いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


お願い! 閻魔さま!!


先日、淡路島の先山にある千光寺
祖母の五七日(いつなのか)の法要が行われました。

亡くなってから七日毎に粛々と執り行われる法要の中で、五週目に行われるものです。
今では省略する地方が多いらしいですが
淡路島はこの三十五日を重視している数少ない地域らしいです。

この日は・・・

閻魔大王がお目見えする裁判日。
遺族は閻魔堂に集まって読経し、
好感度を上げるべくこの世から援護するのです。

お堂に入ると、閻魔大王の像がドーーン!
ちょっとしたアミューズメント(なんていったら怒られるかな)
本当に裁判が始まるかのような雰囲気なんですよ。^^
初体験の時は、キョロキョロしちゃいました。

お堂の前には餓鬼達が居て私たちを入れないように邪魔をする、と言われているので
鬼の気を逸らすために山の麓に向けて持参したおむすびを一人一つ放ります。
このとき、麓を背にして、決して振り向いてはいけないんです。
私たちが放っていることがバレないように、何食わぬ顔で投げるのがポイント。

いや、バレバレでしょうけれど楽しいです。

これを経て判決がおりるのが四十九日だったかな。
故人の処遇が決まり、晴れて喪明けです。

うろ覚えなので間違っていたらゴメンナサイ ^^;

やれやれ…と思ったところにお彼岸がやって来て、
お盆がやって来て、
一息つくのは、やはり一周忌を迎える頃。

儀式の一つひとつに向き合うことで
残った私たちの心を落ち着かせてくれるようになっている気がします。

あの世でも、この世でもない場所・・・ってどんな居心地なのかなぁ。

不思議世界に・・・合掌。




中陰~Wikiより
[PR]
by gaiaship | 2013-02-28 21:24 | メモ | Comments(0)

Good sound~響きの力


a0013236_15152722.jpg

最近のオーディオコンポはUSB再生対応だったり、
ケーブルでつながなくてもbluetoothでピピッととばせるお手軽再生が可能。

そこまでの性能の物は持っていないけれど
普段はポータブルな音響機器を、その時々でつなぎ合わせて再生するようになった。
CDなども早々にmp3かwmaに変換しちゃってプレーヤーに格納してしまう・・・。

私が持っているオーディオセットは
今じゃそれらが何台も買えちゃうような価格で購入したもの。
時代遅れの代物だろうな。
それでも「この時代のものはまだパーツもあるし、しっかりしているから手放さない方がいいですよ」とのエンジニアさんの一言が頭に残っていて、手放せない ^^; 

それを久しぶりに機動させました。

3年ぶりのリリースで、到着を楽しみにしていたClazziquai ProjectのCDのお陰。a0013236_15442652.jpg


いつものミニスピーカーで再生して聞き始めたのだけれど・・・
全然響きが違ーーーう!!!
気持ちいい!

あぁ、そうだった。
心地よい響きって、胸の奥にス~~っと風が通るんだった。
日陰から日向に出たときのような幸せな心地になるんだった。

スピーカー本来の能力を発揮させてあげていなかったことにも気付き・・・。

私が持っている程度の機器で、これだけ気持ちよい音空間をつくるのだから
これ、もっと高性能の機器で聞いたら凄いんだろうな。

しっかり音響デザインされたアルバムのお陰で思い出せました。
彼らの作品に感謝!

アーティストやエンジニアが真剣に録音、ミキシングしている様子を知りながら
このところ随分いい加減な受け取り方していました。
ごめんなさい ^^;

素敵な音を聞かせてあげていなかったMyBodyにもごめんなさい ^^;

しばらくは圧縮ソースに戻れないかも。
それでも、またプレーヤーを携帯して聞いてるうちに慣れちゃうのかな。


a0013236_15444879.jpgさらに、もう一つ。
越してから繋いでいないスピーカーにもゴメンナサイ。
すっかり花台的扱い。

思い立ってフェイスカバーを外してみたら・・・

見なけりゃよかった、と目を背けたくなるほど埃まみれじゃないですかっ!
見てしまったし、このスピーカーも久しぶりに響かせたいから掃除。

いやぁ、
長年見ることのなかったところに目を向かせるなんて
音楽、響きの力って凄い。


響きの魅力を思い出してしまったから、新しいスピーカーをいつか手に入れたいな。
友人ルートで見渡すだけでも魅力的ものばかりで、正直迷う。

田口製作所
M's system
タイムドメイン
ENSOUND SPEAKERS

official

[PR]
by gaiaship | 2013-02-16 15:15 | 音・学 | Comments(0)

ハワイ公演を無事に終えて帰ってきたyuraiさんから、
素敵な映像の紹介をいただきました ^^
久しぶりにお二人の音象にもひたり、引き込まれました。



「皆様に是非共見て頂きたい映像がありまして、紹介させて頂きます。

Facebookをされている方には、すでにご承知かとは思いますが、
「白山自然美術館」という、ファンページがあります。

素晴らしい白山の写真の数々が掲載されているのですが、
本日バレンタイン・プレゼントとしまして、
わたしたちの曲「What a wonderful world」をバックに
スライドショー動画がアップされました。
8分ほどのプロモーション作品ですが、後々1時間以上の長編動画として公開される予定です。
是非共ご覧頂きたく、お知らせいたします」

---------------------------------------------------------------
画質的は圧倒的にFacebook版の方が高画質だそうです。
利用なさっている方はこちらへ。
http://www.facebook.com/Hakusanart
[PR]
by gaiaship | 2013-02-14 17:46 | お気に入り | Comments(0)

旧暦マイバースデーは?


旧暦元旦がピンときたのがきっかけで、
ふと誕生日が気になりました。
西暦で覚えているけれど、旧暦だと何日になるのかな…と。
いつも参考にさせてもらっている「こよみのページ」さんで算出してみました。

すると、・・・年3月1日でした。

覚えやすい数字に思わずニッコリ。

どういうわけか誕生日に関しては「覚えやすい」ということがついてまわるのです。^^

で、その3月1日は今年の西暦だといつにあたるんだろう?
と思って変換したら、4月10日と出ました。

きっとその頃に誕生日のことをボヤ~ンと実感するんだろうなぁ。

西暦と旧暦のズレ。
ココにフォーカスすると、
突然身の置き所が無くなるというか
暦の存在がつまらないものになるというか
そもそも時間って何だ? という感じになって

早々に考えるのをやめることになります。

それでも旧暦が気になるのは
やはり月の満ち欠けと身体が呼応しているからなのかな?


人間ぐらいなものでしょうね、経過を意識するのは…

あ、年輪を刻む樹木も年を記録(記憶)しているな・・・
ん・・・??


・・・出口の見えない話になるのでこの辺でやめておきます。^^;
[PR]
by gaiaship | 2013-02-12 17:19 | メモ | Comments(0)

旧暦元旦そして新月


旧暦元旦、新年快楽!
あけましておめでとうございます!

心も身体も一致して感じるのは、やはりこの旧暦のお正月。

実家から自宅に戻って2週間、師走モードでした。
やり残しのないように…と過ごしていたら
充実した日々を送ることができていたようです。

そして今日は新月。

リアルかと間違うような夢を2本見ました。
とても楽しくて幸せな夢だったので、「これは現実になる」と心に刻みました。^^

信じて待ちます!

皆さまにも、明るい夢・希望が舞い降りますように。

新年万事如意!
새해 복 많이 받으세요!
地球万歳 ^^
[PR]
by gaiaship | 2013-02-10 16:55 | 時事 | Comments(0)

うつくしきもの


a0013236_14302818.jpg


宗教、宗派に捕われず、広く知られる般若心経。

写真は、昨年出版された「真説 般若心経 しあわせな青い鳥はあなたの中に
以前blogに書いた個展で出会った杉田明維子さんの作品です。

完成と出版のお知らせをいただいてから、やっと手に入れました。

ページを開くと・・・

あたたかくて優しい色合い。
そして分かりやすい言葉。
AICOさんの画と溶け込むように、
真理を解く言葉がアイコン程度におさめられてる・・・
これは解説書ではなく、「作品」だと思います。

子供心にずっと感覚として捉えていた
「般若心経」につづられている仏陀の教え(気付き)が
目の前にカタチになって現れた・・・。

そんな作品。

何だか絵を描きたくなりました。
「絵」というより、色に触れたくなったという方が正しいかも。


ページをめくりながら
先日亡くなった祖母との対話をたくさん思い出していました。

残してくれた処世術や言葉と、ここに書かれたことが重なり
ただただ温かい涙が溢れました。


人それぞれの物語を引き出してくれる・・・
本にはそんな力が在ることを思い出させてもくれました。

これを手にした人は気付くと思います。
仏陀の叡智は誰の心にも備わっていることを。


昨年後半は知人の出版ラッシュでした。
これからゆっくり手に入れていきます。^^
[PR]
by gaiaship | 2013-02-09 14:30 | お気に入り | Comments(0)

「丁寧」が導くもの


a0013236_15352041.jpg


一目一目、一針一針・・・
コツコツと手作業に没頭しました ^^

いま住んでいるマンションは、どういうわけか各室の窓サイズがバラバラ。
しかも、今まで使っていたカーテン類とサイズがまったく合わないというクセもの。
なかでもリビングのスリットサッシをどうしたものか…とアレコレ試してみましたが
結局、思い描いた物を作ったほうがいいんじゃない? 
というところに落ち着きました。

思ったのはいいけれど、工程を想像すると面倒になってそのままにしてたんです^^;

で、ようやくスイッチが入りました。


まずは編み物。
次に手持ちの生地をカットして、縫い代にアイロンをかけて
ひたすらチクチク縫いました。ミシンがあればあっという間でしょうね。

すべて物差しを使わず目分量。自分使いのものだと本当にいい加減です。

こういう作業は、いろんなクセを見つけさせてくれます。

編み物は「やり直しを恐れない」ことを身につけさせてくれたんですよ。
せっかく編み上げたのに、途中から目の数が変わっちゃっていて…
間違いをそのままにしてごまかすか、それとも潔くやり直すか。

そこで、やり直してみたら・・・

なんて気分がいいんでしょう・。・○

それ以来、やり直しを恐れなくなりました。
やり直せるならやり直す。引き返せるなら引き返す。

やってみると案外簡単なものなんですね。


さて、今回の発見は・・・

仕上がり期限があるわけじゃないのに
なぜか「早くつくらなくちゃ!」と焦ってたこと。
そう思っていたうちは、時間だけが進んで、成果は上がっていないことにイラッとしたり
やけに肩がこるし、編み目が締まってしまって指は痛くなるし…、ため息が。
嫌なことが膨らんで、だんだん面白くなくなっていったんです。

ところが急に、「あれ? 私、自分で自分を責め立ててる?」と思ったら笑えちゃって
途端に楽になりました。
途中で全部編みほぐすのも平気。

生地を縫うのも、一針一針丁寧に。
のんびりのんびり針を刺していたら、その一刺しがとても愛おしくなったんです。
これは初めての感覚かも。

そうやって作ってみると、仕上がりが美しいじゃ~ないですか ^_^

目指しているのは「出来上がり」。
そこに条件をつけなくてもいい状況なのに、クセがついちゃってる ^^

「丁寧」の境地を知ったかな?


吊すとこんな感じ。
a0013236_1535207.jpg


充実した時間と満足をくれた思いつき。

自分を誉めてあげました。
[PR]
by gaiaship | 2013-02-05 15:35 | ニッコリ! | Comments(2)