをされるのは厄介な様子。
卵を産まれる前に寄せ付けないようにしなければならなかった~~!

しかも、鳩は鳥獣保護法で守られているので、捕獲したり攻撃してはいけないとは。
できるのは追い払うことだけだなんて…。
知らなかった。

コチラのサイトを参照↓
〝巣を作る目的は、もちろん卵を産んでヒナを育てるためで、このドバトは一度に2個の卵を産みます。
繁殖期は1年中で、条件がよければ年間7~8回産み、とくに春から夏にかけてが盛んです。”

〝もしも巣を作られ、排除するのも難しい状況となったら、巣立ちの時を待つしかありません。
ヒナが巣立つまでおよそ1ヶ月半ほどです。
巣立ったのを確認したら、すぐに巣を撤去し清掃します。
鳩の嫌うにおいがあり、殺菌作用もある木酢液を塗るのもいいでしょう。”

~サイトから引用


巣立ったと分かったら、即刻対応しなければ!
でも、ホントに姿を見せないので、巣立ちを確認できるかどうか…


ベランダにあまり出ないのが、目をつけられた原因かぁ。
見てるのですねぇ。
暑いからなおさらベランダには出ないし。

私の存在感(オーラ)が弱まってたのか?(笑)

鳩の糞は強い酸性というのが気になる。
タンクのパイプが腐食したら大変!

中の清掃なんて…覗き込むことも手を入れることもできない…。
巣の撤去は業者に頼まないとダメかなぁ。


子育て中であろうが、居心地の良い場所だと記憶されないように
追い払ったり、タワーを外から叩いたり、夕方はライトを点滅させたりしてみよう…。
巣立った鳩もココを覚えてしまうよねぇ。

専門業者が申請すれば駆除できるみたい… 

巣立ちを見極めるまでは家を空けられないのか… むむぅ。

業者に相談すべきかな。










by gaiaship | 2018-07-23 11:07 | メモ | Comments(0)

a0013236_11160923.jpg

PCの「何かが起きている」現象は、いつも忘れた頃にやってくる。

メインPCが急に再起動し始める現象が起こるようになった。

何かがトライ&エラーを繰り返している。

突然、再起動がはじまり、その感覚が5分毎と短くなってきてストレスマックス!

取りかかっていた仕事は別マシンで行うことだったので、
数日、このストレスPCから離れることにしました。

ひと段落ついて、そのエラーPCに向き合うことに。

コンセントを抜いて放電してみたりしたけれど意味なし。
このところのエラーで学んだのは、たいていセキュリティー系が関わってること。

そういえば、Realplayerのアップグレードをした際に
チラッとノートンスキャンがどうとか…メッセージがでたなぁ ということが頭に浮かんだのでアプリをチェック。

結果として、原因はやっぱり…でした。


でもここからが長かった。

ノートンはアプリとして認識されないのに、インストールフォルダがプログラムファイルに入ってる。
削除して次に進もうとすると再起動開始…
再起動したらなぜかノートンのショートカットが現れた・・・と思ったらしばらくして消える。
プログラムファイルにはノートンのフォルダが復活してる。
ということは、インストールexeが生きていて、再起動の度にインストールし、ダウンロードしようとしているということ?
タスクマネージャーにアイコンが現れたり現れなかったり

これを突き止めたいのにまた再起動。

尻尾を掴めそうでつかめない。

何度も繰り返しているうちに私の処理スピードが勝った!!!
一瞬、アプリ一覧に現れたアイコン。
尻尾を掴んでアンインストール成功。

再起動しなくなり、ループから抜け出せました~。

システム復元やらクリーンアップは最後の手段にしたくて必死でしたよ。


気力を使い果たした感が~半端ない(笑)




by gaiaship | 2018-06-22 01:13 | メモ | Comments(0)

お名前~どう書く?




トランプ氏のTwitterに綴られた、北朝鮮の金正恩氏の名を見て思う。

日本人って、わざわざ姓名を逆にして表すけど、
その必要ってあるのかな? と。

姓名の順ということが認知されていれば、このように英文内でも順序を変えることはない。

私は随分前からローマ字表記も姓名の順。


英語の授業で、
"欧米では日本と違って姓名を逆に表記します"
と習ったせいなのか、ほぼ自動的に姓名をひっくり返す。
国際基準だとでもいうように。

たしか2002年以降の中学英語では姓名の順で教えているはずなのに
日本社会はなぜかそれに逆らう(^_^)


日本のことがあまり知られていない時代だったらアリだけれど
もう止めればいいんじゃないかと…私は思う。


中国や韓国は姓名の順だということが認知されていて、英文でわざわざひっくり返すことは少ない気がする。
台湾や香港のように英語名を別に付ける人は別として。

日本の著名な歴史的人物を英文で紹介するときは、姓名の順で表記されているし、
英語の論文でもそれが望ましいという見解がある様子。
それなのに、日本人自ら郷に入っては…に従って? わざわざひっくり返して名乗る。


考えてみたら、日本に住んで日本語を話せる外国人が、
日本語で自己紹介する際に、姓名で名前を名乗っているのを私は聞いたことがない。
(もしかしたら居るかもしれないけれど)


名付けられたまま、慣れた言い方で名乗る。それだけ。

それでいいんじゃないかな~、日本の人も。

逆転させないと通じないと、日本の人が勝手に思っているだけかもしれない。


ただ、一方で
自国のやり方に固執せず、相手の慣習や趣向に対応する柔軟性があるからこそ
いまの日本があるのだろうな とも思う。
別に名前の並びが変わったからといって、別人になるわけじゃないしね。

書いていたら、日本人の寛容さに気付くことになった???



最後に、ローマ字表記について。


私の名前は姓も名も読み方を確認されることが多く
ローマ字をふりがなとして扱っているので、その書き方については悩んでいましたが
下記のサイトをみてからは悩まなくなりました。

パスポート作成を人任せにしたので、「ū」を使えていないのが残念。

ヘボン式だとか訓令式だとか、英語式だとか
何かと揺れるローマ字お名前表記。
揺れてしまうのは、なるべく西欧で理解されやすいようにと思うからなんでしょう。

でも、あくまでも英語圏よりで、ヨーロッパ無視の表音というところがミソ。



ローマ字で名前を書く場合 (国立国語研究所)
日本語のローマ字表記の推奨形式 (東京大学教養学部英語部会/教養教育開発機構)







by gaiaship | 2018-06-14 21:11 | メモ | Comments(0)

a0013236_18532536.jpg

もしもタイムトリップできて、誰かになれるなら
明治天皇の皇后になってみたい。
そして、明治天皇という人を知りたいと思う私(笑)


-----------------------------------
よきをとり
あしきをすてて
外国(とつくに)に
おとらぬ国と
なすよしもがな


明治天皇が詠んだこの歌を、日本史の授業で初めて聞いたとき、
正直、明治天皇に対して疑問を持ちました。

日本の慣習や伝統を「あしき」と思うなんて…と。


西欧文化に傾倒し、日本文化を棄てる動きが目立った明治天皇に好感が持てなかったけれど、
その多くは新政府の教育の影響であり、
近代化を急ぐ新政府の思惑を天皇の意志と混同しているかもしれないな…
と思うようになってからは、悪く思うのは止めました。

それほど気になる人物ではないので、
私の生活の表に出てくることはなかったのですが
東京駅開業100周年を迎える頃、明治時代の洋館建設について書く機会があり、
それぞれの経緯を調べるなかで、頻繁に「明治天皇」の文字に出会うようになりました。

以前なら洋式の建築物を推し進める天皇陛下の勢いを快く思えなかったけれど、
このときは「なんだか凄い人だったんだな」と思うようになっていたんですよね。

同じころ、天皇が書いたらしい「横須賀小観」を読んで印象が一変。
横須賀の街が軍港の街として発展することを懸念し、横須賀の未来に想いを馳せていたようです。
そこに書かれている未来構想を読んで好感度があがりました。

横須賀まで線路が敷かれることを心待ちにした明治天皇は
明治22年に開通するやいなや、まだ駅舎が出来上がっていないのにも関わらずやって来て
電車からミカン箱に降り立ったと言います。

行幸で訪れた土地に対して、同様に色々考えていらしたんだろう と思え
「この人のコトをもっと知りたい」という好奇心が湧きます。

いま、NHKの大河ドラマで「せごどん」が放送されていますが
明治維新については、攻防ともに武士目線がメイン。
明治を語るうえでは改革を起こした新政府がフォーカスされることが多いけれど
日本の新時代のリーダー・明治天皇はどんな風にその時代を生きたのだろう?
公家や宮家の動きも激しかったのでは? そんなことに興味津々。

いつか、天皇目線の明治維新物語が見てみたいと思う今日この頃です。





by gaiaship | 2018-05-06 19:57 | メモ | Comments(0)