いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:つぶやき( 368 )



a0013236_11581596.jpg


過ごしやすい気温になるとともに

気づけば室内の湿度が下がり始めました。

乾燥領域の50%以下に・・・。

肌の乾燥もさることながら、私の恐れは「静電気」。

不意討ちバチッ! 

あぁ、ソロソロ氣を引き締めて潤い補給に本腰入れておかないと・・・です。






[PR]
by gaiaship | 2016-10-11 11:50 | つぶやき | Comments(0)

「太陽の出待ち」


a0013236_18353447.jpg


久しぶりに鳥たちより早く起きた。

日の出を待つのも久しぶり。

秋の朝らしい涼やかな1日のはじまり。







[PR]
by gaiaship | 2016-10-07 05:20 | つぶやき | Comments(0)

モヤが晴れた


a0013236_17491856.jpg

雲に阻まれて中秋の月は見られないかな? と思っていた昨夜。

時間が経つにつれ、しっかり姿を現してくれました。

なんでしょうね、この見えたときの嬉しさは。


夜空の雲が払われていた頃、
部屋には、PCが思うように反応せずモヤモヤしている私がいました。

サイトはつながらないし、
IP電話も不通になっちゃうし、
漢字変換がなぜか中国語書体の漢字になったり、
かと思ったら日本語が打ち込めなくなったり

何だろう? と思っていたのですが
どうやら裏でWindowsの更新プログラムをダウンロードしていたみたいです。

深夜に自動更新されるはずなのですが、失敗していたみたいで…

急ぎの作業は済んでいるから、ま、いっか と気持ちを切り替えたときに

夜空の月に気付いたのでした。


いつになく重いデータのようで、朝になっても更新が終わっておらず
何度かインストールに失敗していた履歴が。
その影響がいろいろ出ていたのですね。

やっと更新できたのか、いまは何もなかったかのようにスイスイ。

急ぎの作業が終わってなければ、独りPCに向かって月夜のオオカミばりに吠えていたはず。


今後、サイト閲覧に不具合が起きたり、打ち込みに妙な反応が起きるときは
この更新プログラムが行われている可能性を疑って、
それが行われているようなら中止するか、他のことをすればいい と分かって
頭のモヤが少しスッキリ晴れましたよん。


晴れるといえば、太陽を見ていません。
涼しいのはいいけれど、カラリと晴れた秋が良い。

台風続きに、日照不足。
野菜が高騰しそうで、今後が気になります。
















[PR]
by gaiaship | 2016-09-16 17:57 | つぶやき | Comments(0)

あの衝撃から6年


a0013236_15225913.jpg

ずっと使っていなかったヘッドセット。
使っていなかった理由は、耳当て部分のカバーがなかったから。
あることが原因なんだけれど、それと同時にWeb通話の必要がなくなったので放置していました。

ところが先日、Amazonにタダ同然の価格、しかも送料無料でイヤーパッドが出ているのを見つけたので、この機会に購入。
と、同時に必要が出てきました。

あれから6年。
復活です。
イヤーパッドは二組あるので、もし、またあんなことがあっても替えはある(笑)

あんなことはコチラで↓
過去日記
http://gaiaship.exblog.jp/15881462/






[PR]
by gaiaship | 2016-08-29 15:22 | つぶやき | Comments(0)

「そのうち」に終止符


a0013236_15352690.jpg


試着したときには気づかなかった着心地の悪さから、買った年にはスルーした1着。履ければ重宝するはずのテロンとした七分丈のパンツです。

改善策が分かっていながら放置していたんですが、今日になって、ようやくヤル気スイッチが入りました。

本当に簡単なこと。だから、「そのうちに」と思ってやり過ごしていました。


「よし、これで履ける」

やっと自分の物になりました。

ものの1分の出来事でした。この1分のために1年かけたなんて^^;

分かっていながら手をつけていないこと。
やればいいだけだとたかをくくって、先伸ばしにする、
そんな過ごし方をしていることに気づいたら、どんどん変えていかないと!

と、反省して気分転換終了。

仕事に戻ろっ。





[PR]
by gaiaship | 2016-07-30 15:25 | つぶやき | Comments(0)

山に行きた~い♪


a0013236_16063256.jpg


仕事の撮影用に私物を活用することになり、久しぶりにご対面。

ずいぶんご無沙汰になっている軽登山靴…。

今年の秋はトレッキングを楽しみたいなぁ。

日帰りで行くとしても、出来れば事前の移動を含めて2日半のフリータイムが理想ですが、その時間がとれないので友達の誘いになかなか乗れず、すっかり遠のいてます。

横須賀で日常的に坂や階段を歩いていたときに比べて、身体がへなちょこになっているので、それ以上に予備日を作らないと復活出来ないかも。

そうやって考えてみると、基礎体力をキープできる住環境って必要ですね。







[PR]
by gaiaship | 2016-07-24 15:50 | つぶやき | Comments(0)

呼び出しスイッチ


a0013236_14000187.jpg


ときどき購入するST.DALFOURのジャム。

贈答用の特別仕様だと思うんですが、1oz(28g)サイズなんてあるんですね。
ティータイム食べきりサイズという感じ。

これほど小さな瓶は珍しいし後々使えそう。

同じメーカーのものを買い続けるとデザインが揃うので、再利用に都合が良いんですよね。



これ、実家から持ち帰ったものなんですが…

じつは最近、母の友人が逝去されて、その香典返しの品なんです。
その方は、私にとっても子供の頃からの知り合いで、家族の会話の中にもあらわれるほど親しい方でした。

実家に電話をかけた日、母は、いままさにお通夜に出かけるというところでした。
電話の様子から、母もそうとう驚いていたようでした。

あとで聞いたのですが、
友人が亡くなったというその日、母と弟は買い物先でバッタリ出会い、立ち話をして笑顔で別れたのだとか。
まさかその日に亡くなるなんて・・・。


最後となったその日に顔を合わせるなんて、本当にご縁の深い人だったのだなぁ と思います。
思い立って電話をかけた日がお通夜だったこともあり、私もその日は故人を偲ぶ日となりました。


大切な人と、いつが最後になるか分からない。

それを思い知るとともに、
単においしいジャムというだけだった物が、思い出の呼び出しスイッチになりました。











[PR]
by gaiaship | 2016-06-28 13:59 | つぶやき | Comments(0)

鳩が来た


さっき、ベランダの手すりに鳩がとまった。
バサバサっと羽の音がしたので、外に目をやると、目の前に鳩。

部屋に居る私が見えてるのかどうかは分からないけれど、
顔がこちらを向いていたので、しばらくじっと見てみた。
首が長くて撫で肩で(当たり前か)キレイだなぁ…と。

でも、ふと言葉が浮かんで念じるように見つめたら
体の向きを変えて飛び立って行った。
その気だったの?

浮かんだ言葉は「ここはトイレではありません」だった。

鳩を見送りながら、確かに~と気づかされた。
初めて鳩がやって来たのは嬉しいけれど、糞汚れはいただけない。

自分の中から出てきた言葉だったと思うのに、その言葉にハッとすることがある。
心の呟きは、時々不思議。







[PR]
by gaiaship | 2016-04-14 15:42 | つぶやき | Comments(0)

華やぐ3月


a0013236_14401515.jpg
あっという間! という気がする3月入り。

3月は誕生月だからか、何となく「いよいよだ」と身構えます。
何があるわけでもないんですけど。

それと同時に、3月になると厚手のコートや、
もっさりした厚手の生地の服に違和感が出てきます。
まだまだ冷えるのに、頭のなかは「桜」の季節にひとっ飛び。

なるべく暗い色のコートは避けて色ものに。
暗めコーデのときは、冬よりも意識して明るめの小物にします。
折りたたみ傘も寒色が入った、どちらかというとサマーカラーのものにチェンジしました。
というより、
今まで持ち歩いていた傘の骨が変形してしまっていたので、
直せるかな? と触ったら、ポキッと逝ってしまいました。

断捨離しつつ、限られたアイテムで春の色遊びを楽しんでいます。

葉っぱのゴールもあと少し。








[PR]
by gaiaship | 2016-03-03 14:39 | つぶやき | Comments(0)

息を吹き返せるか?


a0013236_17433555.jpg



ひと月に50件以上の取材、原稿書きをしていた時代に特に愛用していたバッグ。

A4サイズのファイルがストンと入って、コンパクトカメラ(懐かしい言い方)、メモや細々したステーショナリーを入れたポーチに、私物をいれてもスマートに見えて使い勝手が良いのです。
結構な内容量なのに重さを感じないし、
別のベルトに付け替えるのではなく、1本のベルトでハンドバックから斜めがけの長さにまで変えられる…そんな機能性もお気に入り。
いまは2WAY、3WAYで使えるバッグが多いけれど、
20年ほど前に購入した当時は珍しいほうでした。

しっかし、革製品の味わいとはいえ20年以上使い込んだ姿は
あまりにもお疲れで品がない。

これ、プロに頼むべきレベルですよね…。
でも、安物のバッグを数個買えるほどのお値段に思いとどまってしまう。

それならダメもと。
寿命が来て諦めたと思って自分で復活させてみたくなり、
修繕方法を検索したところ、良さそうなクリームを発見。

これかな?と思う色を取り寄せました。

仕事そっちのけで、さっそくTry it!
すると、見事に馴染んだじゃないですか!
わかりにくい写りではあるけど、画面の中枠の左側がソレ。
ヘリなんて思いっきりかすれていたんですが、新品みたい。

このまま進めたいところだけれど、広い範囲に取りかかるにはちょっとアイテム不足だということに気付きました。
それを手に入れたら修繕を再開したいと思います。
似たような色バッグにも使えそう。

やっばり手直しして使える物っていいな。







[PR]
by gaiaship | 2016-02-17 17:20 | つぶやき | Comments(0)