いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

「漢字を使う国に生まれて良かった-2」


a0013236_18383174.jpg

これは、名字の一字で「澤」です。
サインするときの崩し字。
子どもの頃に、父がこんな感じで書いているのを見て、

「澤」がどうしてこうなるの? と思ったのを覚えています。


そしていつしか時が経ち、
中国人の同僚が「澤」の字を見て、
これは古い漢字だねと言って、いま使われている字を教えてくれました。

それは「泽」

これを見たときに「!!」
父が書いていた略字と結びついたのでした。
父がこの字を知っていたとは考えにくいので、略の行き着くところは似るのね と思ったのを覚えています。

自分でもサインするときは、いつの日からか真似するようになりました~。


今は機会が減ったけれど、昔は色んな人の手書き文字に触れました。
原稿そのものが読めなかったり、赤字が読めなかったり…くせ字や略字の解読に手こずったものです。

そうするうちに略字を知っていった気がします。

そういえば、子どもの頃は「略字を使うのは大人の証」なんて思っていました。

で、この略字、意外と中国語の簡体字と似ています。
やはり画数の多い漢字は略したくなりますよね。
手書きの略字を見慣れていたお陰で、一から覚え直す字をほんの少し減らせます。

门(門)とか、东(東)とか、说(説)とか、页(頁)とか 

あぁ、略字で書くときと似ているね というものが本当に多い。
なので、中国で簡体字が多勢になったのは理解できます。
「それ略しすぎでしょ」というものも多いけれど(笑)

最近、中国の資料を検索しなければならないことが多いので、
文章を見ながら、プチ発見を楽しんでいます。


なんでも、中国では1975~76年にかけて、大掛かりな漢字統計調査が行われ
使われていた漢字は合計して6335字であることが判明したそうです。
さらに分析したところ使用頻度は、2400字に絞られたとか。

その2400字の常用漢字中、簡略化されているものが800字。
そのうち日本語と共通している漢字は1600字あり、
7割が日本の漢字(日本の常用漢字数2136字)とほぼ同じというわけで
新たに覚える必要があるのは、たった800字だそうです。
※情報元は『筆談で覚える中国語』(サンマーク出版)

もちろん、日本語で使う意味とは違うことが多いので、そこは覚え直しだけれど
この数字をみると、かなり中国語に対するハードルが下がります。


中国語で表す「午后」(=午後)。
昔は日本でも使っていましたよね。
中文の中に見かけて、何ともいえない文学的雰囲気に包まれました。
常用漢字ではないので、若い人は知らないかもしれません…


中国で使われる文字から、かつての日常を少し懐かしく思い出したのでした。







[PR]
by gaiaship | 2017-04-30 18:38 | 音・学 | Comments(0)