いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

ごちそうさまでした


a0013236_234022.jpgニコニコ作って、ニコニコ食べる。

●エノキとネギの挽肉あんかけ
 豆板醤と醤油ベース
 生姜で香りづけ
●豆腐とワカメのみそ汁
●カブとキュウリの酢の物
●写してないけれど…
 作り置きしてある杏仁豆腐

料理は楽しい! 今は自分の身体だけ考えていればいいから気楽。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-12 23:41 | Comments(0)

ゆるり、夢うつつ


●ただいまのBGM ♪smappiesⅡ
~SMAPの曲をJazzyにアレンジ。人気グループの単なるインストだなんて、あなどってはいけない。全米を代表するプレイヤーらによる魔法がかった1枚。

これは、友人の手作りスコーンとクッキー。卵や砂糖を極力控えているのにとっても美味しい。いつもありがとう…

a0013236_173837.jpg


春は「魔が差す季節」。
いつも見ている「WBS(ワールドビジネスサテライト)」に出演していた植草氏のニュースを知って、あらら、と思いつつ、そう思った。

一瞬、普段は抑えていることに挑戦ししたくなる季節。
私の場合、家族から「放っておいたら間違いなく春に死ぬだろうね」と言わるほどチャレンジャーだった。子どもの頃「このまま一歩足を出したらどうなるんだろう?」な~んて思って、走ってきた車に向かっていったりした。通学途中、いつも弟に引き留められたっけ。とんでもなく高いところから飛び降りても大丈夫な気がしたり…
逃避したいことがあるとか、そんなことじゃなく、純粋に「どうなるんだろう?」っていう好奇心。いまは、生きているコチラの世界のほうが夢だと思っているから、このまま覚めずに夢見ていたい。間違いなく体験するのだから、焦る必要はないしね。

この歳にしては、色んな「死」に出会ってきたと思う。
私としては還る場所だから、彼らにものすごく不幸なことが起きたとは思っていない。
つい最近気がついたのだけれど、友人から引っ越しのニュースを聞いたときに受ける印象と似ている。
もちろん、あの世とこの世では出来る付き合いと、出来ない付き合いがある。
けれども、何だか似ているんだ、私の中では。


生きる場所が変わるだけ…。
会うに会えない状況が続いているだけ。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-12 17:39 | ココまで | Comments(0)

キーワード二つがビンゴ


3/29 雑誌「湘南スタイル」

淡路島に住むミュージシャンの友人が、夏に葉山に建つ海の家「Blue Moon」で2年連続ライブを行った。今年も来るかなぁ。私にとって淡路島は第二のフルサト。湘南スタイルを取り寄せているのが知り合いだったら面白いな。今年は祖母と祖父のいる淡路に帰りたい! 関西にも住みたいし、三浦半島にも出戻りたくなってきたし…。そろそろ引っ越し先に出会いたい。どんな土地に引き寄せられるかな~?
超格安で貸してくれる大家さんに出会えないかな。

どんな田舎に住んでも(車の免許無いけど)、続けようと思えば続けられる仕事だということが、かえって選択範囲を広げてしまって絞れない!

でも、年内には決めなければ…
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-11 20:35 | Comments(0)

Jazzy


頭の中を整理して、原稿の流れをつかんだところで、ご飯を炊きにキッチンへ。
部屋に戻ってさぁ、再開…と思った途端、ラジオからベニー・グッドマンのスイングナンバーが流れてきたじゃありませんか。
完全に心が持って行かれてしまいます。
彼のクラリネット演奏の軽やかさは憧れ。
それがきっかけで、クラリネットを吹こうと吹奏楽部に入り、めでたくパートに入れたのに、部長に頼まれアルトサックスを吹くことになったのでした。
両親は大喜び。12歳になってまだ1週間程度の私にはわけが分からず、「こんな楽器知らない。重い!」と文句しきりでしたが、今は部長の頼みは神様のはからいだったと思うほど、聞くのも演奏するのも大好きな楽器。

いいなぁ、ベニー・グッドマン。特集なんだ! やった!
知らない人に伝えるには…。そう、ケンタッキーのカーネル・サンダーっぽいかも。
もう亡くなってしまっています。
そのニュースはショックだったけれど、亡くなりかたはほのぼのした感じでした。
たしか、揺り椅子で昼寝をしたまま逝ってしまったのです。
彼の演奏の柔らかさに似て、逝き方もとても自然だと感じたのを覚えてます。

ビッグバンド…いいな。
聴いていても高揚するけれど、演奏中の一体感を思い出すと笑顔になってしまう。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-10 18:56 | Comments(0)

今日の焼きたて


a0013236_131217.jpgパンを買い忘れていたので、あわててパンを焼いた。
天然酵母を使って時間をかけて…というパンはもちろん美味しいけれど、レンジを使って1時間で作ってしまいました。本格的なパンづくりをする人にとっては“眉間にシワ”ものかもしれないな。でも、焼きたての美味しさは十分楽しめるので、私はこれでもNo problem! 「早く食べたい」という気持ちが大きかったせいか、ちょっとオーバー発酵してしまった。
窓の外はゴキゲンな天気。建物が陽の光をはじいてキラキラしてる。波の煌めきとすこ~しだけ似ていているなぁ。横須賀に戻りたくなる。AM放送のAFNから伝わるベースの雰囲気がますます気持ちを外へと駆り立てる。いま住んでいるところも米軍の飛行場があるんだけれど、横須賀のようにアメリカを感じない。離れてみてはじめて、自分がどんな雰囲気の中で暮らしていたのか分かるものなんだなぁと、あらためて知る。

これ、横須賀に住んでいたら全く気がつかない。

外から訪れる人によく言われたっけ。横浜を過ぎたあたりから、急にトンネルが多くなるから不安になるし、「すご~く遠い所に来てしまった」という感覚になるんだよね…と。確かに鎌倉あたりから山が増えるからなぁ。私はJR横須賀線の田浦駅のトンネルを抜けて海と艦船が見えると「あぁ、帰ってきた」という感じでほっとする。
ショッピングしているアメリカンファミリーやNAVYとか、海の近さとか、やっぱり独特の雰囲気。都心にいる外国の人々が醸し出すものとはぜ~んぜん違う。
30歳まで住んでいたのに、横浜や都内が生活場所だったから地元に詳しいわけではないんだよな。育った土地にむしょうに愛着がわいてきた今日この頃。

今日みたいに天気が良いと、戻って海辺を散歩したくなるけれど、明日中に仕上げる仕事に集中しなくちゃ…。出来れば今日中に仕上げるのが目標。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-10 13:13 | Comments(0)

夜は長い


今週から「ロズウェル・惑星の恋人たち」(だったっけ?)が金曜夜25時からの放送になったはず。
実家にいたとき、ときどきか見ていた。いまは再放送だったと思う。
見ていない放送回を見たいなぁ、と思っていたら、ある日突然、放送時間に出会ったのだった。

こういうことって、よくある。

ちなみに、再放送のたびになぜか毎回おなじ放送内容…ってことも多い。
しかも、最終回の一つ手前。本当は見逃した最終回をみたいのに、
再放送のときでさえ見逃すということも多い。

25時までには、まだ間がある。
それまで次のコピーの資料(16ページ)に目を通すことにしよ~ぅっと。
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-09 20:50 | Comments(0)

うぅ~ん…


仕事の手をとめ、ちょっと休憩…。
テレビをつけると、どのチャンネルも例のイラクで3人の邦人が人質になった件を特集していた。どこもかしこも「どうする?日本」といった感じ。
テレビをつける前に、二人の方の直前のメール内容が「北海道新聞」のサイトに公開されていたのを読んだのだけれど、危険の可能性を十分予感していながら、そこに吸い込まれていってしまったようだ。

情報に触れるのはこんなにもたやすいのに、イラクはなんと遠いのだろう。

この地球で安心して眠れない人々が、さらに増えてしまった…
[PR]
# by gaiaship | 2004-04-09 19:35 | 時事 | Comments(0)