いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

京番茶


a0013236_121737.jpg鎌倉の御成通りにある陀陀舎(だだや)さんは、お気に入りの店です。
販売と喫茶を行っています。

先日、友人に贈りたいお茶を買うために訪れたところ、大きな袋に入った「京番茶」(椿堂)なるものを店頭で発見。680円とお手頃なので気になって手に取りました。
店の外で一緒に行った友人と「どんな味なんだろうね~」と話していると、店内から「何?」とオーナーの声。どんな味か知りたいのだけれど…というと、喫茶のメニューには無いけれど飲ませてくれました。目の前で入れ方やお茶の話をしてくれた上に、笹の葉団子付き。しかもタダ同然でたっぷり味あわせていただきました。

何でもこの京番茶は、茶葉を育てるときに枝払いをした葉を集め、軽く燻したモノだそう。確かに、袋の外に漏れ出る燻された香り。陀陀舎のオーナーによると、京都にある日本茶の有名店「一保堂」では、昔のままにこだわった、かなり燻したものを扱っているそうです。

そもそも葉のついた枝のまま火にあぶり、それを沸いた湯に入れて煎じたものが、お茶の始まりなのだとか…(かなりうろ覚え)。昔は乳代わりに赤ちゃんに飲ませたと言いますから、栄養価もあるようです。
まろやかな舌触りで、甘みがありました。

もちろんお買いあげ。
ちょっと寂しくなっていた品揃えに、新顔が加わりました。
単品で楽しんだり、ほかのものとブレンドしたりして楽しみたいと思います。

写真は、野草シリーズ。ドクダミ、スギナ、そば茶、あと、たぶんケツメイシ(ウチでは毒消しと呼んでます)。ほうじ茶や麦茶などと混ぜたりして、適当に遊んでます。


※順調に育っているバジルたち。そろそろ植え替えしなければ…
[PR]
by gaiaship | 2004-07-02 12:18 | お気に入り | Comments(0)