いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

earthday


毎年4月22日を「アースデー」とし、世界中で地球のことを考えた様々なイベントが行われる。日本でも定期的に、そして規模を拡げて行われるようになってきた。日本での開催を立ち上げてきた知人たち…。今年もきっと頑張っている。
サイトはたくさんあるけれど、コチラを記録しておこう。
earthday.jp
アースデー東京

発祥は1970年・アメリカ。

世界中に浸透している動きなのだけれど、私は毎年、言葉にはできない複雑な気持ちになる。こういうポリシーを持つ人が大勢いるなら、どうして戦争なんか起こすんだ? どうしてやめさせられないの?…って。国でひとかたまりにして見ることではないけれど、平和とか愛とか正義とか正論とか、ビミョ~なズレや歪みを感じてしまう。

このことと今回のイラクで起きていることを繋げて見るものじゃないけれど、アメリカのやっていることが凄く違和感となって映る。武力への脅威では解決しないということがハッキリ見えているのは、私だけじゃないと思う。人質の解放が(表面的には)話し合いで実現しちゃったのだから…

現地に行かなければ実際に危機感は分からないことだけれど、自衛隊の人たちの服そうは変えられないのかな? 見るだけでニコニコしちゃうようなTシャツを着るとか…。
着ている本人も元気になれるデザインだったり、家族の写真&メッセージ付きTシャツとか、平和を願う応援メッセージ付き(全部違う言葉でもちろんアラビア文字)のキャップを被ったりできないのかな。正常な精神状況なら、笑顔で額に汗して働く人を誰も傷つけようとは思わないはず。
…なんてお気楽すぎるかな…

解釈にもよるけれど、「北風と太陽」みたいなことじゃないかな、必要なことって。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-16 12:38 | 時事 | Comments(0)

還る


今日、ツバメの姿を見た。
季節になるとちゃんと戻ってくるツバメたち。
還るところに還る~という当たり前の行動。

イラクの人質事件を気にしながら、私の頭の中には北朝鮮の拉致問題が浮かんでいた。今回の政府の対応をどんなふうに思っているだろう…と。
家族の帰国を待って、気の遠くなるような年月を過ごしている人たちにとって、自分たちが味わってきた歯がゆさとダブルのではないだろうか。

軽やかに空を翔るツバメの翼が羨ましく感じた。

還るべきところに還ることができるように…。
中東の人々にも同様に捧げたい祈り。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-15 14:21 | 時事 | Comments(0)

くだらなさすぎて…


●ただいまのBGM ♪「弱い僕だから」 by忌野清志郎


さっきまで、すごくくだらないなぁ~と思いながらも、そのことに囚われていた。

…のに、ちょっと気がそれて他のことをしている間に、

あれっ、さっきまで何考えていたんだっけ…? 

う~~ん?

頭が固まったまま、まったく思い出せない。
どうでもいいようなことだった気がするけれど、
「みんなはどうなんだろう?」とか、「こんなこと考えるのは私くらいだろうな」なんて思っていたような、一人ウケしていた心の余韻だけが残っている…

ほんとうに、どうでもいいことだったんだなぁ~。
消えちゃったよ。

そういえば、昨日もどうでもいいことが一つ消えたっけ。
最近物忘れがひどくなった…。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-14 21:44 | Comments(0)

無題


経済状況を問題として捉えると眠りが浅くなる。
現実から目をそむけたり、想いだけに走るのは危ないけれど
やることやって、深く考えないでいられたら、それが一番。

「小さく まとまんなよ!」
って、むかし彼氏が別れ際に言ってくれた言葉に支えられている今日この頃。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-14 12:38 | Comments(0)

生きる


京都府が鳥インフルエンザの警戒に対して事態は終息したと判断し、諸々の規制を解除するらしい。

団体責任をとらされて、犠牲になってしまった元気な鶏たちのことを思うと心が痛む。

少し気になるのが、うちの周りからカラスやスズメの鳴き声が減ったこと。
以前はもっと聞こえていたんだけれど。
気のせいなのか、季節のせいなのか?

最近さまざまな動物が異常繁殖しているらしいけれど、みんな生きるのに必死なんだろうな。境界線なんて気にしていられないといった感じ。
自然動物から見れば、人間の方がよっぽど異常繁殖で、迷惑しているんだろう。

守り過ぎちゃって増えてしまった、オオサンショウウオの不気味さには驚いた。
天然記念物だから、実際に何匹生息しているのか実態が分からないらしい。
放っておくことが保護なのか? どうなんだ?
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-13 11:38 | 時事 | Comments(0)

ごちそうさまでした


a0013236_234022.jpgニコニコ作って、ニコニコ食べる。

●エノキとネギの挽肉あんかけ
 豆板醤と醤油ベース
 生姜で香りづけ
●豆腐とワカメのみそ汁
●カブとキュウリの酢の物
●写してないけれど…
 作り置きしてある杏仁豆腐

料理は楽しい! 今は自分の身体だけ考えていればいいから気楽。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-12 23:41 | Comments(0)

ゆるり、夢うつつ


●ただいまのBGM ♪smappiesⅡ
~SMAPの曲をJazzyにアレンジ。人気グループの単なるインストだなんて、あなどってはいけない。全米を代表するプレイヤーらによる魔法がかった1枚。

これは、友人の手作りスコーンとクッキー。卵や砂糖を極力控えているのにとっても美味しい。いつもありがとう…

a0013236_173837.jpg


春は「魔が差す季節」。
いつも見ている「WBS(ワールドビジネスサテライト)」に出演していた植草氏のニュースを知って、あらら、と思いつつ、そう思った。

一瞬、普段は抑えていることに挑戦ししたくなる季節。
私の場合、家族から「放っておいたら間違いなく春に死ぬだろうね」と言わるほどチャレンジャーだった。子どもの頃「このまま一歩足を出したらどうなるんだろう?」な~んて思って、走ってきた車に向かっていったりした。通学途中、いつも弟に引き留められたっけ。とんでもなく高いところから飛び降りても大丈夫な気がしたり…
逃避したいことがあるとか、そんなことじゃなく、純粋に「どうなるんだろう?」っていう好奇心。いまは、生きているコチラの世界のほうが夢だと思っているから、このまま覚めずに夢見ていたい。間違いなく体験するのだから、焦る必要はないしね。

この歳にしては、色んな「死」に出会ってきたと思う。
私としては還る場所だから、彼らにものすごく不幸なことが起きたとは思っていない。
つい最近気がついたのだけれど、友人から引っ越しのニュースを聞いたときに受ける印象と似ている。
もちろん、あの世とこの世では出来る付き合いと、出来ない付き合いがある。
けれども、何だか似ているんだ、私の中では。


生きる場所が変わるだけ…。
会うに会えない状況が続いているだけ。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-12 17:39 | ココまで | Comments(0)