いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


締め直す


震度2または震度3の揺れを感じない日がないほど、

毎日、揺れている。

そのことから、震災がまだそれほど遠い日のことではないことを思い知る。

直後には気付かなかったけれど、

なんとなく「あれ? 以前からこうだったかな?」と、家の中の微妙な変化に気付く。

あれだけの揺れに襲われて、なお

毎日揺さぶられていたら、そりゃ~いろいろ狂ってくるのだろうね。

先日は、家中の扉の蝶番を全部調整し直した。

それで、いまどきの蝶番に驚いたりして… なかなか面白かった。


でも、締め直しながら 何だか切なくなった。

もうすぐ一年。もう一年?、まだ一年?


何だろうな 言葉に出来ないけれど 本当に切ない。

2012.3.11… 当時の映像ラッシュにならないことを願う。

しばらく、ブログデザイン上でキャンドルを灯しておきます。
[PR]
by gaiaship | 2012-02-28 20:22 | 時事 | Comments(0)

表示の真偽


a0013236_1617180.jpg
コレ、「ホットナイフ」というもの。
シェラック(木材用の固形スティック)をこれで溶かして、家具や床などの傷を修繕します。

買ったのは…… 6年前ぐらい前だったか?
乾電池式なので場所を選ばずに使える点が気に入って買いました。

だがしかーし、使用3回目で使えなくなりました。
それなのに、なぜ持っているのかというと~
分解したくて ^^

スイッチ部分のランプは通電を表しているんですけどね。
つまり、使えますよ…というサイン。
ところが・・・実際にはまったく用をなさないわけです。

当時 「あぁ、そーだった!」と思ったのを思い出しましたよ。

電化製品の落とし穴 …ってやつを。

肝心なことを忘れてたことに気付いたときの衝撃ってありますよね。


ふたたび工具箱のコレを見て、改めて拠り所について考える機会を得ました。

疑う癖はつけたくないから、信じたままでいられる製品づくりをお願いします。
[PR]
by gaiaship | 2012-02-23 16:17 | つぶやき | Comments(0)

a0013236_18525317.jpg

現在、鎌倉で開催中の友人の個展「ジ・アース展」で

何気なく手にしたポストカード。

それは、4月に同じギャラリーで行われるコラボ展のお知らせでした。

★「TOMOSU 灯」河上知明(鍛冶師)、AICO(杉田明維子)
 2012.4.14〜22  


カードの表書き側を見てビックリ。
知人の鍛冶師・河上さんのお名前じゃないですか。
CDジャケットデザインやライブ主催などを通じて交流するようになった友人を通して、
河上さんがつくる「三昧琴」を知りました。
ギャラリーのオーナーは知人のほうではなく、コラボした方のつながりで開催を決定したそうです。
いま個展を開いている友人にとっても河上さんは知った仲ですが、
ここで個展を開くことをその日初めて知ったそうで… 笑っちゃいました。

春に、また訪ねることを約束しました(笑)。


私は視力が弱いので、絵や文字に惹かれて手にとるということはないんです。
だから、こういうときは本当に直感。
手が伸びるということは何かあるんだろうな、と思っています。
たいてい道標を得るようになっています。

いままで、ここ「ジ・アース」のオーナーさんとはあまりお話する時間がなかったけれど、
今回はお話できました。

友人たちがこの場でつながっていくことに納得できるお人柄です。

思わぬ結びの軌跡に、自分の夢を思い出させてもらいました。


********

ジ・アース展(駒井明子展)
〜あめつちのまじわりこのほしにいきる〜
in The・Earth at Kamakura

2012年2月11日(土)〜2月19日(日)12:00〜18:00
会期中無休 最終日 17:00まで
(毎日1時頃からおります。12日のみ4時頃以降になります。)

雷鳴のとどろく中、朝は訪れ、 天と地は光りの道で結ばれる。
柔らかく、細やかに、力強く。慈悲の暖かさに護られている私たち。
神に仏に光りに包まれて…ともに…ここに。

………………………………………………………………………
ジ・アースは
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下 1-6-22
Tel&Fax 0467−25−5235
http://www.kamakuratoday.com/shop/earth.html
[PR]
by gaiaship | 2012-02-15 18:52 | 時事 | Comments(2)

成熟の証 


a0013236_21573073.jpg

風船蔓(フウセンカズラ)の種に、
こんなふうにハートマークが刻まれていることを最近知りました。
実家の庭にそんな花が咲いていたことも…
a0013236_21573039.jpg

a0013236_21573059.jpg

この種を頭に見立てて作る縁起物が静かなブームのようです。
完成したときに改めてご紹介します。
あたまがゴロゴロ… と思うとちょっとシュール。

それにしても、このハートマークは何度見ても
ただただ感心してしまいます。

どんなに小さな種にもハートが刻まれているんです。

ところが、未熟な種にはハート柄がありません。

そのことが

どこか意味深。


花を落とし、次の命の源となる種。

成熟した証が、ハートマークだなんて。

それがゴールで、それがスタート。

私も、こんな確信を得て逝けますように ・。○
[PR]
by gaiaship | 2012-02-14 21:57 | つぶやき | Comments(2)

鎌倉そわかプロジェクト


a0013236_1602173.jpg

鎌倉そわかプロジェクトに賛同しているお寺の一つ、
円覚寺の佛日庵で行われた東日本大震災一周忌追悼の写経と読経の会に参加しました。

あれ? このところ、神社やお寺の話題が続いちゃってます。

写経は毎回受け取ることが多く、いつも新鮮です。

今回もイロイロ。
[PR]
by gaiaship | 2012-02-12 16:00 | つぶやき | Comments(0)

a0013236_20272532.jpg


最寄り駅から大宮まで電車で10分。

ピンとくる距離感覚としては、横須賀から逗子、鎌倉という感じかな。
とっても近い。

引っ越してから、口では「行きたいなぁ」と言っておきながら、
心がまったく向かわなかった「大宮氷川神社」。


お正月に、「節分に行こう」と心に決めて、本日実行してきました。
住んでいる土地(国)の一の宮ですから、
鎌倉の八幡宮のように、参道わきが賑わっているのかと思いきや、
あれれ? そういう雰囲気はゼロ。
観光地化していないんですね。

長い長い参道からお宮まで、ドッシリとしたムードに包まれていました。

「へぇ~~~」という感覚のまま神社に到着。


神前では、豆まきを前に氏子の方々がお祓いをうけているところでした。
縁があれば豆まきに遭遇できるんだろうな…程度にノンビリと足を運んだのですが
良かった、タイミングバッチリ。

氏子の皆さんが祈祷を受ける後ろで、私も祈祷をうけているかのように御挨拶。
本当に遅ればせながらの御挨拶です。^^;

舞殿の周りをぐるりと人が取り囲み、豆まきの開始を今か今かと待っていました。
赤鬼、青鬼、福の神もスタンバイ。

a0013236_20313310.jpg


いよいよ始まると、大人も童心にかえって思いっきりアピール。
豆とお菓子が豪快に宙を舞う。
子ども達の 「もっと ちょうだーーーーーい!!」には笑いました。
抱えるほどゲットする人もいれば、まったく取れない人もいて悲喜こもごも。
私は何とかキャッチしましたよ。
年の数には遠く及ばないけれど、豆もキャッチ。

一歩下がって見渡せば、なんとも幸せでほのぼのした行事だなぁ としみじみ。

帰りには、鳥居ちかくで「氷川だんご」を買い、恵方巻きも買って、豆も買って…
今年は完璧な節分となりました。
http://twitpic.com/8f2kri
http://twitpic.com/8f2krm

こちらのご祭神は
 素戔嗚尊(すさのおのみこと)[別称]須佐之男命
 奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)[別称]櫛稲田姫命
 大己貴命(おおなむちのみこと)[別称]大国主命

日本中、あまたの社に祀られているとはいえ、
ご縁を感じて ときめきます。・。★
[PR]
by gaiaship | 2012-02-03 20:45 | ニッコリ! | Comments(2)

抽選日1月22日から少し遅くなったけれど、お年玉年賀状の当選確認しました。

切手シート一枚当たってました。

送り主さんはクライアント。お礼の手紙書こうかな。^^

そんなことを思いながら改めて年賀状に目を通して、こんな一文を見つけました。

  皆さんは竜をみたことがありますか? 私はあります。
  竜は私たち一人ひとりの心の中に居て、“経験”を食べて成長します。
  だから私たちは日増しに強くなるのです。
  自分の竜を大切にしてください。


来日したブータン国王の言葉だそうです。

ずーんと響きました。

なぜかというと・・・

夕べ思い出したのですが、辰の立春から巳の立春まで、私、天沖殺なんですよ!
つまり、今年一年は新規事への天運は期待できない。
自分の引き出しを増やすべく、地道に学ぶことを心がけた方が良いようです。
たぶん、自分磨きに通じることには追い風は吹くのでしょう。

立春前だからなのか? 力がわいてくる感覚があるのですが、
GOGO! ということではなかったのか… ・_・

ちょっとガックリしたところに、目に留まったブータン国王の言葉。

それで今年一年の座右の銘が決まりました。・。●

「自分の竜を大切にする一年」です!
[PR]
by gaiaship | 2012-02-02 16:34 | メモ | Comments(0)

浅草神社にお参りしたあとは、
2011年12月27日から、アミューズミュージアム・2Fギャラリーにて開催されている
みんなの布地蔵展」に行きました。

このミュージアムは浅草寺・仁天門を出てスグのところにあります。


a0013236_1252121.jpg
行くことになったきっかけは、
雑誌「毎日が発見」の中に紹介されていた「布地蔵」を作ってみた母の興味。
写真は母の作品です。

この初作品を見たとき、「六地蔵にしたら面白いんじゃない?」と言ったところ、次に実家に帰ったときには、しっかり増えていました。^^
六地蔵を作ろうとしたというよりは、試行錯誤しているうちに増えていたらしいですけど。


a0013236_121086.jpg会場には、お地蔵様がいっぱい! 
一つとして同じものがなく、手作りのあたたかみが伝わってきました。
日頃から手作りを楽しまれているご婦人やそのご家族が集い、なんともほのぼの。


「毎日が発見」の最新号に掲載されていた作品のことで、ちょっとした交流があったり…

サラッと作品を見るだけになるかと思いきや、
他のARTスペースに展示されている内容も見応えがありました。
まさか、ここで縄文土器や黒沢明監督の作品関連に会えるとは!

さらには屋上まであがり、スカイツリーを愛で、浅草寺を見下ろしてフィニッシュとなりました。
~神社を見下ろすと、白無垢姿で記念撮影をおこなっている場面が見えました。
 神殿奥まで明け放れていたのは、挙式がおこなわれるからだったのですね~
※展示スペースへは入場料が必要です


「毎日が発見」という雑誌には、シニアを有意義に過ごす提案に溢れています。
毎号手芸品が紹介され、作り方も丁寧に掲載されていて
どれも、「つくってみたいな」と思えるところが魅力。
作ることが好きな母は、この雑誌が気に入ったようで、
実家に帰ると、かならず新しい作品が増えているんです。


今後、ここで紹介しようと思っています。
[PR]
by gaiaship | 2012-02-01 12:25 | ニッコリ! | Comments(0)