いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


サロンコンサート


高校時代の先輩が参加しているアンサンブルのコンサートに行きました。

これまで聞きに行った場所は300人ほどのホールでしたが、
今回はサロンスペース。

毎回、選曲と作曲の背景や、作曲家たちのエピソードを聴けるのが楽しみでもあります。
今回はこの古典の三人。
 K.シュターミッツ 木管四重奏曲 変ホ長調
 ハイドン  弦楽四重奏曲 第67番 ニ長調 Op.64-5 「ひばり」
 モーツァルト ピアノと管楽器の為の五重奏曲 変ホ長調 K.452

シュターミッツという名は初めて知りました。
ハイドンの「ひばり」はお馴染みだし、モーツァルト自身が自分が作った曲の中で最高の出来だと自負する唯一の曲を聞いたときは、鳥肌がたちました。
絶賛され、その喜びを父親への手紙に「演奏を父にも見て欲しかった」と書いたと言われる曲。
ピアノをオーケストラに見立てれば、シンフォニーの豊かさが広がるし
管楽器をオーケストラに見立てれば、ピアノコンチェルトにも聞こえる。

最後にオマケで演奏してくれたフィガロの結婚「恋とはどんなものかしら」のアレンジがチャーミングでした♪


上流階級の屋敷で演奏するのが一般的だった時代は、
こんなに近くで、もちろんマイク無しで、楽器がもつ本来の響きが調和していたんですよね。
途中、ドリンクなどもいただけて、こういうスタイルで音を聴いていたんだろうなぁ~と思わせてくれる素敵な時間を過ごせました。

サロンスタイルでの公演は初めてということでしたが、
これはシリーズ化してほしい! と伝えました。

会場は前々から気になっていたところで、様子が分かったのも収穫でした。
[PR]
by gaiaship | 2009-06-29 00:51 | お気に入り | Comments(0)

懲りない面々


このところ悩まされているのが、クモの巣。

門扉や玄関、自転車にクモの巣がかかる。あと花にも。

とくに自転車。

前カゴ、前後の車輪、ハンドルと家が繋がってる・・・。

毎回乗るたびにクモの巣を払ってから乗らなきゃいけない。


以前は2種類のクモが競うように作っていたんだけれど、

最近は小さい種類のクモだけになった。

足を広げても5ミリ程度の小さい身体なのに、仕事が早いのなんの(笑)

自転車なんて、払っても半日で元通り。自転車をあしがかりに屋根や壁に糸が・・・。

物干し竿なんかも格好の足場になるみたい。

一日家を出ずにいたり、あるいは外出していると玄関先にも糸を張り巡らす。

・・・なんかクモの巣屋敷みたいになる。

顔にフワッと触れたときの、あの何ともいえない感触。。。やだ~。



それにしても、ここまで悩まされるのは今年が初めて。

こわされちゃうのに、どうして懲りずに作り続けるのか??


今日も懲りない面々と仁義無き闘いです。
[PR]
by gaiaship | 2009-06-27 16:04 | つぶやき | Comments(0)

新規開拓


少し前のことになりますが、
気になっていた場所に、やっと足を踏み入れました。
そこは地元の目抜き通りにあるアジアンダイニング「ニルヴァーナ」。

買い物途中、その店の前を通ると食欲をそそるスパイシーな香りが漂って、ずっとずっと気になっていたんです。
その店に気付いたのは数ヶ月前。
サリーを着たインド人とおぼしき女性が入り口前でランチタイムの声をかけていたんですが、彼女と目が合ってから気になる気になる。
でも、地下にあるので、ちょっと入りにくい雰囲気。入り口まわりにメニューの写真が出ているけれど、料金がかかれていないので「もしかして、すごく高いのかも…」と勘ぐって、あと一歩が出なかったんです。

その後、店の前を通るのはランチタイムが終わって、シャッターが20センチほどしか開いていない時間ばかり…。

一人で入ろうと思っていたのですが、元々は辛いモノが好きという母を誘って行ってみました。

More
[PR]
by gaiaship | 2009-06-23 20:04 | メモ | Comments(0)

Otomado


音窓が開くのはいつも突然。



本文はコチラ
[PR]
by gaiaship | 2009-06-19 13:38 | Otomado(音窓) | Comments(0)

他の街にもある?


これって、横須賀っぽいのかな~?

外灯の支柱に、グリーンの光で点滅してます。

以前から、他の街では見たことがないなぁ…と思っていたので撮ってみました。

a0013236_018246.jpg


見当はつくと思うけど、受話器マークを付けた方が分かりやすいんじゃない?
[PR]
by gaiaship | 2009-06-15 00:20 | つぶやき | Comments(0)

通りすがりに…


大船~横須賀間に横須賀線が開通して120年ということで、週末は横須賀駅周辺が何だか大にぎわい。
お天気にも恵まれてイベントも盛況でしたよ。
通りすがりにのぞいてみると、ホームには見学者で人が溢れていました。
私はそんな人たちをウォッチッングするのが大好き。
せっかくなので、車輌が入ってくるのを待ちました。私は人とは違うアングルで見つめました。
a0013236_23473339.jpg

普段はこの駅で見かけることのない成田エクスプレス。
これは最新型で初披露になるのだとか。そういえばフェイスが違うかな~?
空港に行くのにこれに乗ったのは、もういつのことだったか? 

入場料を払うと、車内に乗り込めるということで、皆さん並んでいました。
お子さんの中には、きっと発車すると勘違いしてワクワクと乗り込んでる子もいたかも。

かつて、私が羽田空港で見学用に展示飛行機に乗って
「これ、いつ飛ぶの?」って大まじめに訊いたみたいに…

a0013236_0214543.jpg

この写真は駅とは反対側の公園入り口なので、人は少な目に見えますが、
駅から海沿いに続くヴェルニー公園もお子さん連れの人、人、人。
ゴールデンウィークから、ずっと週末は何かしらイベントをやっているので、週末は道路も渋滞ぎみ。
少し前は、空母も帰港していたので米兵で街も混み混みでした。

都会とはちょっと違う人混みの季節が始まりました。

今週末あたりから、蛍が飛び始めるかも~♪
[PR]
by gaiaship | 2009-06-15 00:11 | 時事 | Comments(0)

またまた


何という曲かわからないまま、ずっと心を掴まれていた曲の正体がわかった~~!
百万長者の初恋 デラックス版 [DVD]」 これのサントラだったんだ~。

いや~、本当に突然わかってスッキリ~。
ずっとピアノの響きと「~Fly away~fly away love♪」が耳の奥でリフレイン。
You Tubeでセピアの写真↓が目に止まってクリックしたら、求めていた音が出てビックリした。




耳にした時点で東方神起の誰か…と思えたけれど、確信は持てず。
その日、探したけどそれらしい曲には出会えず。
それっきり、探すのはやめたけどグルグルしてました。

やっぱり、捜し物は諦めた頃に現れるものですね。


この映画のタイトル「百万長者・・・」を見て、日本なら億万長者だよなぁ、と思ったけれど、
たしか、百万長者が大金持ちの代名詞の時代があった。
いつから「億」にすり替わったのだろう? 

そんなところに関心がわいてしまった (^ ^
[PR]
by gaiaship | 2009-06-12 00:56 | Otomado(音窓) | Comments(0)

やさしい心


カバンに入れておく本を何にしようか…と本棚を見て、久しぶりに手にしたのは
金田一春彦氏の日本語の特質 (NHKブックス)

たまたま開いたページに書かれていたのが
日本人らしい挨拶「まことにつまらないものですが…」のことでした。

読み返してみて、謙遜の言い回しのように憶え間違えていることに気付きました。

日本人は人にモノをもらうと大変心苦しく思う。お返しをしなければ申し訳ないと思ってしまう。
「これを相手にあげたら、相手はお返しをしなければならないと思うだろう」と思うもの。
だから、日本人は人にモノが簡単にあげられない…。
それをやわらげるための挨拶が、「つまらないものですが」というもの。

つまらないものだから、お返しを考えなくても結構ですよ…という心遣いのある挨拶なのでした。

同じように、「何もございませんが、召し上がってください」というのも、
これを食べても食べなかったも同然だと思ってほしい。
ご馳走してもらったなど思う必要はありませんよ…
という日本人の優しい心のあらわれなのだった。

すっかり社交辞令になっていて、心の部分を忘れていた自分に気付いたのでした。


「そうだそうだ、そうだった」~なんて一人相づちを打ちながら本をカバンに収めて外出。

すると今度は、優しい気持ちに触れる喜びを実感しましたよ~。
a0013236_2012626.jpg八百屋さんとタマゴ屋さんでオマケしてもらいました。
一個サービスしてくれたり、キリの良い金額にしてくれたり…。

金額をみて「安い!」と思う嬉しさよりも、心がとっっってもトキメキました。
物に示された数字ばかりに目がいって、こういう気分の良さを忘れてしまうものですね。
買い物は、人から戴くことなのだということを思い出せて、あ~~、良かった。

さて、読み返すことにした「日本語の特質」という本。
金田一先生も、たくさんの言語を研究なさっていたんだ…と改めて感じ入りました。
世界中の言葉が引き合いに出されるだけでなく、紀元前の文明の言葉まで出てくるのですから…。

いや~、中国語と朝鮮語を並べて「おぉ~~」なんて言っているぐらいじゃダメだこりゃ!

そして、この本も日本語を見つめることで、日本人の「心」に触れることになってます。



~Otomadoをカテゴリーにチェンジしました。
[PR]
by gaiaship | 2009-06-08 17:51 | ニッコリ! | Comments(0)

お祭り


昨日、今日と近くの神社のお祭り。

アチコチの神社が一斉にお祭りのようだけれど、この季節は何の神事だっけ?

調べてみたら、「例大祭」ということでした。


今朝もお囃子の生音で目が覚めました~♪

テンツクテンツクツクテン…目覚まし時計よりも、身体が反応して目覚めがイイ感じ。

駅に向かう道のりに、ビッシリと出店が並ぶのでいつもより所要時間がかかるんですよね。


このお祭りが来て、紫陽花が見頃になって…、もう蛍の季節だぁ~。


そういえば、日本代表はウズベキスタンに勝ったんですね!
来年の今ごろは、また熱い季節になる!

こっちもお祭り気分・。●
[PR]
by gaiaship | 2009-06-07 09:48 | つぶやき | Comments(0)