いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

<   2005年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


食メモ


a0013236_13375772.jpg久しぶりの食メモ。いつもいい加減になってしまう昼食・・・。今日は、バジルとガーリックのペンネとシャキシャキ水菜と魚肉ソーセージのピリ辛サラダ。あっさりメニューでした。
そろそろバジルの種をまかなくちゃ。ものすごく繁ることがわかったので、今年は控えめに種をまこう。
[PR]
by gaiaship | 2005-04-29 13:48 | メモ | Comments(0)


街にツバメが帰ってきましたね。
いつもより早い気がします。

地震、日中間のズレ、電車事故等々、
根源に立ち返って考えるべきことが山積みの日常。

毎年決まって帰ってくるツバメの姿を見ると、「立ち返る」ということを思い出させてもらいます。
去年の今ごろも書いていた気がするけれど・・・
[PR]
by gaiaship | 2005-04-26 12:07 | 時事 | Comments(2)

月の道


先日、江ノ島で見た月の光が身体の中でグワングワン拡がっていて、ちょっと微熱ぎみ。
満月から一夜過ぎた月だったけれど、十分まぁるい月でした。夜は雲が多かったので、お目にかかれないかと思っていただけに嬉しかった~。久しぶりにずぅ~っと見つめちゃいました。

灯台のライトアップを消していたせいか、いつもより島に闇がありました。海を見下ろすと、月明かりでできた光の道が、凪いだ水面をつたってこちらへ真っ直ぐ伸びていました。

月って、見ている人にピッタリとくっついているようで不思議。
さり気ない、そんな愛し方も心に刻みました。
[PR]
by gaiaship | 2005-04-26 11:44 | つぶやき | Comments(2)

今年も


各地で「Earthday・アースデー」(4/22)に関連したイベントが行われています。

今年は東京・代々木で開かれるライブに足を運ぼうと思っていたけれど、湘南の方へ行くことにしました。a0013236_11261361.jpg
横須賀に戻って一番ショックだったのは、海辺の汚さ。たまに訪れて思うのとは違い、毎日、海を漂うゴミをみてしまうと、ますます「これじゃいけない」と思うようになります。先日も浜辺にパソコンを見つけました。ここにある理由はわからないけれど、さかのぼれば私たちの生活に原因があるんだよなぁ・・・・と切なくなりました。
定期的に清掃していても、全然追いつかない現状。

海辺のクリーンアップに参加して、継続のきっかけをつくりたいなと思います。
[PR]
by gaiaship | 2005-04-23 11:39 | Comments(4)

青葉


a0013236_1543237.jpg

桜の頃を過ぎ、あたり一面青葉が煌めく頃になりました。
枯れ木のようだった柿の木でしたが、次々と芽吹き、いつのまにやら大きな葉を繁らせています。まだ透きとおる若葉の初々しさに、耳を傾ける今日この頃。

余談ですが、中華街にある「青葉」という店が好きです。知る人ぞ知る名店なのですが、何年か前に「味が変わった」と感じてから、私は足が遠のいていました。ところが、南門に新館があることを知り、そちらに行ってみると以前の味に遭遇! 以前フライパンを握っていたコックがこちらにきていたようでした。優しい味わいの台湾料理の店です。17年前に虜になったのは水餃子。
変わらず好吃! (台湾風だとハオ・ツゥ)
[PR]
by gaiaship | 2005-04-21 15:20 | つぶやき | Comments(5)

草むしり


夕べの雷雨は半端じゃありませんでした。
窓ガラスがビリビリいっていましたよ。

一夜明けた今朝は、全て洗い流されたようなクリアで瑞々しい青空。
そして、これは絶好の草むしり日和。
春になり、適度に雨が降るので雑草が伸び始めている庭。
今日を逃すと、手に負えなくなりそうだと感じたので朝から草むしり!

この草たちをひいてしまう権利なんて私にあるのかなぁ?
なんてためらってしまうのだけれど、やはりここに根付くのはご遠慮願うことにしました。かわいい花を咲かせていたりすると気兼ねしちゃうんですが・・・。

土が程良く湿っているので、面白いぐらい引き抜けました。午前いっぱい、夢中になってしまいました。まだまだ気になるところはあるのだけれど、ひとまず気がすみました。
作業していると、ブンブンと蜂の羽音が・・・。
まとわりついてくるので「なんで?」って、聞いてしまいました。
どうやら、私の近くに咲いている花が彼らの仕事場らしく、私が邪魔になっていたみたい。そうだとわかって場所を変えたらまとわりつかれなくなりました。相手の状況が分かれば上手くいくモノですね。

今日は手で引き抜けるモノだけ。
あぁ、鎌がほしいなぁ。
[PR]
by gaiaship | 2005-04-19 13:58 | ニッコリ! | Comments(6)

ソレイユの丘


昨日、新しく出来た「海の手公園・ソレイユの丘」に行ってみました。
只今はプレオープンで、グランドオープンは4月29日から。

そこは、東西を海に挟まれた横須賀の西海岸に位置する長井町というところにあります。途中まで高校時代3年間通った道を行くので、道程を楽しみながら行ってきました。西海岸側は、葉山に御用邸がある関係で電車の路線工事がかなわない事情があり、バスがたのみのエリアです。

天気が良かったので、最寄りのバス停からではなく、バス停「長井」から歩いて行ってみました。途中から矢印で記された道は、新たに舗装された綺麗なアスファルトで、キャベツ畑を貫くように走っています。

たどり着くまで歩きがいのあるコースでした。

そして到着。
なぜ、南仏プロヴァンス風なのか・・・かなり疑問なのですが、気持ちイイので良しとします。
中の雰囲気はホームページをご覧のうえご想像ください。
a0013236_15231198.jpga0013236_15234159.jpg「体験」に重点をおく場というだけあって、教室がいくつか点在しています。また園内は風力や太陽光のエネルギーも活用しているようす。


創られた公園とはいえ、海風や緑の畑を渡ってくる風は本物。空気が美味しく感じます。レジに行列ができても文句を言う雰囲気もなく、子供が泥だらけ、水浸しになっても叱るような声などしない・・・。これも土地柄? ノンビリとした雰囲気は、高校時代に体験した感覚そのままでした。

ウシや馬に歓声を上げる子供の様子を見ながら、ふと自分が初めて母の実家にいたウシに餌をあげたときのことを思い出したりしました。体験は消えないものです。子供たちは、ここで体験したことを勇気や自信にかえて成長していくのだな~なんて思いました。

私は私で、生活の中心が横浜や東京にあり、地元で過ごすことが無かった分、発見と再認識の日々です。
[PR]
by gaiaship | 2005-04-17 15:41 | ニッコリ! | Comments(0)

たいやきくん


a0013236_2342082.jpg冷凍モノながら、とっても美味しい「たいやき」
頭の先からしっぽまでたっぷりツブ餡がつまってます。レンジで温めてさらにオーブンで焼くと、サクッとした歯触りになる、母親イチオシのたいやきくん。甘さも控えめでなかなかグッド。
冷凍モノながら・・・なんて言ったけれど、昔とは違って冷凍モノだから美味しい時代なんですよね。

今日は、お得意さまの所に顔を出したらイタリアンレストランでランチをご馳走していただきました。気を遣わせてはいけないと思って、ランチタイムより早めに行ったのですが・・・。しっかりめのボリュームだったせいか、夕食の時間になってもまったく空腹になりません。でも、ふいにたいやきの香ばしさが鼻先に甦ったので、買い置きしていたものを食べちゃいました。結局夕食代わりになってしまいました。こんなことは生まれて初めて。まっ、いっか。

帰りがけに本屋で専門誌を読んでいたら、昨日から「TAKEO paper show 2005」が開催されているという情報をゲット。業界では大御所の「竹尾」の展示会だけに、これは見逃せないと思い足を運びました。自分の中で、手渡せるモノ、触れて味わうモノづくりへのこだわりが、またグンと根を張った気がします。

お腹が空かなかったのは、吸収したことが多かったからかも。
[PR]
by gaiaship | 2005-04-15 23:55 | お気に入り | Comments(0)

お花見第二弾


今日は、自宅から5~6分のところにある「塚山公園」で友達とお花見。JR横須賀駅から、公園までを導くように万国旗が頭上にはりめぐらされています。

a0013236_22502766.jpg桜の下で持ち寄ったお弁当を広げました。空の下の食事は何でも美味しく感じさせてくれるから大好きです。斜面の台地に桜を植樹しているせいか、上から見下ろしてもうまい具合に人の姿は見えず、満開の桜しかみえないのです。人の声も桜がせきとめてくれるので、まったく気になりませんでした。とにかくたくさんの人が訪れているんですけどね。

a0013236_22572069.jpgみんなで寝転がって、桜越しの空と雲を見上げました。
ポカポカの陽射しの下でウトウトしちゃいました。桜も満開ですが、人の笑顔も満開でした。皆が楽しんでいる気配って、すごく安心するんですよね。家に戻ると何だか眠くなり、皆でプチ昼寝。温泉から上がったあとに眠くなるのと同じような、まどろみのひと時でした。

この公園は県立ですが、近隣の町にとっても誇れる場所なので町民みんなで手入れしています。木々の手入れはもちろん、除草やゴミ拾いなど行っているんですよ。実際に活動を行えない場合は、毎月管理委託費をお支払いして、みんなが気持ちよく過ごせる素敵な公園の維持に務めています。もちろん、私も。

ソメイヨシノは散り時ですが、横須賀は市の木・オオシマザクラをはじめ、まだまだ楽しめますよ。
[PR]
by gaiaship | 2005-04-10 23:25 | ニッコリ! | Comments(0)

横須賀ベーカリー


私が最初に知った「フランスパン」は、誰もが思い浮かべるバケットではなく、ふっくらモチモチ、噛むほどに甘味が増す『横須賀ベーカリー』のフランスパン。5歳頃に出会いました。
父が入院する病院へ向かう途中にあるので、母が病院に行った帰りに買ってきてくれたり、退院した父が通院する日に必ずといって良いほど買ってきてくれました。そのときの美味しさの衝撃は忘れもしません。(いまはちょっと大きさも、味も変わってしまったような・・・)
父にとっては辛いリハビリの日なのですが、幼い私たちにとっては「お父さんが病院に行く」=「パンを買ってきてくれるかも」という期待いっぱいの日でした。
a0013236_11155869.jpg
テーブルの上に置かれた紙袋を発見すると、すぐに中を覗き込み「何個ずつ食べられるのか」と数を数えたものでした。先に食べてしまって、家族の誰かが食べているのを羨ましく思うのがいやだったので、たいてい家族揃って、なかでも弟と揃って食べていました。

a0013236_11243314.jpg懐かしくなって買ってきました。人気があるので、いつもあるわけではないんですよ。ちょっと奮発してシュークリームも購入(クリームたっぷりビッグです)。
店先で思い出したのですが、今日でブログを開設して1年になりました。
「ネット上の見えない人々に、日記みたいなものを公開するってどうなんだろう?」と思いつつ、当時、最低限の人付き合いがやっと・・・という私には、会話にならなくても出来事を流す必要を感じていました。

人は、日々、見えない誰かに自分のことをつぶやいている気がします。
それが、宇宙や神のような存在への報告なのだとしたら、
毎日、訪れてくれる人々は私にとって間違いなくそのような存在です。

ありがとうございます。

別日に訪ねて知ったのですが、ご主人が入院されていたとか。
味が違って感じたのはそのせいでしょうか?
[PR]
by gaiaship | 2005-04-08 15:02 | お気に入り | Comments(5)