いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧



a0013236_2091263.jpg


母の誘いを受けて、2012年になって早くも2度目の浅草寺詣で。
雷門前で待ち合わせしました。^^
平日も人で賑わう場所ですが、やはり週末の混みっぷりは違いました (・_・!!

まずは腹ごしらえ。

そしてお参りへ。
この日、浅草を訪ねた理由は他にあるのですが、やはり素通りは出来ません。

雷門の提灯と雷神・風神の像は目に入るけれど、
裏にいらっしゃる龍神さまは見落としがち。

a0013236_20341152.jpga0013236_20343939.jpg


母に止められ、マジマジと見上げました。
今年は辰(龍)年ですし…ね。

←天龍像と金龍像→




さてさて、今回のお参りは、いつもの感じとはちょっと違いました。
四国八十八箇所、鎌倉三十三観音めぐりを終え、
ただいま阪東三十三観音ツアーに参加している母から
お参りの作法を教えてもらいながらお参りしたのです。

浅草寺は阪東三十三観音の第13番札所。
2週間前に浅草寺にお参りしたばかり…ということで、
そのときに教えてもらったうんちくを聞きながらの楽しいお参りになりました。

a0013236_2018555.jpg

まずは、
手水所は混んでいるので塗香で身を清め、持参した線香を納めて本堂へ。
ここでも持参した蝋燭を立ててからお賽銭の前へ行き、ご挨拶。

いつもならココでお終いとなりますが、この日は下足してお堂に上がりました。

と、その前に入り口にある「納札入れ」に札を納めました。
私の分も用意してくれていて感謝。
さらに母はちゃんと写経もして来ていて・・・ 恐れ入りました。


靴を脱いで上がったのは、祭壇裏にある通称「裏観音さま」にお参りするため。
ご本尊は年に一度しか開廟されませんが、裏にある観音様は拝顔できます。
知っている方はそちらの観音様にもお参りするのだそうです。

それと、
巡礼ツアーの先達さんにオススメされたという本堂内にある御手洗いへ。
お寺はどこでも綺麗なはずですが、「たしかに…」と思う設えと清潔感でした。



本堂に戻ると、さっきまでほとんど人がいなかった祭壇前にギッシリの人、人、人。
お勤めが始まるようだったので参加することにしました。
そのときは知らなかったのですが、1日三回おこなわれる定時法要の最後の回だったようです。

ほとんど待たずして始まるとは…なんというタイミングの良さ。

美しい読経の調べでした。
真新しい畳の香りも爽やか。


超スッキリして次に向かったのは「影向堂」。
訪れた28日はお不動さんの日。
というわけで、不動尊にお参りしました。

ついでに、堂内にいらっしゃる大黒様にもご挨拶。

・。・。・。・。・。・。・。・★

ひと通り終えて、この日の本命の場所へ行こうと仁天門に向かい、
浅草神社には立ち寄る気はなかったのですが
ふと顔を向けると、奥の間まで戸が開かれてるじゃないですか。
引き込まれてコチラにも参拝。

何度か参拝していますが、奥の祭壇を見たのは初めてでした。


先日の「調神社」同様、全てが滑るように事がすすみ…。
「よく来たね」と頭を撫でられているような気分でした。

気分の良さは、この日の本命場所でも続きましたよ。

そちらは、また日を改めて ^^
[PR]
by gaiaship | 2012-01-29 20:54 | ニッコリ! | Comments(0)

ツキを呼ぶ!?


狛犬ならぬ狛兎が据えられているお宮があるということは
横須賀にいるときから気になっていて、行ってみたいなと思っていたけれど、
まさか転居した地の、それも利用駅近くにあったとは! 正直驚きました。

そこは「調神社」。

「調」を「つき」と読む、珍しいお名前。

今年は、しっかりとこの地と繋がりたいと思ったので、
旧暦正月、三が日のうちに行ってみました。
調神社の詳細はコチラ

とても古いお宮のようで、
御祭神は
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊宇気毘賣神(とようけひめのかみ)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)


池の水音、鳥たちの声が心に染みるようでした。
埼玉に来て、こんなに静かな時間を過ごしたのは初めてかも。

そして、いましたよ。アチラこちらに兎像。
写真は他のサイトをご覧いただくとして、

こちら、お守りです。
a0013236_22351691.jpg

金糸で刺繍されているので見づらいかな?

自分のためにお守りを買うなんて・・・いつ以来でしょう? 覚えていません。
誰かを思って買うことはあっても、自分に買うなんてことは珍しい。
お参りをしたあと、夢遊病者のように社務所に足が向き
ぼーっとした頭で手に取ったのがコレでした。
そのときの感覚は、今思い出しても不思議。

そして、そのあとに引いたおみくじがコチラ
a0013236_22334814.jpg


やったー! 大吉女復活です。

こうでなくちゃ!

でも、わかってます。
大吉を引いたあとは、いつも黄色信号を見る気分でもあります。
地に足をつけなくちゃ! と。

じつは、今年最初に鎌倉八幡宮で引いたおみくじは「凶」でした。

そのときよりも、大吉を引いた今日のほうが、ググッと気が引き締まりました。

ツキを願う神社に参ったご利益でしょうか?


いま、自分がいる場所との縁をジワリジワリと感じる年の始めです。
[PR]
by gaiaship | 2012-01-25 23:13 | お気に入り | Comments(0)

a0013236_2091457.jpg

買って帰って、力が抜けた。
80枚入りケースなのに、買った詰め替え用は150枚。
数字を見れば明らかなキャパオーバー。

商品を掴んだ感覚ではイケそうだったのにな。

あきらめ切れず、力技で何とか入れちゃいました。^_^;


ときどき? 大雑把です。
[PR]
by gaiaship | 2012-01-19 20:09 | つぶやき | Comments(0)

小豆コトコト


a0013236_1452458.jpg

どういうわけか、このところ豆類を求める私の身体。
おしるこを食べたくて、昨夜コトコトと小豆を煮ました。

煮豆をつくるときって、瞑想することと煮て、じゃなく…似ている気がします。
長い時間、鍋を見つめていると、
無の時間が流れたり、
驚くほどアレコレといろんな過去のことが浮かんできたり・・・
でも、それをただ、写真を眺めるように受け流す。
で、ときどき鍋の状態に目をやる。

もしかして豆が食べたいだけじゃなく、
この瞑想的な時間を持ちたいのかも。

甘味控えめの小豆汁の中に、鏡開きした残りのお餅を。

食べ終わって…

17年前のあの日と、東北に向けて黙祷。
[PR]
by gaiaship | 2012-01-17 14:52 | つぶやき | Comments(0)

2012年のMy color


a0013236_13325492.jpg

やっと今年のスケジュール帳を手に入れました。


昨年使っていた手帳のカバー(黄色)を使うつもりでサイズを選んだのに、
入れようと思ったらハードカバーで厚みがあるせいでちょっと苦しい。
仕方がないのでコレはコレで。

どうせ隠れてしまうと思ったけれど、それでも気になる色を選んでおいて良かったぁ。

今年は黄色、ローズピンク、金色が一番目に入る色、身近な色になります。
ラッキーカラーになったらいいな。
[PR]
by gaiaship | 2012-01-12 13:32 | つぶやき | Comments(0)

友人を介して
【写経大作戦】311一周期に向けてみんなの思いを寄せよう!
という声かけを知りました。

一堂に会して「般若心経」を書き、読経するのもいいなぁ と思います。

どのお寺さんも素敵だけれど、
以前、浄智寺に行ったときに書院に入ってみたいと思ったので、調整がついたらソコで決まりかも。

a0013236_1752830.jpg
(写真:浄光明寺)


【特別写経会日程 @鎌倉】

浄光明寺(扇ガ谷):1月28日  2月18日

佛日庵(北鎌倉):1月29日 2月11日 19日

明王院(十二所): 2月12日 25日 26日

浄智寺(北鎌倉):調整中

※参加費と開始時間:各お寺ごとに異なります。


まだ調整中の企画のようです。
最新情報は コチラをご覧下さい。

確定されたら更新されると思うので、随時チェックしていたいと思います。
[PR]
by gaiaship | 2012-01-11 17:55 | 時事 | Comments(0)

思いを遂げる方法


2012年最初の書き込みです。

年をまたいでも、心にとどまっていることがあるのでココに書き留めます。



それは11月。
何組かのご家族に集っていただき取材撮影をしました。
メインシーンの撮影を終えて他の撮影待ちをしているあいだ、
スタッフのお子さん二人(男の子)と遊んでいた私。
下の子は、とにかく動きっぱなしの3歳。
上の子はお洒落にも目覚めたジャニーズJr.的イケメン6歳。
外で遊ぶよりゲームが好きな都会っ子かと思いきや、この子が甘えるようにボソッと言うんです。

「ねぇ、駆けっこしよう」と。

少し疲れた私は「ほかの遊びがいいな」と返事すると、

「じゃぁ、鬼ごっこしよう!」ですって。


鬼ごっこ… 承知しましたよ。内心「どっちも走るじゃん!」と思いながら…

とにかく「走りたい」わけですね。^^


とても微笑ましく、そして学ばされました。

なんてスマートに思いを遂げるんだろう・・・と。

でも、たぶん本人は気付いていないでしょう。

子供の心で動く 無邪気とはこういうこと。

望みに対してよどみがないんですね。



思いを遂げる方法のお手本として、これからも何度か思い出しそうです。
[PR]
by gaiaship | 2012-01-09 17:00 | ニッコリ! | Comments(0)