いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


久々のジャムづくり


a0013236_17241557.jpg友人にもらったレシピをもとに甘夏のマーマレードを作りました。
小ぶりの甘夏を3つ使って、2瓶とちょっと。レシピは5瓶分の量で示されていたけれど、さすがにそれは多すぎるので、加減してみました。
レシピを見ると、果肉は全て必要のようなので、食べたい気持ちをググッとこらえて全部使いました。

今まで柑橘類では温州みかんやオレンジ、八朔、グレープフルーツで作っていたけれど、王道の甘夏では初めて。
しかも、我流でした。

種の量が少なく、ペクチンがあまり取れなかったし、砂糖の使用はなるべく控えたいので、売り物ほどのトロミを出せなかったけれど、果肉をつまみ食いしなかったお陰(?)で、やはり仕上がりが違う気がします。

グラニュー糖を使わないので色がくすんじゃうけど、味はOK。


ジャム作りをすると、ゆったり優しい気持ちに帰ります。
[PR]
by gaiaship | 2009-03-31 17:24 | メモ | Comments(0)

誕生日の前日である昨日。
友だちのところで、身体はもちろん、様々なエネルギーチャージをしてもらいました。
「おつかれ~~、ありがとう!」という気持ちで…

思いっきり贅沢な内容だけど、誕生月は特別料金で受けられちゃうんです。
せっかくなので、セラピストの本領発揮となるオリジナルメニューをお願いしました。
前日の針仕事で張っていた肩もすっかりほぐれて、超スッキリしました。



さてさて、年齢の階段を一歩上がったわけですが、
そこから前年を見下ろして思い起こすことは、自分の「名前に隠された言葉」の発見でした。

知人から得た遊びで
名前の文字を並び替えて潜んでいる言葉を探す…なんてことをやってみていたんです。
「こ(子)」がつくかぎり、平仮名・カタカナでは言葉として広がらないので
ローマ字であれこれと組み替えてみていたら・・・

完成したのが「syakai wo umu」 と 「kaisya wo umu」でした。


こんな言葉が名前に隠れていたなんて! へぇ~~~ です。

気づきは多々あったけれど、この発見が一番のオモシロだった40歳でした。


さぁ、今年はどんな驚きが待っているでしょう?


※節目を機会に、スキンをアレンジしました。
[PR]
by gaiaship | 2009-03-29 21:53 | 時事 | Comments(6)

チクチク


a0013236_11132039.jpg昨日は一日針仕事。

仕事というよりは遊び。
ジャケット、スカートのボタンをつけなおしたり
シャツにステッチしたり、
布巾を縫ったり、
ジーンズをカットしたり…

一番時間がかかったのは、父が履けなくなったスラックスのリフォーム。
買ったばかりでサイズが合わなくなってしまったモノが何本もあって、そのうち手を加えれば履けそうなものをもらってた。
父の服はどれも仕立てが良いので、処分をためらうものばかり。
そのままマニッシュな感じで履きたいとこだけど、
丈がちょっと中途半端だったのでちょっと短か丈に。
縫い目のカムフラージュとアクセントづけに、そんなに甘くないリボンテープを加えてみた。
ショートブーツと合わせたい一本のできあがり。

世界で一つを心がける…
それが私のポリシーといえばカッコいいけど、服の場合はちょっと違う。
わりと厳選して購入するほうなので長く着ることになり
そのうち傷みが出てきてしまうので、アレンジしてごまかしてるようなもの。
染めたり、ワンポイントつけたり…。

ミシンを持っていないから、手縫いの範囲でチクチクとリメイク。
手をかけるほど、また愛着がわくんだなぁ。

しっかし、ずっとうつむいていたから肩が張っちゃった。
[PR]
by gaiaship | 2009-03-28 11:13 | メモ | Comments(0)

おくりびと


a0013236_027043.jpg今日の楽しみは、WBCではなく・・・じつは映画観賞。

日本の勝利を見届けて、ここに書き込んで、ダッシュで待ち合わせ場所へ。30分後には話題作品「おくりびと」を観てました。

なんて隙の無い流れでしょう♪


再映となったこの作品も上映は27日まで。
やっぱり映画館で観たい! と思い、ギリギリの最終週になったけど観てきました。

意外にも明るくテンポある会話スピード。
クスッと笑えるというのは本当だった。冒頭から、クスクス。
でも、涙が溢れてくる。

受賞する作品とはこういうものなんだな… そう思える作品でした。
国内だけでなく、これがアメリカのアカデミー賞でも評価されたことは素直に嬉しい。

「死」のセレモニーによって、見送る人々の中で故人は新たな「生を得る」のだなぁ
なんてことを感じたのでした。


そして今夜、特番ドラマ「絶対彼氏」に出くわして… 何とも絶妙。
これ、レギュラー放送当時にも観ていたもので、回を重ねるにつれて面白くなった作品だった。
永遠であるはずのロボットが、限りある命を選択する内容だったことが、
今日の〆に相応しいというか、一貫したテーマを感じさせる流れになった。

いい一日でした。
[PR]
by gaiaship | 2009-03-25 00:30 | お気に入り | Comments(0)

5度目の対韓国戦に、ちょっと疑問符だったけど

すご~く見応えのある試合だった! 家で、一人で大盛り上がりしてました。

そして優勝!

延長、イチローがバッターボックスに。
イチローと勝負した韓国ピッチャー、偉い! 逃げたくなかったんだろうなぁ。
でも大事な場面でしっかり得点につなげたイチローは、もっとスゴイ!

前回に続き、みんな格好よかったぁ~。
[PR]
by gaiaship | 2009-03-24 14:54 | 時事 | Comments(0)

Otomado


音窓が開くのはいつも突然。
開いた瞬間を面白がって、ここにアップしています。


One more timeThe Best of Laura Pausini: E Ritorno Da Teに収録



私にとって、女性美を思い出させてくれるアーティストの一人です。
この曲は思いがけないタイミングで浮かび上がるんです。
今回も思いがけないところで耳にして、久しぶりにグワ~ン、ジワ~ンとこみ上げてくる感覚が満ちました。

ときどき思い出すんです。
この雰囲気を女性の誰もが隠し持っている…ってこと。

歌われている心情ではないけれど、このモードが今ピッタリな気分です。


♪One more time

Nothing I must do
Nowhere I should be
No one in my life
To answer to but me
No more candlelight
No more purple skies
No one to be near
As my heart slowly dies
If I could hold you one more time
like in the days when you where mine
I'd look at you 'till I was blind
So you would stay
I'd say a prayer each time you'd smile
Cradle the moments like a child
I'd stop the world if only I
Could hold you one more time

(hmmmmmm)

I've memorized your face
I know your touch by heart
Still lost in your embrace
I'd dream of where you are

(music break) (hmmm)

If I could hold you one more time
Like in the days when you were mine
I'd look at you 'till I was blind
So you would stay
I'd say a prayer each time you'd smile
Cradle the moments like a child
I'd stop the world if only I
Could hold you one more time
One more time
[PR]
by gaiaship | 2009-03-24 00:00 | Otomado(音窓) | Comments(4)

私の中のカンコッカン


♪그대만 있다면 あなたがいれば…Loveholic nice dream(DVD付)に収録

a0013236_121841.jpg



↑この曲を聴いて、
「あれ? このメロディーは知ってるぞ?」と思ったら気になっちゃった。

ドラマの主題歌だった気がする! と思い出したら、そこからは簡単。

つづきはコチラ
[PR]
by gaiaship | 2009-03-23 23:55 | 韓国感 | Comments(0)

ケリー・ヨストを聴いて


友人に貸してもらったKellyYostのアルバムを聴いていたら、
弾き覚えのある練習曲が…

曲目を見てみると
「Andante from Sonata in C Major」 Wolfgang Amadeus Mozart
ゆったりとして、とても気持ちよく聞こえる。

a0013236_1441741.jpg"あれって、モーツァルトの曲だったんだ"
練習曲としてしか受けとめていなくて、記憶にあるのはSONATA7番とか、14番なんていう風にしか覚えていない。

無性に弾きたくなり、先日、父の誕生日に実家に行った際に楽譜を探し、弾いた。

当時は音符を追いかけ、クリアすることしか頭になくて、音が耳に入っていなかった気がする。
ケリーのように、ゆっくり味わうように弾いてみた。
のどかな午後にぴったりな旋律。
いままで何も感じていなかったんだな…
作品としての魅力にまったく気づいていなかった。


このごろ、こんな風に気づかされることが多い。
[PR]
by gaiaship | 2009-03-20 14:06 | Otomado(音窓) | Comments(0)

初鳴き


今日は暖房要らずの暖かさ。

たった今、近くの梢から、今年最初のウグイスの声を聞きましたよ~。

まだ返事をする相手の声は聞こえないけれど、

春だぁ~~。
[PR]
by gaiaship | 2009-03-07 10:47 | メモ | Comments(0)

ツンツン…


一度目は、
横浜からの移動電車の中でウトウトしていたら、乳母車に乗った赤ちゃんが。
二度目は、
乗り換えのために降りた武蔵小杉のホームで、前に並んでいた小学一年生ぐらいの女の子が。

コートをツンツン…

a0013236_0451344.jpg驚いて顔を向けると、
イタズラっぽく「エヘッ」と笑うから、
私も思わずニッコリ。二人とも、とっても可愛いかった。

触ってみたくなったのかな? オレンジ色に。

好奇心のままに、こっそりと。

子どもの頃、私も同じように触ってみたことがあります。
フカフカの犬の毛、気持ちよさそうな服、不思議な光沢のアレコレ、サラサラの髪
思わず触れてみたくなる、そんな素直さを思い出しました。
[PR]
by gaiaship | 2009-03-06 00:56 | ニッコリ! | Comments(0)