いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


「ほぉ~」


a0013236_17124302.jpg

頂き物の箱を開けて、思わず「ほぉ~~」と、声が出ました。

これぞ日本の贈答の姿。

箱を開けると、金箔入りの薄紙を通してうっすらと見える包みたち。
すぐに中身を見せるのではないところに、日本ならではの奥ゆかしさを感じます。

中身はお米です。京都・8代目儀兵衛
6種類のお米が2合ずつ、風呂敷に見立てた布にくるまれていました。

久しぶりに日本の心遣いに出会った気がします。

日常品の包装は簡素にしたほうがイイと思いますが、
贈り物は美しく包まれていると心が躍りますね。


昔はギフト向けのパッケージやパンフデザインをしたこともあったなぁ~
忘れていたラッピング好きな自分の一面。

思い出したら、すこしソワソワしてきました。





[PR]
by gaiaship | 2017-03-24 17:12 | ニッコリ! | Comments(0)

「ひいき目」


a0013236_16045742.jpg

気づいたら、鳴門もんが揃った。

ワカメがなくなったので買い足し…
乾燥ワカメは切る手間が省けて便利だけれど食感は落ちる。
しっかり味わって食べたくなって、生ワカメを買うことに。

そうなったら、私はやっぱり鳴門のワカメ。
これで育ったようなものなので。

縁のある地名を見ると、やはり手が伸びます。

瀬戸内や信州、神奈川のものを見ると、ついそちらへ。

地名を見るだけで脳内トリップ。
瞬間的に現地の風を感じる気がするから不思議です。







[PR]
by gaiaship | 2017-03-13 16:04 | ニッコリ! | Comments(0)

「技に惚れぼれ」


京都の和菓子「蕎麦ぼうろ」が入っていた容器に感動。
a0013236_16435556.jpg

蓋を開けると…

a0013236_16435909.jpg


a0013236_16440661.jpg

1枚の紙を折って箱に仕立てられていたのでした。

切り目もつくらず、糊付けもせず、食べ終わったら、かさ張らない姿に。
これ、とっても日本らしい工夫に思えます。
開くと地図が描かれていて、観光帰りを楽しませる仕組み。

包み紙に店の名前と絵地図を描くのは、昔ながらの広告手法です。
平和が訪れた江戸時代、一大観光ブームが巻き起こるなかでサービスの手法がたくさん生まれたんでしょうね。

それにしても、この作りにはそそられます。
自分でも作ってみたい!









[PR]
by gaiaship | 2017-03-11 16:42 | お気に入り | Comments(0)

2017ドラマ視聴


2017年に視聴したドラマ覚え書き(全話視聴のみ)5月現在

★韓国

「六龍が飛ぶ」
李氏朝鮮の始まりの話。本国で昨年放送されたこの作品。他に見たい物と重なったので後半は今年になってようやく見終わりました。
「善徳女王」「根の深い木」の脚本家が書いた作品と聞いただけで興味がわいて見始め、しっかりハマりました。最終回は「根の深い木」とクロスオーバーするような演出があって、時代設定はさかのぼっているのに、まるで「根の深い木」の完結編のような仕上がりに、ニンマリしました。


「運勢ロマンス」
・主演のファン・ジョンウムさん、ちょっと苦手な女優さんなんだけれど、この作品は凄く合っていた気がします。って、すごい上から目線でなんですけど…



「高潔な君」
ソンフン氏の色気演技力がますますレベルアップして感じた作品。見慣れた感のあるミニミニドラマシリーズだったけれど、それも好感が持ててしまいました。「芙蓉閣の女たち」で初めて知った俳優さん。最近では「子どもが5人」の好演が印象的でしたね。

「麗」
・中国の原作「歩々驚心」が好きだったので、なかなか入り込めなかったけれど、10話アタリから別物として受け入れてみることができました。これを先に見ていたら、たぶんハマったと思います。IU可愛いし。でも、キャリア差かな、イ・ジュンギ氏以外の皇子は衣装の着こなしも、立ち居振る舞いも史劇の空気に馴染んでいなかった気が…。





★中国、台湾
「恋のはじまり、夢のおわり」
仕事か、結婚か…。20代の最大の問題を扱っていて、仕事を選択した人生と、結婚を選択した人生を並行して見せるストーリー。私の20代と重なって共感出来たドラマでした。台湾の、こういう間を生かした自然体なドラマ、好きです。


「トキメキ弘文学院」
出演者の過去作品のパロディーや、中国でヒットしたドラマのパロディーなどを含んだ、中国的コメディー満載の作品。ニッキー・ウー&リウ・シーシー(現夫婦)カップルの作品というだけで見ました。後半になって、やっと話の真剣度が増して話が進んだ感じ。


「秀麗伝」
後漢誕生を果たした劉秀(後の光武帝)と陰麗華の物語。あの有名な「倭奴国王印」を日本に送った皇帝ですということもあって、親近感の湧く時代。ただ、物語は賢帝と称えられた皇帝よりも、どちらかというと劉秀の心の支えで有り続け、一途に愛された女性であり妻でありながら、時世に飲まれ苦難の末に皇后となる麗華が主役です。袁弘が演じる劉秀の一途な愛情表現にほだされました(笑)

「太子妃狂想曲」(原題:太子妃昇職記)
2015年に空前のヒット作となったWebで配信されていたドラマ。中国は検閲が厳しいイメージがあるけれど、これを見て、Web限定とはいえ「あれ? ここまで表現出来る国だったの?」と、かなりの自由度に目からウロコ。思いっきり演出と俳優陣にハマりました。で、音楽が良いんです。昨年、OPチャンネルで字幕放送されていたのをチラ見しかできなかったけれど、今年CSのスタンダードチャンネルで扱ってくれたお陰で完走!ハマりました。


「皇帝の恋」


「記憶の森のシンデレラ」(原題:放弃我抓紧我)
~視聴中~




[PR]
by gaiaship | 2017-03-10 17:09 | ドラマfun | Comments(0)

「サインと実態」


a0013236_16421331.jpg

寝室で使っているハロゲンヒーター。
もう、結構な年月が経つ。そういえば、最近は見かけなくなったような気が・・・

ホンワカと温められて火事の心配が低いし、
照明になるほど明るいので、主に夜に出入りする寝室にはもってこい。
タイマーオフ出来るので、安心して眠れるというのも寝室で使っている理由の一つ。

ところが、「電源を消せない!」という状態に!
え~~、サヨナラですか~~? 突然過ぎる!

ま、壊れるときって突然が当たり前だけれど。

結論からいうと、「復活しました」


点かないもの=使えないもの だから諦めもつくけれど、
点く(使える)のに消せない だから使えないなんてねぇ。

コンセントの抜き差しで使う? と自問自答。
いや、危なすぎる。


パワーアップとダウンが出来るということは、その辺のON/OFF は生きてる。
消せない以外の機能は使えるのでした。
接点の問題だけの気がするから…開いて見てみるか?

と、思ったとき、転倒OFF機能のことを思い出したので、
試しに床から離してみたら・・・ 消えた。

消えるんじゃん!

今のがきっかけになって、正常に戻ったかも・・・と
期待して電源ON 続いて OFF
タイマーでも消えて

か・い・け・つ でした。


で、
電源のON と OFF のサインとなるランプですが・・・

OFFということで、このランプは消えても
実際には消えていなかったわけです。

こういうサインランプは以前にもアテにならない ということがあったけれど
(そのときはランプが点灯して使えることになってるけど使えないハンダごてでした)

サインと実態は必ずしもイコールではない ということを
また、心に刻むことになりました。


何だろう、近々そんなことが起こるのでしょうか??


現在進行中ということになっている、
けれども、実際には何も起こっていない とか、

終わった気になってる
けれども、本当は終わっていないとか???

気をつけなくちゃ。








[PR]
by gaiaship | 2017-03-06 16:40 | つぶやき | Comments(0)

「掛けるだけ~」


a0013236_12360810.jpg



超スピード設置で終わる雛飾り柄のタペストリー(?)

それでも掛けるとガラリと部屋の雰囲気が変わります。

それが伝統行事の貫禄というものでしょうか?

それとも、楽しく過ごした子供の頃の記憶のお陰でしょうか?

部屋の電気を消して、ぼんぼりのほのかな明かりに照らされた雛人形の表情を、
いつもうっとりと眺めていたことを思い出します。








[PR]
by gaiaship | 2017-03-02 12:27 | Comments(0)