いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

会ってきた~♪


a0013236_12314228.jpg昨日は鎌倉芸術館での鎌倉交響楽団のファミリーコンサートに行って来ました。
鎌倉芸術館…いつか足を運んでみたいと思っていた場所なので、そんな期待も合わせつつの演奏会。中庭に竹を植え込み、それを取り囲む回廊にはゆったりと座れるソファーが数多く設置。演奏後の余韻を味わえるような、くつろぎを重視した落ち着きのあるしつらえに、好感をもてる建物でした。

小さなお子さまのご入場はお断り…という演奏会が一般的な中、
鎌倉交響楽団は、そうした制限を行わずに演奏会を行っているようです。
子ども達に生の音楽に触れる機会を与えると同時に、
保護者に音楽マナーを身につけてもらおうという主旨を含むコンサート。

小さい子どものマナーには・・・



観客だけでなくステージ上の楽団員たちも困ってしまうもの。

私は、子ども達の素直な反応を見るのは好き。

身体を音楽に合わせて動かしたり、
眠ってしまっていたり、
興奮してお喋りを始めてしまったり
泣き出してしまったり。。。

全部、音楽によるチカラですから♪

この日は、静かに聞き入るお子さんがほとんどでした。


演目は、劇音楽「ペール・ギュント」と交響組曲「シェエラザード」
物語の朗読を挟みながら音楽が進められました。
タイトルを聞いただけでは「どんな曲だったっけ?」と思っていたのですが、
聞いてみると、良く知る音楽だったり、子どもの頃に読んだことのある物語でした。

「クラシック音楽だと轟音でも気持ちよく聞こえるね」。
という友人。
シンバルが響き、ガンガンに盛り上がっていても、グッスリ眠っていられる人がいる…
確かに…それって、凄いことだと思いました。

改めて、子どもの頃から触れてきた様々な体験の中に折り込まれているクラシック音楽というものを意識しました。環境音楽として万人の耳元で鳴っているんですね。
自分自身が何によって作られてきたのか…
そんなことをボンヤリと思いめぐらすこの頃です。・。●
[PR]
Commented by 葉山 at 2008-03-06 02:46 x
静かな感じの素敵な芸術館ですね。

ここ数年、朗読っていいな、朗読つき音楽っていいなと、よく思います。
三つ子の魂百までで、保育園とかそんな小さい頃、母に寝る前に何度も読み聞かせをしてもらった思い出は、今でも生きているようです。
読書の読は音読の読。人の声で伝えることって大事だなと思います。(結構口で物言うの苦手ですが)
もっと、そんなコンサートや曲がクラシックにも増えるといいな、と思っています。

因みにシェヘラザードもペールギュントも好きです。
ベートーヴェンは私にとっても恩人です。(こういう人多いだろうな・・・)

私も私なりに自分自身が何によって作られてきたか思い出した時、今とこれからの自分にとって大切なものに触れた気になる今日この頃です。
Commented by gaiaship at 2008-03-06 11:39
♪葉山さん

こんにちは。
物語に耳を澄ますのは久しぶりでした。そのせいか、物語の情景が目の前に広がるまでに少々時間がかかってしまいました。しばらく使っていなかった脳を使った感じです。

朗読っていいですね。始めてみようかな…と思えました。
by gaiaship | 2008-03-02 12:47 | ニッコリ! | Comments(2)