いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

右サイドの「最近のグルグルmusic」コーナーにアップしていた
風中奇縁の挿入歌 「白頭吟」♪丁噹についてのメモ
(動画はこの記事下に移動しました)
a0013236_12380181.png

この曲の歌詞は、漢の武帝の時代を生きた卓文君という女性が詠んだとされている「白頭吟」という詩だと知りました。とても有名な詩なんですね。
中国史上、もっとも愛に忠実な才女として知られているとか。
裕福な暮らしを捨ててかけおちした相手と添い遂げ、
夫の才能を開花させて要職に出世させた内助の功が有名。
ところが、愛する夫が他の女性に心を奪われたことがあり
それを悲しんで作った詩が「白頭吟」だそう。





続きはコチラ
[PR]
# by gaiaship | 2017-01-24 12:29 | 音・学 | Trackback | Comments(0)

「鎮守の神様詣で」


a0013236_14361980.jpg


明けまして おめでとうございます


年明けから毎日晴天続きの横須賀です。

らしくない感じの年末から、何となく明けた感の年明け。
ようやく町の鎮守さまにお参りしました。
八幡さまです。

今回はお願いをしようとうかがったのに、
いざ拝殿すると、やっぱり頭の中は真っ白になってしまい、ご挨拶になりました。
本当に不思議(笑)

保育園の小さな子達がお参りしていて賑やかでした。

お参りしたら、新年気分になれました。

お参りの後は、ぶらり散歩。
半年ほど歩かない間に、新しい家が建っていたり、駐車場になっていたり…。
変わらないようでいて、景色は絶えず変わるものですね。

いつか振り返ったら
私の変わりどころにも気付ける時が来るのかな?

a0013236_15581882.jpg


家の門前でぬいぐるみ大放出。
人通りの多い緑道でのひとこまに、心和みました~♪






[PR]
# by gaiaship | 2017-01-04 14:08 | 時事 | Trackback | Comments(0)

a0013236_19141357.jpg

2016年は、年明けから胡歌さん出演の中国ドラマ「風中の縁」に続き、『琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―』に虜の年になりました(笑)
彼のことを知ったのは、交通事故からの復活ニュース。
何をきっかけにそのニュースが目に留まったのかは忘れたけれど
心の震えとイケメンの顔は忘れません(笑)

以前、最近のグルグルコーナーにエンディング曲のことを書きましたが、ここに移すことにします。





動画ほか、続きはコチラ
[PR]
# by gaiaship | 2016-12-28 20:49 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

「クリスマス明けは…」


a0013236_12085991.jpg

クリスマス明けは、いつも夢から覚めたみたいに
「あ、あと数日で今年が終わっちゃう!」という妙な焦りに包まれます。

現実に引き戻される感じ。
ずっと「いま」にいるはずなのに(^_^)


今日はGeorge Michaelさんの死去ニュースで現実に引き戻されました。
53歳で逝くなんて…
高校時代の思い出にはWhamのヒットナンバーがセットです。

クリスマスのスタンダードナンバー「Last Christmas」は今年も流れているはず。




ご冥福をお祈りします。


画像は、何となく残りの日々への戒めを込めて…のオマケです。








[PR]
# by gaiaship | 2016-12-26 12:08 | 時事 | Trackback | Comments(0)

「Otomado~深深愛你」


~Otomadoが開くのはいつも突然
開いた瞬間を面白がってアップしています~



Merry Christmas

今日はキリストの誕生日ですね。
いつもなら、クワイアのCDやお馴染みのクリスマスソングを聞く気分になるのに
今回はふとこの曲を思い出しました。

何がきっかけだったか忘れたけれど、ずいぶん前に知った曲。





More
[PR]
# by gaiaship | 2016-12-25 13:50 | Otomado(音窓) | Trackback | Comments(0)

a0013236_19145377.jpg
毎日灯す蝋燭。

売られているパッケージも工夫されているものだけれど、
ちょっと味気ないなと思っていました。

同時に、収めるものが定まらなくて非番になっていた紅茶の空き箱が一つ…

木作りであんがいしっかりとしているので、これを使ってみようと思い立ち
深さをちょっと細工して、収めてみたら案外うまくいきました。


今日は、ほかにも細工事。
それも上手くいって、ちょっぴりご機嫌です。


「やってみよう」と思ったことを、ひとまず「やってみる」
この「やってみる」ことに意味があって、結果はオマケ。

ちょっと不便だけれど、「このままでもまぁ、いいか」ということはたくさんあるけれど
変えてみた結果を思い描けるようなことなら、やってみないと氣が済まない。

もちろん、イタイ失敗も多い。
だから、上手くいったときは、小さなことでも得意がってる私です(笑)








[PR]
# by gaiaship | 2016-12-20 19:13 | ニッコリ! | Trackback | Comments(0)

これを読んでビックリ。

東京オリンピック開催に乗じた、暴挙とも思える都内の樹木伐採。
上野公園でも行われているとは…
上野公園に行くたびに、覇気を失っているように感じていたんですが
木々が姿を消していることにあったのですね。

伝えてくれる人たちがいないと、知らないまま大切なものを失うことになる…
なんとも悲しいです。

いいのかなぁ? こんなことで。

以下は、上野公園の樹を守る会からの賛同キャンペーンメッセージです。


「皇太子(現天皇)ご成婚記念の噴水は撤去され、藤棚や緋寒桜を切って、大きなスターバックスとパークサイドカフェができ、イベント広場ではテントで物産展などをやっています。すごい音と匂いです。ここは公園ではないのでしょうか?

折しも、2020年の東京オリンピックまでに、JR上野駅公園口を50メートル北に付け替える工事が始まります。クレーンと資材置き場のため、都道を付け替える。横断歩道をなくし、まっすぐに動物園入口までの動線を通すためとのことです。そのために「支障木」を「撤去」するという張り紙が出ました。住民や公園利用者には何の相談もないのです。八本の大樹、その中の二本は1973年に公園開設100周年で植えられた記念植樹です。最初の木は12月19日に切られるのを「撤去」の腹帯をして待っています。

建築家・前川國男は代表作東京文化会館のエントランスから上野の森の樹木が見えるように設計しました。その文化会館前の木が切られてしまいます。今のように、駅を出て、「ようこそ」と樹木に迎えられ、公園に入っていく方がよほどワクワクします。駅前に木陰があるから、そこで待ち合わせもできるのです。

これは平成20年の都の「上野公園グランドデザイン検討会」(進士五十八委員長)にのっとり、実施計画がされているのですが、委員たちもまさか、自分たちの策定した報告を根拠にバンバン木が切られているなどとは知らないでしょう。都や区の議会や、景観審議会でも十分に論議をした形跡はありません。

樹木は命であり、人間より長い寿命を持ち、人間にとっては木陰と木漏れ日を作ってくれ、むきだしの建物を覆い、友達であり、頼りであり、心の支えでもあります。鳥など動物に取っても木は重要なねぐらであったりします。

どうぞ、先進国の首都であるならば、これ以上、利用者や住民の同意なく、上野公園の木を切らないでください。」

上野公園の樹を守る会








[PR]
# by gaiaship | 2016-12-16 17:54 | 時事 | Trackback | Comments(0)