いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


仕切り直しシーズン


a0013236_17564494.jpg
6月30日は「夏越の大祓」 全国の神社で行われる儀式の一つです。
神社によっては6月30日の旧暦にあたる7月31日に行うところも多いようです。
3年前まではまったく意識していなかったけれど、一度覚えてしまうと外せなくなりました。
詳細は過去記事に頼るとして…コチラ

知らず知らずに加勢することになった原発建築の罪を祓い、
気枯れに新たな気をチャージ!
そんな気持ちで今年は足を運びたいです。


そういえば・・・
「夏越し大祓」は素戔嗚尊(スサノオノミコト)が発端ともいわれるもの。
なので、参列者とともに儀式を行うのは素戔嗚尊を祀る神社の場合が多いようです。
あら、とっても近くに、そのスナノオノミコトを祀る氷川神社があるじゃないですか ^^
というか、この神様のご統治エリア!?

調べてみたら川越の氷川神社が良さそう。
ただ、旧暦に行うようです。…となると、7月31日。
ん~、大祓のハシゴってありでしょうか?
[PR]
by gaiaship | 2012-06-29 17:57 | 時事 | Comments(0)

a0013236_1984896.jpg

今…梅雨ですよね? と確認したくなるほど、
私の住んでいるところはカラリと爽やかな青空の一日でした。

ハワイみたい… と思ったすぐあとに、
ここではない何処かに例えた自分に「?」です。
どういうわけか記憶の中の似たような場所を探してしまうんですよね。

でもその心のつぶやきは、次に繋がっていました。

作りたいもののデザインメモしようとノートに手を伸ばしながら・・・
水彩で描いてみたくなって、「それならスケッチブックだな」なんて思いたち
使いかけのブックを探すのに見つからなーい。

思い当たる場所から別の場所に切り替えたら、スケッチブックらしい背中を発見。
でも、サイズが大きい。

これ何だっけ? と開いてみたら

1996年の6月に行ったハワイツアーのアルバムでした。
ちょうど今ごろ、ハワイの海を満喫していたようです。
私にしては珍しく出来事や感じたことを書き込んで、
キチンとしたアルバムにしていました。

旅行会社が企画するものではなく、
友人つながりで知り合ったお店が企画したものでした。
それまでのハワイ滞在とは全く違った過ごし方をさせてもらえて、
生まれて初めてイルカを間近に見て、同じ海で泳いだ思い出のツアーです。

16年前の今日は、クルーズとドルフィンスイムを満喫したのですねぇ。 
何百匹というイルカの群れがやって来てくれて興奮しました。
a0013236_1994410.jpg


何度か訪れたハワイを通じて見つめたことのアレコレを思い出します。

喜びの感度を上げれば、どこにいてもパラダイスになる。
心の置き場所次第なんですよね、何事も。 それを教えてくれた場所です。

イルカの背中を見ていると、「いま、楽しんでる?」 と聞かれているようです。
このときも、追われることを楽しむように、そうやって先へ先へと喜びをつなぐように泳ぐ姿にハッとさせられた記憶がよみがえります。

ちょっと忘れていたのは、そのスピード感。

そうそう、これ、いまの私に必要だ!



ヒーリングとかスピリチュアルという言葉が、今ほど語られてはいなかった時代。
ほんの16年で世の中変わりました ^^

まだまだ 変わりますよね?
[PR]
by gaiaship | 2012-06-26 19:15 | ココまで | Comments(0)

information


国境なき医師団
●東日本大震災支援。現地の人が今を伝える「明日へ」ブログ・NHK
ふんばろう東日本支援プロジェクト
ハタチ基金
被災地NGO協働センター
鎌倉そわかプロジェクト
一時預かり・里親募集中
東京電力
●日本の食糧自給率を考える非営利団体 APIO
日韓VISION同盟
japan-guide.com
●about ジャパンガイド
●明日のために今始めよう AC広告機構
[PR]
by gaiaship | 2012-06-22 12:59 | メモ | Comments(0)

aha!体験


朝起きて、リビングに足を踏み入れたら、何か雰囲気が違う。

間違い探しの絵を見比べるときと同じような直感的な違和感があって…

ぐるりと見回したら、

エアコンのコンセントがだらしなく垂れ下がっていました。

使っていない間は外しておいて、やり場がないからテープで留めているのだけれど
ときどき、はずれてデレーッとなってしまう。
何か方法はないかと思うけれど、いつも面倒になって結局同じ方法で処理してきました。

でも、今回は閃いた! 

突然、使わずにいたお正月飾りをドアにひっかけるためのフックが頭に浮上し
コンセントに輪をつけて引っかける というイメージがポン!!

a0013236_13152491.jpga0013236_13155844.jpg


久々のアハ体験 ※アハ体験の説明はコチラ

どうにかしたいものが同時に片付いて快感 ^^

しかし、どうしてこんな簡単なことを今まで思いつけなかったのか…呆れもする。


エアコンのコンセント、リール式にして引き込めるようになっていればいいんだけどなぁ。

なんて浮かぶひと時も楽しい!


既にそういう物はあるの?
[PR]
by gaiaship | 2012-06-17 13:23 | ニッコリ! | Comments(0)

大飯原発再稼働の流れに ガーーーーン! 

動くことに「ホッ」としなかった。

今だって、地震があるたびに、「原発が止まっていてよかった」と思うのが本音。

「成るように成る」 それが私の信条だけど、

原発の件に関しては傍観していたら駄目だな…と心が動く。


そこへ、友人のシェアが目に留まった。
とってもシンプル。
「首相官邸の電話番号と、ファックス番号とご意見メールのアドレス」だけが添付されていた。

そうだった、直接伝えよう。いままでの原点。

というわけで、意見をメールとファックスで送りました!


プチスッキリ。

生きることへの絶望なしに、生きることへの愛はない。 (Albert Camus 裏と表)



原子力に固執する政治は、
農薬まみれの野菜づくりと重なる。
害虫の心配がなく、安定した収穫が可能で、供給が滞らずに済む。
それは、真の安心につながるものだったろうか?

食の意識が変わったように、電気も同じことができないのかな?



首相官邸
ご意見募集 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
電話 03-3581-0101
FAX 03-3581-3883
内閣官房内閣広報室〒100-8968東京都千代田区永田町1-6-1
[PR]
by gaiaship | 2012-06-16 13:20 | 時事 | Comments(0)

タイムカプセル


a0013236_18192858.jpg

前回の引っ越しで封をしてからだから…かれこれ8年。
開くことのなかったリンゴの段ボール箱が一つ。
収納スペースに格納できずに、仕事部屋の片隅に置きっぱなしにしてありました。

日常に必要なものではない証拠。
それでも手放せないもの。

開いてしまうと、なんだか面倒なことになりそうで見て見ぬふりをしていました。
が、やっと整理する気になり・・・

オープン!

紙焼きの写真、日記、スケジュール帳、作詞ノート、手紙やカードなどに再会しました。

実家から出る際だけでもだいぶ処分したけれど
それでもこれは置いておこうと思ったものでした。


なぜか、仕事のスケジュール帳を全て残していたんですよね。
いやぁ、内容ぎっしり! 
頑張っていた日々を誇りに思います。
今じゃ、あんな働き方は無理。
20代の勲章といったところでしょうか。

ページをめくっていたら
「あのころの私に比べて今は…」なんて凹んできて…
いかーん!
戒めだけ受けとって、今回で処分しました。


しかーし、写真って難しい。
撮ってもらったものばかりだからなおさら。
それに、「残しただけのことはある」という時間ばかり。
これは今回も保留〜。
デジタル化してしまえば、CD1枚にまとめられそうだけれど、
それはまた、考えるときが来るまでの宿題に…。

今回のタイムカプセル開封は、手放すきっかけと、手を伸ばすきっかけをくれた気がします。

それは、また追い追い。

とういうわけで、リンゴ箱よりは小さくなったものの
タイムカプセルは更新されました。
[PR]
by gaiaship | 2012-06-11 18:19 | つぶやき | Comments(0)

キマッタ!


a0013236_163796.jpg

思わずレジの人と一緒に 

おぉーーー っとハモっちゃいました。

体操競技でフィニッシュが決まったときみたいなピタッと感(想像です)。

消費税込みで、端数なしとは珍しい。

しかも、12品も買ったのに1000円! 思いがけない安さとキリの良さに驚いた!!

久しぶりのアップ内容が コレかよ と突っ込まれそうですが。


この話、お笑い系の人ならどんな風に話を広げてくれるでしょうか〜。
[PR]
by gaiaship | 2012-06-09 16:03 | つぶやき | Comments(0)

Otomadoが開くのは、いつも突然。
開いた瞬間を面白がってアップしています。




この曲には、ドラマの中で出会いました。最終回の、この歌が始まるあたりからでした。
夢をあきらめない…という内容なので、その後もよく耳にしますが、
どういうわけか、いいタイミングで曲の部分だけに出会うのです。

そして今日も。

いつ聴いても涙が溢れてきます。
夢を抱く人への情と、自身の揺らぎ・・・かな。
Promotion Videoに日本語訳を付けてくれているのを見つけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここで歌われている 「夢」
キラキラと崇高な言葉です。
自分の夢が曖昧でも、この「夢」という言葉に夢を抱くというか・・・。

夢が明確なときは生きやすいです。
些細なことでも叶えたいことがあると生きていられます。
なんたって、それが生きる理由、生きる力、生きる源・・・

でも、
パタンと扉が閉じたように、何もなくなったように感じた時期がありました。


今日、この曲を聴いていたら、その頃に書きとめたものを思い出しました。


  「私」が見えなくなったときは
  夢をもち、目標をもって生きる人に 私を与える。
  私を差し出す。
  リクエストに応えるうちに、「私」が目を覚まし 
  力がわいてくるような気がする


誰かの夢、生きる力を処方箋にして・・・今があります。


あ、考えてみると、これは私の職業そのものでした ^^

このことを今一度思い出すための バッタリ! だったのですか・・・。^^;


この曲を作詞・作曲したCarnival(김동률,이적)バージョンも好きです。

「Otomado」 それは、音楽を通してテーマと共に現れます。
[PR]
by gaiaship | 2012-06-02 17:49 | Otomado(音窓) | Comments(0)

ひな鳥救助


鳥の声が何やら騒がしい。

どこで鳴いているんだろう…と思ったら、我が家のベランダ。
初めて見る鳥で、スズメの3倍ぐらいある。

珍しいので写真にでも撮ろうと思ったら飛び立ってしまって…
あぁ、残念。

と思ったら、また戻ってきた。
しかも、数羽が手摺りに停まっては飛び立っての繰り返し。
何となく事件の気配。


気になってベランダに出たら、隅の下の方でバタバタ、ガサガサと羽音がする。
見ると、給湯器と壁の隙間に、先ほどの鳥より少し小さい姿が!
頭には産毛が残ってる。

ベランダの手摺りからすべっちゃったのかな。

最初は棒に停まらせて放そうとしたけど、羽ばたいて逃げようとしちゃう。
飼っている鳥ならすぐにとまってくれるのに…。
そりゃぁ、見慣れない棒がぬぅーっと出てきたら怖いよね。

その棒に乗っても上手く抜け出せず…

親鳥は少し離れたところで鳴いてる。
思うようにいかなくて、私も泣きたい気分。

よくテレビで見る救援模様をもどかしく思うときがあるけど、
他人がみたら、まさにそんな感じでしょうね。
傷つけたくないし、脅かしたくない。見るとやるとじゃ大違い。

停まらせて逃がすのはやめて、手づかみに変更。
私のほうがビビってる…ということに気づいた。
そんな場合じゃないのに。^_^;


手を伸ばしてみたら、何とか届く感じ。
手にタオルを巻いて、「大丈夫だよ、おいでおいでー」の気持ちを込めて鳴きまねをしていたら、

乗ったぁ!

すぐに飛び立つかと思ったら、なんと、手の平に落ち着いちゃった。
疲れちゃったんだね。
体温と鼓動が伝わってきた。


親鳥もしばらく静観。
でも、ひと声鳴いて、促すように飛び立つと、ひな鳥もそれについて飛び立っていった。

心の底から 良かったーーーーー と安堵したのは久しぶり。


野生の鳥を手に乗せたのは初めて! 
ホッとしてる体の柔らかさと、飛び立つ前の一瞬の踏ん張りと重さ…
まだ手の平に残ってます。

小さな生き物の大ピンチ。

私にも良い経験になりました。
[PR]
by gaiaship | 2012-06-01 14:47 | ビックリ! | Comments(0)