いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

祝婚歌


a0013236_12303346.jpgふと頭に甦ったので、メモ。

ある日、テレビをつけたら久米明さんが一押しする詩を朗読なさっていた。
85歳を迎えたというその声で読まれる言葉一つひとつが、
じわ~ん、じわ~んと響いてきて、聞いているだけで涙が溢れてきました。

番組の司会者も涙を拭っていました。

この詩。出席した友人の結婚式で朗読された・・・らしいのですが、
じつは私、そのことが全く記憶に残っていないのだから不思議です。
受け取る時期ってあるのですねぇ。

(↑雰囲気が合うので、以前載せたネコ写真を添えました)



『 祝 婚 歌 』しゅくこんか 吉野 弘

二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派過ぎないほうがいい

立派過ぎることは

長持ちしないことだと

気づいているほうがいい


完璧をめざさないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい


二人のうち どちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい


互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで疑わしくなるほうがいい


正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい

正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気づいているほうがいい


立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には色目を使わず

ゆったりゆたかに

光を浴びているほうがいい


健康で風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと胸が熱くなる

そんな日があってもいい


そしてなぜ 胸が熱くなるのか

黙っていてもふたりには

わかるのであってほしい



詩人の吉野さんの著作権に関する考えが、また素晴らしいのです。
詩が重複しますがこちらのサイトをリンクさせていただきます。
[PR]
Commented by rto at 2009-02-23 21:49 x
「祝婚歌」、好きです。
昔、深夜のラジオで一度聞いて気になっていた詩です。
うる覚えの詩だったのにこちらで再会できて感激です。

次の休日にはこの詩を紙に書いて部屋に貼っておこうと思います。

Commented by gaiaship at 2009-02-24 11:34
♪rtoさん

こんにちは。
この詩をご存知でしたか。
私は知りませんでした…と言いたいところですが、
耳に入ってきていませんでした…と言うのが正しいようです。

何度でも読み返したくなる詩ですね。
by gaiaship | 2009-02-22 13:05 | メモ | Comments(2)