いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

<   2016年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


「そのうち」に終止符


a0013236_15352690.jpg


試着したときには気づかなかった着心地の悪さから、買った年にはスルーした1着。履ければ重宝するはずのテロンとした七分丈のパンツです。

改善策が分かっていながら放置していたんですが、今日になって、ようやくヤル気スイッチが入りました。

本当に簡単なこと。だから、「そのうちに」と思ってやり過ごしていました。


「よし、これで履ける」

やっと自分の物になりました。

ものの1分の出来事でした。この1分のために1年かけたなんて^^;

分かっていながら手をつけていないこと。
やればいいだけだとたかをくくって、先伸ばしにする、
そんな過ごし方をしていることに気づいたら、どんどん変えていかないと!

と、反省して気分転換終了。

仕事に戻ろっ。





[PR]
by gaiaship | 2016-07-30 15:25 | つぶやき | Comments(0)

●●油ブーム?



「ココナッツオイル」に「えごま油」などのオメガ脂肪酸のブームに始まって、「ひまし油」「ヒバ油」「馬油」。最近、いろんな「油」の名前をWeb上の話題として見る今日この頃。

どれも昔から活用されているものばかりだけれど、
美容や健康食品の新ネタ探しはオイルに向いているみたい。

で、次は何だろう? と思っていたら
虫よけとして「ハッカ油」が急浮上。

分かりやすくいうと、「ミント」なんですが、厳密にいうと「ハッカ」という表記には和種ミントであることの強調のようです。詳しいことはコチラを参考に ^^; O-157にも有効…とは!
http://matome.naver.jp/odai/2137516909037927801

スプレーにするなら無水エタノールを混ぜた方が良いと思います。

ミントオイルは夏によく使うのですが、虫よけの意識はゼロでした。
夏は、扇子にラベンダーオイルやミントを垂らして使っているんですが、蚊よけにもなっていたのかな?

蚊取り線香はまだよいけれど、ノーマットの電気蚊取り器は、
蚊にも効くだろうけれど、私もアウト! 
というわけで、切実でない限り使いません。
正確には「使えません」T_T 蚊に刺されやすいのに…
私って虫と同じなの?? と思ってしまうほどでしたが、虫が苦手なミントは大好物。これで人間であることが証明できた(笑)



スプレーを作らなくてもアロマオイルで済むのかな? もしかして。

お風呂で使うときには、入れすぎるとヒンヤリではなく「ひりひり」と熱く感じて肌にダメージを与えるので気を付けないとです。湿布をはがしてすぐに入浴をしてはいけないと注意書きされていますが、湿布にはメントールが含まれていることが多いので、理由が同じなんですね。

虫よけには「クローブオイル」を作ろうと思っていたけれど、手持ちのアロマオイルに含まれるから、これも作らなくて済むのかな? もしかして。


a0013236_14453298.jpg

ペパーミントとローズマリーがブレンドされたロールオンタイプのオイル(左)
クローブをはじめ様々なスパイス系がブレンドされたオイル(中)
肌に直接つけられ、飲んでもOKクラスのペパーミントのエッセンシャルオイル(右)

手持ちのものは、こんなところ。
日常使いのアロマオイルが使えて万々歳です。


a0013236_13535041.jpg
話は逸れますが・・・

私にとって、ハッカといえばこの「はっか糖」。
ハッカは信州のものかと思っていたけれど、ハッカ油のことを読んでいたら、北海道が主生産地だと知りました。そういえば北海道に行ったときにそんな話を聞いたような気が…

それはさておき、無性にこのはっか糖(家ではハッカあめ と呼びますが)が食べたくてたまらなくなってきました。
こちらが製造元サイト↓
http://tomatsu.co.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=41

ホロホロと口で溶けて、つい食べ過ぎちゃいます。






[PR]
by gaiaship | 2016-07-25 14:50 | メモ | Comments(0)

山に行きた~い♪


a0013236_16063256.jpg


仕事の撮影用に私物を活用することになり、久しぶりにご対面。

ずいぶんご無沙汰になっている軽登山靴…。

今年の秋はトレッキングを楽しみたいなぁ。

日帰りで行くとしても、出来れば事前の移動を含めて2日半のフリータイムが理想ですが、その時間がとれないので友達の誘いになかなか乗れず、すっかり遠のいてます。

横須賀で日常的に坂や階段を歩いていたときに比べて、身体がへなちょこになっているので、それ以上に予備日を作らないと復活出来ないかも。

そうやって考えてみると、基礎体力をキープできる住環境って必要ですね。







[PR]
by gaiaship | 2016-07-24 15:50 | つぶやき | Comments(0)

赤い月


a0013236_20065133.jpg
今夜はやけに月が赤い。しかも肉眼で見る姿はとても大きくて・・・

とっさに携帯で撮ったけれど、写りがイマイチだったので、
借りているデジカメで取り直してみました。

こちらの方が納得。

はじめは雲の中だったんですが、あの辺りかな~と狙いをつけて、
じ~~~っと見つめていたら雲が晴れました。


そういえば今朝、7時半少し前ぐらいだったかな? 地震で目覚めました。
その時間はまさに、あと少しで満月! という時間。

満月や新月のあたりは、やはり動きますね。

夜中は突然の土砂降りで、あわてて窓を閉めまわって…
何だかリズムが狂って身体ガチガチ、頭痛が続いて不調な1日の終わりは、赤くて大きなお月様で〆。

すこし不気味な感じです。

これも土用の働きなのでしょうか?

やっぱり鰻を食べなくちゃ。










[PR]
by gaiaship | 2016-07-20 20:14 | ビックリ! | Comments(0)

暑さ本番の前に


a0013236_18193866.jpg
水晶のクラスターを洗ってあげました。

その日に身につけたアクセサリーは、水晶のクラスターにのせて浄化しています。

クラスターとは天然の水晶の群生です。強力な浄化作用があるそうです。
水晶自体にそういう力があるようで、たしかコンピュータに電磁波の軽減のために水晶(人工ものらしいです)が組み込まれていると聞いたことがあります。

とくに夏場は汗をかくので、すぐにアクセサリーボックスに仕舞うのはためらいます。帰宅して手洗いのときに外し、軽くふいて、ココに置くのがすっかり習慣になっています。

天然石へのこだわりや知識は殆どないんですが、人からプレゼントされることが一時期あって、いつの間にか手持ちの石が増えました。
すべて私のためにやって来たものだと思うので大切にしています。


このクラスターも頂き物。
もう、随分長いあいだ活躍しています。
ここでリセットするとアクセサリーの輝きが増すんです。身につけているものには知らず知らずのうちに感情が溜まってしまうようで、何というか…軽くなるんです。たとえて言うなら、長期休暇をとった同僚が出社してきたその日、キラキラして見えるような感じ。

その人が身につけているものを手に持った瞬間、そのものが日々、どういう扱いを受けているのか分かる時があります。大事にされていないものには、そういうオーラが出ていて、持ち主のイメージにも影響するのであなどれません。


さてさて、浄化してくれるこのクラスター自体の浄化は必要なのか???
やっぱり必要です。長く置いておけば埃だってたまります。ただ、天然石には埃がたまることがあまりありません。石を避けているのか、石から何か出ているのか? 不思議なことに他の物に比べて埃はとっても少ないんです。もし、埃が積もるようならそれこそ浄化が必要なのかも。
ですが念のため筆などで払ってから流水で洗ってます。


月光浴もしてあげるつもりで洗ったんですが、どうも曇り空のようなので、満月の夜に改めて…

それにしても、肉眼では何カ所も虹色に輝いているクラスターなのに、かわいそうなくらい写りが悪い(笑) 

明日19日から、夏の土用入りだとか(~8月6日)。
身体の浄化はもちろん、お掃除も励みたいと思っています。







[PR]
by gaiaship | 2016-07-18 18:19 | 時事 | Comments(0)

Otomadoが開くのはいつも突然
開いた瞬間を面白がって、アップしています。



♪Earth,Wind & Fire ~Fantasy


友人のシェアで、この訳詞動画を知りました。
とてもステキ。

じつは、高校時代にこの歌詞を訳したことがあります。
英語の先生がこの曲を提示して、訳してみようということになったことを、今日まで忘れていました。


Every man has a place, in his heart there's a space,
And the world can't erase his fantasies
Take a ride in the sky, on our ship fantasii
All your dreams will come true, right away

And we will live together, until the twelfth of never
Our voices will ring forever, as one
・・・
詞 コチラ参照


この動画にあるような日本語は、当時の私たちでは浮かばなかったと思います。
それでも感動するには十分の内容で、英語の曲はスケールが違うなぁと思ったのは確かです。

新たに目にしたこの訳は、いまでこそ、ピンとくる言葉に意訳された部分がある気がしますが、それが訳詞の面白さ、そして難しさなのかもしれません。
改めて、世界中に響き、いまもなお聴かれている曲である理由が分かります。


先日のニースのフランス革命記念の花火大会での悲報、トルコのクーデター行為・・・。
それぞれのファンタジーが、衝突したり剥奪しあう世界ではなく、同じ心地にたどり着き、世界を穏やかにするものであったらいいのに。今日、この曲に再会したのは、そんなことの確認だったのかもと思える連休初日です。



a0013236_15213995.jpg※創始者でリーダーのモーリス・ホワイトさんは今年の2月に亡くなりましたが、バンドは現役活動中。今年、9月に来日し、横浜赤レンガでライブがあるようです。






















[PR]
by gaiaship | 2016-07-16 15:33 | Otomado(音窓) | Comments(0)

怖い話…?


a0013236_19050676.jpg

今年に入ってから、業務用のメールアドレスにスパムメールが入るようになりました。オリジナルドメインということもあって、いままでは迷惑メールフォルダに仕分けられることメールもなかったので、いったい何で足がついたのか? 


スパムブロックをすり抜けたものが時々受信フォルダに入り込むことがあります。困ったことにウイルス検知されることもありますが、プロバイダーとセキュリティーソフトの2段構えで駆除しているので、何とかセーフ。
これだけのウイルスが出回っているなんて… スパムメールの量と比例している気がします。まったくもー です。

毎日、必ず送られてくる様々な望みもしない海外からのセールスメール。
怪しいからなのでしょうね、迷惑メールに振り分けられ、削除されていくわけですが、それをすり抜けて受信されるメールを手動で削除していたら
これ、何となく身体の免疫機能と重なってみえてしまいました。


毎日毎日、私たちの体内では刻一刻と細胞の誕生と死滅がくりかえされているわけですが、
その中には癌になり得る細胞も含まれているそうです。
がん細胞に変質するのを防いでくれているのが免疫機能の色々なんですよね。

それらに感情があったら、私が感じるようなことを毎日呟やくことになるのかな? ^^;


ときどき、メールを受信と同時にプレビュー状態(開封)にしている人がいますが、それは一番危険です。
素早く内容を確認出来る利点はありますが、感染する人の多くがこの設定によるもののようです。

------------------------------
さて、スパムメールのすべてが今のところ英語圏メール。
「ウイルス感染メールを削除しました」なんて通知されるとゾッとします。
英語圏の人とメール交流がないので、一目で区別がつくから良いものの、そうでない人たちは紛らわしいでしょうね。セーフリストを作るのも大変そう。

ネットを使っている以上、個人情報の保護なんて出来ているようで出来ていないようなもの、と思っておいたほうが良いんでしょうね。

マイクロソフト社がWindows10のグレードアップを執拗に進めることが話題になりましたが、グレードアップが可能なPCが把握されていて、ツールバーに通知がポップアップされたときには、ちょっとゾッとしました。搭載しているマシンに繋がれたデバイスやソフトに支障がないか検索までできるんですから…。

「すごいね」だけではない怖さを改めて感じます。




[PR]
by gaiaship | 2016-07-15 20:39 | 時事 | Comments(0)

a0013236_18034771.jpg


携帯用にはA4サイズほどのノートPCを使っています。
自宅で気分を変えて仕事をしたいときに、こちらを使うことが多いのですが
夏が問題。

暑い埼玉で、なおかつ西日の当たる部屋はエアコンを入れても28度に下がれば良いほうだし、身体はそれで十分涼しいのですが、PCは機体温度が上がりやすいようで、冷却ファン部分から噴き出す熱風が気になります。

増設用の冷却ファンや、冷却マットなどあるようですが、
私はキッチン用具のバットを使っています。

写真のように冷凍室で冷やした保冷剤をバットに入れ、PCに触れないように念のため油切りネット(?)を置いて、フタをするようにPCを乗せます。


a0013236_18034950.jpg

まるでオーダーメードのようなしっくり感と、打ち込む際のガタツキもなく驚きの安定感。
家にあるもので何とかなっちゃいました。

これで熱風が出ることもなく、安心して使っています。
数年前に思いついたのですが、すっかり定着しました^^
(以前にも書いたかな?)

自宅で作業する場合に限られるけれど、少しはマシンの寿命を延ばすハズ。





[PR]
by gaiaship | 2016-07-12 18:01 | メモ | Comments(0)

明日(내일)


Otomadoが開くのはいつも突然
開いた瞬間を面白がってアップしています


未生(ミセン) OST (tvN TVドラマ)(韓国盤)
♪한희정 (Han Hee Jung) - 내일(明日)


~また、一日が過ぎ
 明日は、また訪れ
 この世はせわしなく動くけど
 そうやって前だけを見て歩いて行け、という父の言葉に泣いて…


CSのフジテレビtwoの番組欄にドラマ「未生(ミセン)」を見つけました。(BSでも現在放送中です)
幼い頃から棋士(囲碁)を目指していた青年が、家庭の事情で断念し、母親の伝手で総合商社に志願し、高卒ながらもライバルと競って契約社員として採用されます。そこで様々な問題にぶつかりながらも、囲碁の世界で培った視点を生かして成長していくストーリー。サラリーマンのリアルな姿を描き、全世代の共感を呼んだそうです。
また見ちゃいそう。名台詞に溢れているんです。論語や詩、哲学などから引用した台詞が多いのが韓国ドラマの特徴と言ってもいい気がします。
主役を演じるZE:Aのシワンさん。
格好良さを封印して別人になってるんですが、最終話はその封印が解かれてカッコイイ姿を見せてくれます。話自体が別物の映画みたいな作り。途中までもやっとしていた流れがスッキリして、話が終わっちゃうのが一層寂しくなるんです。


さて、タイトルの「未生」とは、囲碁の専門用語らしいです。大ざっぱにいうと、未完全な状態という意味になるかな? 
入社した主人公が囲碁をしていたとも知らず、上司が主人公に語りかける台詞で出てきます。「俺たちは皆、まだ未生だ」と専門用語を出すくだり・・・。ジンワリきます。

で、この曲は、主にエンディングに流れます。
力の抜けたヒーリングボイスとウッドベースの低音が染み入ってきて、
聴いていると「社会人として、人としてちゃんと生きているかな」なんて考えさせられて、そして「さ、次に向けて頑張ろう」と柔らかくリセットしてくれます。

都心のビル群を見下ろせるエレベーターホールでボンヤリ外を眺めていたら、聴いていたプレーヤーからたまたまこの曲が流れてきて、ハマりすぎていて時間がとまったみたいでした。


今月リメイク版がフジテレビで制作・放送されるようです。
「HOPE 期待ゼロの新入社員」。
オフィス事情の表現がリアルだったからこそ、ストーリーが映えた原作。日本のオフィス事情がどんなふうに表現されるのか、興味津々です。



ところで、「明日」といえば参議院選挙投票日(投票時間は午前7時~午後8時まで)。

私は午前中に行くつもりです。










[PR]
by gaiaship | 2016-07-09 17:06 | Otomado(音窓) | Comments(0)

7月10日は何の日?


いろいろあると思うけれど、今年に限って一番に思い出したいのは「参議院選挙の日」(略)

選挙に参加しない(投票しない)人の数が、与党支持者の3倍以上いる という。
選挙権を18歳まで下げたけれど、もともと若い世代は投票率が低い。

なんとな~く、
若い世代が政治参加(投票)しない理由の一つに、もしかして”親の影響も大きいんじゃないかなぁ”ということが頭をよぎった。

私が20歳で選挙権を得たときには「やっと参加出来る」と喜んだし、投票に行かないなんて家族が許さない雰囲気があった。それに「投票してこそ文句も言える」と思うから、どんな投票も欠かしたことはない。けれど、なかにはいくら投票しても支持する政党、候補者が当選するわけではない という負け体験が多くなって
「参加しても意味ないじゃん」という人たちが増え、やがて親になり…
政治に関心をもたなくなったら、その子どもだって選挙を軽視するようになるんじゃないかな。政治に限らず、真面目に何かを語ること自体を「ダサい」なんて片付けて。

そういうことは想像できる。

推測を確認したくて、こんな統計を見てみた。
a0013236_20043469.gif
自分の20代のとき、30代のとき、40代のときと追っていくと、驚くほど投票率に変化がないし、投票率も年上世代に比べていつも低い。

この統計だけで語るのは危険だけれど…ザックリとした傾向は見える。


若者もだけれど、私世代が諦めちゃってるとも言えるのですね。


私のまわりは消極的な人なんていないから実感がわかないけれど、ベビーブーム世代の投票率が低いのはマズい。
候補者だって同世代が増えてくる(はず)だし、10代後半から20代前半の子どもをもつ世代なわけで…
心を開くことができるか? にかかってるのかも。

参考サイト http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/071syugi/693/


ただ、正直いって、投票に行ってはいるけれど、ず~~っと選挙ってものに違和感を抱いてる私です。

多数決=民主的な決定方法 って違うよね。










[PR]
by gaiaship | 2016-07-05 20:52 | 時事