いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

カテゴリ:つぶやき( 360 )


★晴れないじゃん!


どの天気予報も週末は太陽が出るようなことを言っていたのに~
梅雨の時期と同様に、秋雨の時期も天気を予報するのは難しいんだなぁ。

書類を受け取るために自宅待機しているけれど、それも来ないし~。
出かけられないじゃん!

見通しがたたずグズついているのは、天気だけじゃないみたい。
[PR]
by gaiaship | 2004-10-16 12:52 | つぶやき | Comments(0)

段ボールの山のなか


引っ越しました~。
まだまだ段ボールが積み重ねられた状態ですが、
多少は人が住む場所らしくなっていました。

今回は、頭の中できちんとレイアウトを考えていなかったので、どこに何を置いて、何に何を入れるのか…迷いっぱなし。
引っ越して4日目でようやくパソコンを繋ぐところにこぎ着けました。
私にしては超スローペース。

それにしても、駅を下りたら潮の香りがしたり、汽笛が聞こえたり…一つひとつ育った街の、私にとっての当たり前に出会い直しています。
[PR]
by gaiaship | 2004-10-01 19:44 | つぶやき | Comments(4)

May peace prevail on earth


3年前にアメリカで起きた出来事のお陰で、いろいろ考えさせられる月になってしまったけれど、あのときと変わらず爽やかな陽気が訪れる。
3年前の9月12日の朝焼けの美しさは忘れることが出来ない一コマ…
どんなときにも、美しさを思い出させてくれる自然の営み。
揺るがないことの力強さを見た気がして、心が上向きになったのを覚えている。

そして、今日も爽やかな晴れ空。
なんとなく運動会を思い出す。
幼稚園の運動会。帰り道。父の大事。
友達家族とお弁当を食べた小一の運動会、ナシ、早稲みかん、おむすび、木陰、笑顔の光景から少し身を引いていた私…。

何かが離れていく感覚を一瞬感じずにはいられない季節。
それがまた、愛おしく思える季節。


「全ての人に、一日一度は心がゆるむ瞬間が訪れますように…」
父のお陰で芽生え、唱えて眠るようになった言葉。
季節が巡り、また改めてこの心持ちを再確認。

smile & harmony
[PR]
by gaiaship | 2004-09-12 12:55 | つぶやき | Comments(0)

探し物


見あたらなくて困っていたパスポートが出てきた。
ココにあったんじゃ~、見つからないよ!というところにあった。
これも引っ越しを決めたお陰。

有効期限はとっくに切れているけれど、
紛失を申請するのは面倒だなぁと思っていた。

2002年の春、このパスポートが見つかっていたら行くはずだったカウアイ島。
その後も次々と現れる旅行話の誘惑…。
いつもなら、気配ですぐに見つけられるのに、いっこうに気配を感じさせなかった。
パスポートが現れないのは「動くな」ということだと思って、
以来、海外旅行に心を向けるのをやめた。

それが、見つかった。
何か一つ区切りがついたということを、その姿が教えてくれているように感じる。


パスポートにうつっているのは20代最後の私。
若いな~やっぱり。

でも、いまの顔のほうが好き。
[PR]
by gaiaship | 2004-09-05 14:40 | つぶやき | Comments(5)

DNA?


久しぶりに母と淡路島に帰省することになりました。
出発は母の休みに合わせたけれど、帰りは途中で別れて和歌山に立ち寄り、友人宅へ泊まろうと思っていた。心ワクワク。

そんな話をすると、母の心が動いた。
那智へ行くのが長年の夢だったらしい。ちょっと意外だった。
休みギリギリまで使えば何とか立ち寄れるので、母も一緒に行くことにした。

その話を、今度は母が実家の妹に話すと…
これまた、心が動いた。
叔母ちゃんも心が動くと行動が早い。
ただお盆の送り日でもあるので、おばあちゃんが何というか…
仏さん呼んどいて、誰も見送らんなんて罰当たり、とか何とか言われそう。

でも、叔母ちゃんの行動は早かった。
高野山が世界遺産に登録されたこともあり、宿を取るのは難しいといわれている中で
公共の宿の空き部屋に恵まれ、仮おさえに成功。

この強運、ノリの良さ、行動の早さにDNAを見せつけられる思い。
私は母の反応に笑い、母は叔母の反応に笑い、
私も母も改めて「私の源流は、確かにこの家系にある…」と思ってまた笑う。

楽しいことをふくらませて、巻き込んでいくときのパワーって最高!
ちょっと忘れていた流れを思い出せた気がします。

通常は、仏様を夜に送るもののようですが、
今年は朝、早々に送り出すが、家に残る人に頼むことになりそうです。
ま、ご先祖さまもノリの良い方々だと思うので、許してくれるかも。
[PR]
by gaiaship | 2004-08-12 13:08 | つぶやき | Comments(0)

涼が吹っ飛ぶ


立秋を迎えた夜から、鈴虫(?)が鳴き出した。
一気に涼しく感じるから不思議。
音のマジック。

…と思っていたら、何故か今、数匹のセミが鳴き出した。
鈴虫の声がかき消されているのか、勢いにおされて黙ってしまったのか、
さっきのは空耳? なんて疑うほど気配がなくなってしまった。

真夜中でもセミが鳴くのは、やっぱり木々のライトアップが原因なのかな~?
それともセミにとっては昼も夜も関係ないのかな?
命がけではい上がってきて、人生を全うしているので言いにくいけど、
「暑苦しぞ~!」

あれ? 虫も寝るよね? 夜とは限らないのかな…?
[PR]
by gaiaship | 2004-08-10 00:11 | つぶやき | Comments(3)

Give & Give


バジルが元気だ。
摘んでも摘んでも繁っている。

昨年はストロベリーフィールドに教わることが多かった。
「Gaiaship」という感覚は彼らに教えてもらった。
はっきりとコトバにすると野暮になるので、ご想像下さい。
頭に浮かんだこと、それで良いはず。

今回、バジル達からは「Give & Give」を教えてもらっている気がする。
「Give & Take」ではなく、ふとそんな言葉を聞いた気がした。
持ちつ持たれつではなく、与えて与えまくって(あげてもあげても)、なお元気!
減ってもスクスク! しぼんでも復活! 
あげたんだから、何かちょうだい!なんて態度はどこにもない。 

ふと家族のことが頭に浮かんだ。
そして、昨年、心に残った言葉も浮かんだ。

「…子を産み育てることは、自分を育ててくれた全てへの恩返しに通じます。
では、子育てが叶わぬ者はどうすれば恩返しができるかというと、
それは、自分が育んだことを次の世代に教えたり、
他の者に自身が持つ術を伝えれば良いのです…」という言葉を。

次の世代を生み出していない自分に、次代に向けて何ができるのだろう、
と思ったちょうどその時に、キャッチした言葉だった。
それなら出来そうで、フッと気が楽になった。

自分の実りをリレーすればいい。

「Give & Give」
そういうことだね、と一人悦に入る夏の午後。
[PR]
by gaiaship | 2004-07-26 15:16 | つぶやき | Comments(2)

暑くて寒い


腎体質になっているのかも…と思い、昼と夜を豆中心プラス豚肉を使った料理にして、
のんびり音楽を聴く時間をつくったら、足のムクミも痛みもだいぶひきました。
そろそろ潮時だっただけかもしれませんが。
でも、身体のどこかがズレている感覚は続いています。

さて、関東も梅雨明けしました。
前日の雷雨は、やはり梅雨明け宣言カミナリだったのですね。
もう1日ぐらいカミナリがなったら明けるかなと思っていたので意外です。

きっと本当はまだ早いのでしょう。
例年なら梅雨明け宣言と同日にセミの大合唱が始まるものですが、
ココではまだ聞きません。
いつも感心するんですよね~、なんで分かるのかなぁ?…と。

それにしても都内は暑い!
体感気温は、気象庁が発表する最高気温より2度以上は高い気がします。
あの状態ではクーラーは必需品。
電車はちょっと涼むのに使えます。
ただ、15分以上乗っていると冷えてしまって、エアコンなんかなかった時代が妙に懐かしく思い出されます。

日焼け防止というより、クーラー対策のために長袖を着る夏。
何だかヘンですよね。

で、思い出したのが香港のエアコンサービス。(東南アジアは全体にそうかも)
むかし、初めて夏の香港に行ったときの寒さはカルチャーショックでした。
寒いのなんの…。あわてて長袖のジャケットかカーディガンはないかと探したけれど、なかなか見つからなかったということがありました。

ガンガンにクーラーがきいている建物にはいると、ふと思い出すのでした。
[PR]
by gaiaship | 2004-07-14 13:04 | つぶやき | Comments(2)

結局


世界貿易センター跡地に、
「フリーダム・タワー」なる世界最高の高層ビルを建てるらしい。

違和感…。

知り合いのアメリカ国民たちはみな批判的なのに、
どうしてこうなってしまうのでしょう??

そのままでも十分
深く、高く、誇りと想いはそびえていると思うのになぁ。
[PR]
by gaiaship | 2004-07-05 13:31 | つぶやき | Comments(0)

ポイント


ヨドバシカメラって秋葉原になかったのですね~。
コメントをいただくまで、知りませんでした。
何だか意外!

ヨドバシといえばポイントカード!
いままで、各種メンバーズカードの特典にはあまり興味がなく、
加入しても特典を活かすこともなく期限切れ…とか、
それらのカードも財布の肥やしどころか、雑草のような存在でした。

でも、ヨドバシのポイントカードで目が覚めました。
だって本当に便利です。
同店での買い物が多かった時期のポイントがたまっていたお陰で、
最近、お金を使わずに買い物が出来てしまっています。
フリーで仕事をしていると、収入を得るまでにけっこう雑費がかかります。
そんなときの救世主!

以来、カードの割引期限や特典を把握しておくようになりました。
東急ハンズのチケットもお金として使えるので大助かり。

まさか、自分がこんなに特典を気にするようになるとは…。
サラリーマン時代にはなかった姿です。
以前の私は、お金に対してマヒしていたようです。
「まっ、すぐお金は入るから…」と貯めることがいまほど大変なことだと思っていませんでした。
あの頃から、親の言うことをきいて、もっと節約と貯蓄に励んでいれば…

後悔先に立たずとは、ほんとうに上手く言ったものです。

でも、あの頃のあの浪費があったから今がある! なんて居直ってみたりして。
そういえば亡くなった曾祖母によく言われました。
「生き金つかわな、あかん」と…。
ただドブに捨てるような、その場しのぎの使い方ではお金が可哀想なのだそうです。
お金の将来を考えてやれば、また多くの仲間を引き連れて手元に帰ってくるのだそうです。

おばあちゃんの器にはほど遠いけれど、
少しずつ言っている意味がわかり始めた今日この頃。
[PR]
by gaiaship | 2004-05-28 13:45 | つぶやき | Comments(2)