いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

カテゴリ:お気に入り( 133 )


古いピアノ


a0013236_18172910.jpg


鍵盤がやや重くなったピアノで
久しぶりに調子にのってグリッサンド(奏法)入れながら、
It's only a paper moonを弾いてご機嫌。
指の当て処が外れても構わず夢中になってプレイしたせいか、
気づいたら爪の際が水ぶくれを起こしてました。

生活に支障がないと思ったのに、思いのほかいろんなところに触れるようで痛いの何の。

健康な皮膚の有り難さを思い知りました。


画像のミニチュアは、コースター入れになってます。

これもなかなかの年季もの。
実家にあったもので、長い間使われずにいたのでもらってきちゃいました。

好きです、こういう遊び心のもの。








[PR]
by gaiaship | 2016-09-01 18:04 | お気に入り | Comments(0)

おっ、新顔?




a0013236_15281112.jpg


朝作った、「キャラメルプリン」が今日のおやつ。
寒天ベースのパウダーをお湯で溶いて牛乳を加え、冷やし固めてできあがり~という手軽さです。

それだけでもOKだけれど、カラメルソース的なものが欲しい。
そこで思いついたのがインスタントコーヒーで作るシロップ。
大人味に仕上がって我ながら上出来でした。
a0013236_18300890.jpg

父の実家がある長野県伊那市の有力企業・伊那食品工業の「かんてんぱぱ」シリーズがお気に入りです。
どんどん種類が増えているようで、
「キャラメルプリン」は私にとっては初めての商品。
お湯200cc、牛乳100cc分なので、少なめなのが残念。
4人分となってるけれど、1人でペロッといけちゃう気がします。

本格的なお菓子作りはしないけれど、
これぐらいの手軽さなら、やる気スイッチが入ります。^^










[PR]
by gaiaship | 2016-08-25 15:27 | お気に入り | Comments(0)

a0013236_12263297.jpg

今年に入って、何気なく買ったコチラ↑にハマっています。

「鶏肉の塩レモン焼き」(レシピ参考ページはコチラ)。

パッケージには「鶏ささみでおいしい」と書かれているけれど、私はむね肉で作ったり、しょうが焼き用あたりの豚肉ロースをひと口サイズにしたものにも使って作ったりしています。

考えてみたら、ささみで作ったことがない!? 

ほどよい塩加減と酸味って、食欲をそそるんですよね。

鶏むね肉に紫蘇の「ゆかり」を軽く揉んで片栗粉をまぶして焼くのもマイ定番。

最近知ったんですが、鶏のむね肉には自律神経に働きかけて調整する働きがあるとか…。

普段からよく食べているので、差が分からないかもしれないけど
食べると疲れの自覚が薄れるかも。







[PR]
by gaiaship | 2016-06-09 12:57 | お気に入り | Comments(0)

引き続き、飲んでます


a0013236_15340625.jpg
効果について最近いろいろ言われている水素水。
以前、ここにも書きましたが、私は毎回自分で作るタイプのものを飲んでます。

「水素水」に興味をもったのは、世界で「奇跡の水」といわれるものには活性水素が含まれている という話がきっかけでした。


水素水を飲み始めたことを書いたのは2年前。
あの頃は気が向いたときに飲んでいたんですが、ちょっと血圧が気になってきたので、その後はお風呂上がりに飲むようにしていました。
作り忘れることも多いから、毎回ではなかったんですが、ここ1カ月は毎朝飲んでみるようにしています。
冬の間に飲んでいた白湯から、水素水にチェンジして自分の身体で何が起こるか実験中。


運動後や入浴後ならともかく、水だけを飲もうと思っても意外と量を飲むことができないものなんですよね。ところが、水素水は500㎖を飲み切れちゃうので、どうせ飲むならコレにしておこうというぐらいの気持ちです。

このところ効果が疑われているので、振り返ってみました。

これは以前から水素水のおかげだ と感じているのは 生理の期間中に水素水を飲むと体調がいいということ。若い頃は生理中に身体の不調を感じることなんてなかったけれど、2,3年前から血圧が上がるのか、頭がボーッとしたり入浴後に気分が悪くなっていたんですよ。そういえば、そういうことが全く無くなってます。疲れにくくなっているのも確かです。

自覚しているのはそれぐらいかな~。

作った水素水は、そのまま飲む以外に、紫蘇ジュースや梅ジュースの原液を割って飲んだり、レモン水にして飲んだりしています。グラスに注ぐと炭酸のように気泡が湧くけれど、刺激はゼロ。味が和らぐ気がします。

朝飲むようにしてからは、インスタントコーヒーを水素水で作ってます。
写真のようにクレマがあらわれ、甘味が生まれてマイルドになるんですよ。

ドリップ派だけれど、このコーヒーは美味しいです。

飽きっぽい私が続けられてるということは、身体にあっているということなんでしょう。


a0013236_15341011.jpg


※ブログデザインを変えてみました。CSSをアレンジして、なんちゃってオリジナル。ついでに携帯・スマホデザインの方も夏向けにチェンジ。







[PR]
by gaiaship | 2016-06-04 15:33 | お気に入り | Comments(0)

仕事のお供「炒り玄米」


a0013236_11055909.jpg

硬めに炊いたご飯が好きな私にとって、玄米は理想の歯ごたえを得られるので好きなのだけれど、消化に負担がかかるから食べたいなと思った時だけ食べる程度。普段は胚芽米に雑穀を混ぜて食べてます。

・・・だけど

この炒り玄米にハマりそう。

仕事で調べ事が続いたり、企画をまとめるときなどのお供には、少量ずつじっくり噛めるものが欲しくなるので、ナッツや煮干しなど常備しているのですが、食べ過ぎちゃうと胸焼けするのが困りもの。
ガムも案外飽きちゃうし、かみ続けると口の中が不快になるので、何か体にも良いものないかと思っていたところ、出会ったのが「炒り玄米」という存在。

戦国時代の兵糧食の情報を小耳にはさみ・・・。
味噌玉やら兵糧丸やらをきっかけに「炒り玄米」にたどりつき、
で検索したら、いま流行なのでしょうか?
けっこうヒットする。

こちらのサイトを参照しました。
体の中からキレイに。「炒り玄米」の作り方と美味しいアレンジレシピをご紹介♪ | キナリノ


ポップコーンほどやんちゃに弾けることはなく、フライパンの中で控えめに「シュボッ」と花が開くようにはぜて可愛いです。
これ、いい。
チビチビと食べられるし、間食なんだけれど栄養価のあるものだから、心なしか身体に良いことをしている気がする(笑)

火を通すことで「陽性」になるという点が、お気に入りの決定打に繋がりました。

ひとまず1合分を炒ったところ、「香ばしい」と思える度を通り越し、炒り終わる頃には室内が玄米の独特な香りに占領されるのがちょっと…難点かな。
あ、でも玄米そのものは香ばしくて好感度高いです。

いま、炒り玄米を使って作る「玄米おこし」へと気持ちが向かってます。







[PR]
by gaiaship | 2016-05-23 11:05 | お気に入り | Comments(0)

仕上げてみた


a0013236_15491179.jpg
先日ここにアップした、色が思いっきり剥げていた革バッグを
やっと仕上げました~。

色むらになっちゃたけれど、
色が落ちてガサガサだった見た目よりは、
まぁ、「こっちのほうがアリでしょ」 です。

ついでに、他のバッグもちょこっと色補正。
どちらも20年選手ですが、この先も使えそう。
もう一度ローションで潤い補給して磨こうと思ってます。

命をいただいたものだから大切に使いたい。
そう思うから皮革製品は衝動買いせずに、じっくり選びます。
だから、当然長く使うことになります。
クリームを塗ってケアしてきたつもりだけれど、
その場しのぎ的な他のバッグに浮気している間に、気付けばガサガサになっていました。

メンテナンスって大切ですね。

今回は、コチラのサイト「ハッピーバリュー・コム」さんを見つけて利用しました。
様々なケアの方法を教えてくれているので、とても参考になります。
それにしても、カラー補修クリームのなんと豊富なこと!
今回は一色狙いで失敗無く終えましたが、何色か持っていても良さそう。

つかの間の職人気取り。

あ~楽しかった。







[PR]
by gaiaship | 2016-03-04 15:49 | お気に入り | Comments(0)

冷製パスタに、えごま油


a0013236_14142894.jpg


今日はランチに冷製シーフードパスタを作りました。

比較的ランチ圏内といえる時間帯に
昼食を思い出せました。

何かに夢中になっているときに、無性にお腹が空くときと、
全く空かずに一日が過ぎるということがあるのはなぜでしょう?
頭が気づかないほど夢中になってるのかな。

今日は気づきました。

さて、今話題のえごま油。
ジャムにまぜたり、サラダやこういう冷たいパスタのときに使っています。



えごまは脳にも働きかけるようなので、
話題に乗って取ってみるようになりました。

一時期、忘れっぽくなって焦ったのなんの。
自分の思考癖というんでしょうか、
記憶に頼りすぎていたみたいです。
忘れるときのパターンがわかってきて、注意するようになったら、記憶力が回復した気がします。

ただ、サポートしてくれるものがあるというなら取り入れるに限るので、
えごま油をプラスしてみることにしました。

あれ、
何だか水だし緑茶とえごま油の色が似てる。038.gif





[PR]
by gaiaship | 2015-07-21 13:52 | お気に入り | Comments(0)

a0013236_18372936.jpg


もう一つ、夏のお気に入り飲料になっているのが「氷水出し緑茶」。

緑茶を切らしているなぁ と思っていたところ、折良く放送された
NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」の
夏こそ!スーパー緑茶 新カテキンで免疫力が復活!
を見て以来、気に入ってしまいました。

水出しでもお茶の香りってしっかり出るんですね。
いままで冷たい緑茶は、熱いお湯で出して氷に注いでいました。
でも、その入れ方だと苦みが出るんですが、氷水や水出しでは苦みはゼロ。
甘くて旨味のきいたお茶になるのでビックリです。

この入れ方だと、カフェインがほとんど出ないんだとか。
そのうえ、免疫力に関わるマクロファージを活性化させる
別のカテキン(渋くない)がたっぷり出てくることが分かったのだそう。

驚いたのは
同じ茶葉で4煎ぐらいは味も見た目の色合いも変わらずに、しっかり出てくれます。
番組で、そう言っていたのですが「まさかぁ」と思っていました。

でも本当でした。
写真は3回入れたもの。味は1煎目と変わりません。
(水だから煎じるとは言わないのかな?)

で、最後に熱いお湯を注いでみたら、いつもの・・・よりも
甘くてまろやかな玉露級のお茶が現れてビックリ。
a0013236_19525153.jpg
5煎目なのに、この色です。
ここにはカテキンがたっぷりというわけです。

水出しからは新種のカテキンをしっかりとれて、
お湯からは従来のカテキンも摂取できるなんて!

緑茶って、すごい機能性飲料だったんですね。
何度でも美味しくて経済的!

今まで、夏の間は緑茶はお休みでしたが、
もう、すっかり緑茶が出ずっぱり状態です。

緑茶は、中国や韓国でも飲まれるものですが、
日本とは製法が違う様子。

この美味しさ、期待の成分抽出は
日本の緑茶の製法に限ったものなのか・・・は不明です。










[PR]
by gaiaship | 2015-07-14 18:31 | お気に入り | Comments(0)

家族でハマる


a0013236_14275213.jpg


こちら珍しく家族が箱買いしてハマっている

冷やし甘酒」。

こういうのって甘すぎたり、薄かったりして

買って損することが多い危険な商品に思えなくもない。

でも、箱買いするくらいだから信じて飲んでみた。

ら!


ホントだ、美味しい。

酒粕が丸っきりダメという人にはお勧めしません。

あ、でも、冷たいのは平気になったりして。

甘酒が好きな人は満足度が高いはず。

甘さ、塩加減、酒粕の香りが絶妙!

米麹のツブツブ感も粒の量も押し付けがましくなく、

サラリとした舌触りで、後味はスッキリ。

「ごくごくいけるよ」と聞いてたのは、本当でした。

200ccもないミニ缶なので、数口で終わります。

甘いものを飲んだ後にありがちな口の中のベタつきがない!


箱買いに納得。賛成です。

※アルコール1%ほど入ってます。








[PR]
by gaiaship | 2015-07-10 14:05 | お気に入り | Comments(0)

a0013236_20251605.png


今年の大河ドラマ「花燃ゆ」。
吉田松陰の妹・文。
激動の長州藩の運命に翻弄されながらも、
新しい時代へと松陰の志を引き継いでいく彼女を中心に
幕末のホームドラマ、松下村塾の学園ドラマ、男たちの命がけのドラマ、
そして女達たちの戦いのドラマを盛り込んで話が進んでいます。

放送が始まった1月から、途切れ途切れではありますが見ています。

が、オープニングからちゃんと見たのは、なんと今日が初めて!

ということに、これまた今日気付きました。

いつも、始まりを待ちわびて、というわけではなく、
テレビをつけたら放送されているところに出くわして
そのまま見るときもあれば、変えるときもある…という感じ。
オープニングが終わったあたりから見ることが多くて、ずっと見逃していたみたいです。

土曜日お昼の再放送で初めて見ることとなりました。


そ、し、て、

映像の空間に引き込まれました。

ただならぬチカラの入れよう。

詳しくはこちらで解説されています→タイトルバックの世界

視聴率低いらしいけれど
以前の「八重の桜」が描いた、幕府側の会津藩の心情が重なったり、
幕末の争いと遷都でボロボロになった京都の町が、
官民一体で成し遂げた復興施策のアレコレを思い出したりして
私的には今回の「花燃ゆ」は面白いです。


でも、オープニングは見ていなかったんですよね。

いままで、これほど引き込まれたオープニングはあったかなぁ?

オープニングは、今後、季節の花を取り入れた夏~秋、秋~冬に変化するそう。

楽しみです。

江戸東京博物館では、ドラマに連動した特別展が開催されているんですね。
7月20日までらしいので行ってみようかなぁ。











[PR]
by gaiaship | 2015-06-27 21:14 | お気に入り | Comments(0)