いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship

回想


戦後65年という節目の年だからか? 
今だから一般に明かされる画像やエピソードが出てきた。
ジャーナリストを目指す人や関心のある人だけが知ってきたようなこと。


昨日は、NHKスペシャルを見て、いろいろ回想しました。
20代、30代の日韓の若者対話。

ニュースとしてではなく、現在の国民感情を知って
あの戦争が決して終わっていないことを改めて思い知らされました。
戦争ドラマを見るよりも、見つめるべきことが明確で
私にとっては新しい目をもらったような感じ。


今月のNHKでは、私が聞いてきたような内容の番組が目白押し。
今夜放送される、テレビ東京の「池上彰の戦争を考えるSP」も。


a0013236_1571841.jpg学生時代にまとめた冊子を読み返して、少し考えています。
もう、21年前のもの。
あの当時でさえ、戦争を体験してきた大人たちは、社会から戦争体験が薄れいくことに強い危機感を感じていると言っていました。友人たちに比べたら、知識があることを初めて実感したときでした。
私が横須賀に住んでいることを知って、帰国の一歩を踏みしめたのは浦賀だったと言って、多くの方の視線が当時を見つめるような遠い眼差しになったことを、今でも鮮明に覚えています。


何が起きたのか、その原因は何だったのか。
そしてそのことが、相手にどう受けとめられているのか。
その受け止め方は何から影響を受けているのか。
同様に、自分は何に反応し、その反応は何に影響を受けたからなのか…。

終戦日が近づくと、戦争に対してだけでなく
「知ること」の重要性を心に刻む私です。


アジアの経済力を巡って各国がうごめく様は
あの当時と重なって見えます。
冨の権利を巡る欲望はまったく同じ。

ただ、少なくとも日本の昔と今では人が縛られているモノが違うから
以前のような流れにはならないだろうと思いたい。
[PR]
by gaiaship | 2010-08-15 15:05 | メモ | Comments(0)