いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴る自分観察Life log


by gaiaship

夏が来~れば思い出す♪


a0013236_221235.jpg今日、蚊に刺されました~。今年初です。
最近は家の中が暖かいので、冬でも蚊が出現する世の中になりましたが、
それでもやっぱり夏の風物詩です。

そして、夏と聞いて口ずさんでしまうのが「夏の思い出」。
戦後、暗く沈んだ人々の心を明るくできる曲を…という国からの要請で出来た歌だそうです。いつか「尾瀬」に行ってみたいと思えた素敵な曲。
もう、だ~いぶ前のことですが、実際に行ったとき「あぁ、歌の通りだ」と感動しました。
以来、毎年行きたい場所になり、まさしく「夏が来れば思い出す」ところです。

ただ、毎年行きたいところではあるけれど、遠慮する場所でもあります。
尾瀬を訪れた頃から、自然破壊や環境保護について自分のこととして考えるようになりました。護るために立ち入らないことも必要だな…と思う場所の一つです。

いま、自宅から見える丹沢の山々も、遠くから見れば立派に緑生い茂る山に見えますが、実際には立ち枯れが激しく傷んだ山(かなり深刻な状態)だそうです。

高校生の頃、横須賀の漁師さんたちから
「仲間の中には、山を守る事業にも参加している奴が多いよ。山が健全でなければ、海が病んでしまうからね。綺麗な水が麓まで降りてくるようにする必要があるんだよ」
という話を聞いたことがあります。

大人になってみると、色んな人から聞いた個々のつぶやきが、ジグソーパズルのように繋がっていきます。

夏になり、水不足の心配が頭をよぎるとき、ダムの問題が頭をかすめます。
海に足を運ぶと、浜の狭さに危機感を感じます。
温暖化に加え、護岸工事をはじめとした環境の変化も影響しているようですが、
年々砂浜が消えていっているそうです。
そういえば、昨年、鎌倉の浜が一つ消えました。
子どもの頃は遠かった波打ち際が、階段を下りるとすぐ足下にある…という事実に唖然とします。昔は沢山いたゾウリムシも、このあたりではあまり見かけなくなりました。
テレビ画面の向こう側のお話しじゃないんだなぁ、やっぱり…と思いゾッとします。

夏が来ると尾瀬を思い出し、そして自然に対して
「人間も頑張っているから、もうちょっと堪えてね」
なんて、改めて生活に「喝!」を入れたりしています。

う~ん、ちょっと熱くなり過ぎました(^_^;
[PR]
Commented by kazutoto at 2004-06-29 23:42
本当にどうしたらいいのか悩みます。
環境保護というと自然を守るというイメージですが、結局は巡り巡って人間自身の生活を守ると同じことなんですよね。
かと言って、今の生活を原始時代に戻せるわけもなく…
やはり、各自で節度を持った生活を心がける。それだけなんですよね。
でも、本当はもっと大きな力、たとえば「国」とかが率先してやらなければならないことなのに、逆行しているようで、やるせないです。
Commented by gaiaship at 2004-06-30 00:24
好奇心旺盛が長所であり短所であるのが人間ですからね。ときどき人間の居場所について考えてしまう時があります。詰めの甘さは多々ありますが、日本は捨てたもんじゃないと思っていますよ。失敗をバネに、これからどんな風に進化して淘汰されていくのか、けっこうワクワクしています。
Commented by uchan4123 at 2004-06-30 23:51 x
初めまして。タイトルに魅かれて、遊びに来ました♪
私は小さい時から海の近くに住んでいたので、最近の砂浜の減少には唖然としています。
昔の砂浜はあんなに広かったのに、、、。
Commented by gaiaship at 2004-07-01 11:54
uchan4123さん、ようこそ! 
自然をそばに感じられる環境に育っているのも何かの引力だろうなぁと思う今日この頃です。何をしているわけではないけれど、たまには気付いたことを発信していくことも必要なのかな…なんて思います。どうぞ、気軽に立ち寄ってコメント下さいね♪
by gaiaship | 2004-06-29 22:13 | ココまで | Comments(4)