いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

Otomado~最初的夢想


~Otomadoが開くのはいつも突然
開いた瞬間を面白がってアップしています~


今日から中国の学生にとって、人生を決めると言っても言い過ぎではない勝負の日~全国普通等学校招生入学試~通称「高考」といわれる試験が始まったようです。
数日前からSNSで中国の芸能人の学生達への応援コメントが流れ始めたので、「あぁ、6月はそうだったよね」と思い出していました。

「高考」のことを知ったのは私が学生時代。
アチラでは、浪人して再入試という人生の選択肢はないらしいし(いまは可能になったかな?) 
大学の選択にも条件があって、本当に通いたい大学を選べるとも限らない。

その頃、私が歩んでいたような人生の選択は、中国の人には出来ないことなんだと知って…カルチャーショックでした。

----------------------------

そんな中国の進学事情を思い出したら、「最初的夢想」へのOtomadoが開きました。

じつは・・・




中島みゆきさんの「銀の龍の背にのって」のカバー曲です。
人気小説「微微一笑很倾城」の映画版(2016年公開)に使われている一曲。
歌っているのは主演男優の井柏然(ジン・ボーラン)さんです。
(実写版「美女と野獣」の中国版でテーマソングも歌ってます)

かなり出来すぎな登場人物とキャンパスライフ。
学生しながらゲーマーとして実力があって、起業もしちゃう。大学生にとって理想なんじゃないでしょうか~。
話の内容説明は、ドラマ版のコチラ にお任せして…

歌詞は書き直されて女性シンガーが歌ったことで知られている曲のよう…
ですが、「非力な自分を憂いながらも、夢はいつか叶えられると信じて前を向く」という主旨は共通しているようです。

みゆきさんの歌詞の抽象的な部分を
中国語の方は具体的な表現に変えている感じ。
一音(一字)で意味を表現できる漢字を使う中国語の強みかな。
(人民中国のネット版に中文と日文が紹介されてます)

自信家の男性主人公が初めて挫折を味わい悩むなか、そこに寄り添う恋人の支えに気付いて、もう一度自分を信じて夢の実現に向かおうとする心情を表す詞になっているようです。


中島みゆきさんの曲って、
男性が歌うと本人が歌うときの凄味は抜けるけれど
歌の旨味みたいなものがジワッとしみ出してきて
何度でも聞いていたい気分にさせます。

何なのでしょうね、この曲の、この魅力。


この映画の公開当時に、中島みゆきさんの曲がカバー曲として使われてる
というニュースを読んだときには、とくに聞き入ることはなく
それよりも、ドラマ「皇后的男人」で共演したカップルが、
映画版とドラマ版に分かれて同じタイトル作品に出演していることを
面白く感じただけだったのに、今ごろ曲に気持ちが向くなんて…。


映画予告を見ると、挫折を味わって苦悩する主人公の姿はドラマとは違うようだし、
ドラマの人物設定よりも人間味が現れているので、
映画の方を見てみたいと思いました。字幕DVD出ないかなぁ。



ザックリstory
ネットゲームが大好きなウェイウェイ(微微)は、情報学部に通う大学2年生。美人で学業優秀、性格もいい彼女は、準ミスキャンパスに選ばれるが、ゲーム内で結婚していた夫に振られてしまいバツイチ状態になっていた。そんな彼女が現実世界で恋に落ちたのが、ウェイウェイと同じゲームを楽しむイケメンの先輩シャオ・ナイ(肖奈)だった。ある日、ゲームの中で夫婦になることになった二人は、現実世界で会うことを約束するが・・・。
(ホームドラマチャンネル特設サイトより)




[PR]
by gaiaship | 2017-06-07 22:17 | Otomado(音窓) | Comments(0)