いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

カテゴリ:つぶやき( 362 )


呼び出しスイッチ


a0013236_14000187.jpg


ときどき購入するST.DALFOURのジャム。

贈答用の特別仕様だと思うんですが、1oz(28g)サイズなんてあるんですね。
ティータイム食べきりサイズという感じ。

これほど小さな瓶は珍しいし後々使えそう。

同じメーカーのものを買い続けるとデザインが揃うので、再利用に都合が良いんですよね。



これ、実家から持ち帰ったものなんですが…

じつは最近、母の友人が逝去されて、その香典返しの品なんです。
その方は、私にとっても子供の頃からの知り合いで、家族の会話の中にもあらわれるほど親しい方でした。

実家に電話をかけた日、母は、いままさにお通夜に出かけるというところでした。
電話の様子から、母もそうとう驚いていたようでした。

あとで聞いたのですが、
友人が亡くなったというその日、母と弟は買い物先でバッタリ出会い、立ち話をして笑顔で別れたのだとか。
まさかその日に亡くなるなんて・・・。


最後となったその日に顔を合わせるなんて、本当にご縁の深い人だったのだなぁ と思います。
思い立って電話をかけた日がお通夜だったこともあり、私もその日は故人を偲ぶ日となりました。


大切な人と、いつが最後になるか分からない。

それを思い知るとともに、
単においしいジャムというだけだった物が、思い出の呼び出しスイッチになりました。











[PR]
by gaiaship | 2016-06-28 13:59 | つぶやき | Comments(0)

鳩が来た


さっき、ベランダの手すりに鳩がとまった。
バサバサっと羽の音がしたので、外に目をやると、目の前に鳩。

部屋に居る私が見えてるのかどうかは分からないけれど、
顔がこちらを向いていたので、しばらくじっと見てみた。
首が長くて撫で肩で(当たり前か)キレイだなぁ…と。

でも、ふと言葉が浮かんで念じるように見つめたら
体の向きを変えて飛び立って行った。
その気だったの?

浮かんだ言葉は「ここはトイレではありません」だった。

鳩を見送りながら、確かに~と気づかされた。
初めて鳩がやって来たのは嬉しいけれど、糞汚れはいただけない。

自分の中から出てきた言葉だったと思うのに、その言葉にハッとすることがある。
心の呟きは、時々不思議。







[PR]
by gaiaship | 2016-04-14 15:42 | つぶやき | Comments(0)

華やぐ3月


a0013236_14401515.jpg
あっという間! という気がする3月入り。

3月は誕生月だからか、何となく「いよいよだ」と身構えます。
何があるわけでもないんですけど。

それと同時に、3月になると厚手のコートや、
もっさりした厚手の生地の服に違和感が出てきます。
まだまだ冷えるのに、頭のなかは「桜」の季節にひとっ飛び。

なるべく暗い色のコートは避けて色ものに。
暗めコーデのときは、冬よりも意識して明るめの小物にします。
折りたたみ傘も寒色が入った、どちらかというとサマーカラーのものにチェンジしました。
というより、
今まで持ち歩いていた傘の骨が変形してしまっていたので、
直せるかな? と触ったら、ポキッと逝ってしまいました。

断捨離しつつ、限られたアイテムで春の色遊びを楽しんでいます。

葉っぱのゴールもあと少し。








[PR]
by gaiaship | 2016-03-03 14:39 | つぶやき | Comments(0)

息を吹き返せるか?


a0013236_17433555.jpg



ひと月に50件以上の取材、原稿書きをしていた時代に特に愛用していたバッグ。

A4サイズのファイルがストンと入って、コンパクトカメラ(懐かしい言い方)、メモや細々したステーショナリーを入れたポーチに、私物をいれてもスマートに見えて使い勝手が良いのです。
結構な内容量なのに重さを感じないし、
別のベルトに付け替えるのではなく、1本のベルトでハンドバックから斜めがけの長さにまで変えられる…そんな機能性もお気に入り。
いまは2WAY、3WAYで使えるバッグが多いけれど、
20年ほど前に購入した当時は珍しいほうでした。

しっかし、革製品の味わいとはいえ20年以上使い込んだ姿は
あまりにもお疲れで品がない。

これ、プロに頼むべきレベルですよね…。
でも、安物のバッグを数個買えるほどのお値段に思いとどまってしまう。

それならダメもと。
寿命が来て諦めたと思って自分で復活させてみたくなり、
修繕方法を検索したところ、良さそうなクリームを発見。

これかな?と思う色を取り寄せました。

仕事そっちのけで、さっそくTry it!
すると、見事に馴染んだじゃないですか!
わかりにくい写りではあるけど、画面の中枠の左側がソレ。
ヘリなんて思いっきりかすれていたんですが、新品みたい。

このまま進めたいところだけれど、広い範囲に取りかかるにはちょっとアイテム不足だということに気付きました。
それを手に入れたら修繕を再開したいと思います。
似たような色バッグにも使えそう。

やっばり手直しして使える物っていいな。







[PR]
by gaiaship | 2016-02-17 17:20 | つぶやき | Comments(0)

a0013236_14335114.jpg
今日は、春を通り越して初夏のような温かさ。
24℃ですよ、いま。
もう、ビックリです。

香港あたりの日常温度かな。

一時的な暖かさとはいっても、普通なら空気のどこかに土や木々の冷えが感じられるものだけれど、そういうものが全く感じられなくて妙です。
家の中のどこにもヒヤリとした温度差がないなんて。

ということで、葉っぱも多めに盛ってみました。

今日はここまで、と思って手を止めたときは「これでよし」と思うのに、
こうして写真をアップしてみると、なんだかアンバランス。
やり直したくなっちゃう けれど、我慢。

きっと「過程」というものは、こういうものなんでしょう。

一気に仕上げてしまいたいところを、ぐっとこらえてみると、
世の中の出来事に対しても、「一気に完璧になるわけじゃないよねぇ」なんて思ったりして。

神様にでもなった気分でアンバランスを許し、
過程を見守るということを体感できて面白い。

やったことのない行動をしてみると毎瞬が新鮮になります。
どんな小さなことでも、効果抜群です。








[PR]
by gaiaship | 2016-02-14 14:33 | つぶやき | Comments(0)

自覚する


a0013236_14482244.jpg

少しだけ春度をア~ップ。(な~ぜか暗めに映るなぁ)

テレビ視聴の不具合を解決して…自覚したこと。

情報に振り回される。 時間を浪費する。 今ここに生きることを妨げる。
テレビの存在を批判する声を見ることがあるけれど、
私は恩恵の方が勝ってる。

テレビがなくても問題ない ということばを借りて言い換えるなら
「テレビがあっても問題ない」です。

状況が許す限り「ある」方を選ぶ。 だな、私は。

そして、少し先のことを把握しておきたい人なんだな、ということ。

番組表や詳細が見られないことににストレスを感じてたんですよね。
この先のことを知っておくということが、こんなにも当たり前になっていたとは。

ほかには… 天気予報とか 星占いとか が、その類?

ただ、私の中では天気も星占いも 知っておかなくてもいいもの に分類してる
この差は何でしょう?(と自分にきいてみる)



「いま、この瞬間だけでいい」なんて思っていたはずなのに
この域に達するには程遠いことがわかりました(笑)

すべてが分かったところで覚えていられるはずもナシ ですが。

それでも「ある」ものは得たいというズルさを自覚したのでした。


チャンチャン(^^♪






[PR]
by gaiaship | 2016-02-12 14:47 | つぶやき | Comments(0)

また雪?


寒中お見舞い 申し上げます
a0013236_19353042.jpg



月曜日に降った雪がまだ残る、我が家周辺。

日が当たる家々の屋根にもところどころ雪が残り、雪寄せで出来た雪の小山は完全に氷です。

やっぱり、ここは寒いのね。

そして、また週末は厳寒になるらしく、雪マーク出てます。
氷点下の数字も見慣れてきましたが、-5℃なんて見るとまだビビります。
出歩きたくないので、食材の買い出しをしておきました。
これぐらいでブツブツ言っていたら、いま雪に囲まれてる地域の方に睨まれますね。(^_^;

寒さが嫌い というより、着ぶくれして動きにくい状況が嫌いなんです。
思うように動けない、あの感覚が苦手です。

ここに来て、初めて体験したのがエアコンの「霜取り機能」が点灯したこと。
点灯するまで、そんな機能があることすら知りませんでした。

寒さはこれからが本番。
冬の土用、真っ只中。
私にとっての土用入りのサインが「口内炎」と知ったのは昨年。
やっぱり現れました。暦を見るより確実かも。

冬の土用に限っては早寝、遅起きが良いとか。
冬はとくに遅起きになる私は、「それでいいのだ!」と開き直ったのでした。








[PR]
by gaiaship | 2016-01-22 19:54 | つぶやき | Comments(0)

スタイルチェンジ


a0013236_15163113.jpg

溶け残ったキャンドルが、受け皿にくっついてしまって皿から外せなかったので

お皿の底を少し温めてとろうと思い、保温プレートに乗せました。

仕事の続きをしながら温まるのを待っていた・・・はずが・・・

仕事がのってきてしまって、スッカリ忘れてしまいました!!!

思い出して慌てて見てみると、カタマリは跡形もなく、

お皿になみなみと溶けたキャンドルが!

色の美しさに心を奪われつつも、何かおかしいことに気付きました。

あのカタマリは、この皿に収まるはずがない量のはず。

リンゴ3分の1ぐらい、高さ4センチの大きさのものが乗っていたのですから。

若干、あふれ出た蝋はありましたが、それでは足りない。

蒸発しちゃったんでしょうか~~?



ちょっと溶かして、サクッと取ってしまうはずがぁぁぁ。

タプタプの蝋をどうしようか と考えて

このまま、キャンドルとして使う というところに落ち着きました。



熱々のお皿を保温プレートから移動させて、

タコ糸に蝋をしみ込ませて、そのまま息を吹いて冷ましながら暫く我慢。

表面に膜が張ったのを見て手を離し、放置。

再びキャンドルの誕生です。

写真は2度ほど灯したあとなので、蝋の量は減ってます。

長く灯すと芯が倒れてしまうので、ちびちび灯して楽しみたいと思います。




[PR]
by gaiaship | 2015-10-07 12:56 | つぶやき | Comments(0)

立秋に広島の味。


a0013236_17095730.jpg


今日は立秋。

最高気温は33℃とはいえ、昨日より4℃も低くて風も涼しいせいか、
少し秋を感じます。

土用は昨日までだったけれど、広島の牡蠣めしでパワー補給。

撮影後の実食なんですけどね。
何杯でもおかわりできる美味しさでした。

70年前の悲痛な出来事と重なる滋味。

よく噛みしめていただきました。


夏の間だけ、サイトが提供する金魚のデザインスキンにかえてみます。









[PR]
by gaiaship | 2015-08-08 17:00 | つぶやき | Comments(0)

雷鳴と夕日


このところよく雷が鳴る。
でも雨は降らない。

今日も、ときどき雷が鳴って、涼しい風が吹いたから
雨が降るかもしれないと思って窓をしめたものの、
轟くばかりで一滴も降らない。

いま、真っ赤な夕日が西の空をゆっくりと下降中。

けれども凄い雷鳴。

音だけ聞くと、今にも夕立がやって来そうな雰囲気。

なのに上空は晴れ。

空と光と音があまりにもチグハグで妙な感じ。



こういうときは、こうなるものだ。

そう予測して生きている。

そのことを少し立ち止まって考えてみることを促されているような…。

このまま、また雨が降らずに過ぎ去ったなら、それが答えだな。


a0013236_18480877.jpg









[PR]
by gaiaship | 2015-07-30 18:36 | つぶやき | Comments(0)