いまここライフ・・・ gaiaship.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

過去も未来も、いま「ここ」で出会っている。心の居場所を綴るLife log


by gaiaship
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

海からゲット


実家に帰って真っ先に目に飛び込んできたのがコレ
a0013236_18331466.jpg

ひじき! 生です!

月イチで、町内の仲間が企画する「みちくさの会」に参加している母。
横須賀市内のアチコチに出かけてます。
この日がその道草の日で、佐島方面に行ってきたもよう。




浜に打ち上げられたものではなく、水中、あるいは水面に漂っていたヒジキをゲットしてきたのだそうです。
もちろん、取っても良い場所のものですよ。
メンバーの中には、とっても物知りな方がいるらしく、毎回新たな知識を得て帰ってきます。
今回は、このヒジキと通称「たま」と呼ばれるクボ貝。
a0013236_18341115.jpgヒジキを加工するのは、母にとっても初めて!
私が帰った時は、ネットで調理方法を検索してひとまず落ちついたところでした。

茎から葉(?)の部分をむりしとるのですが、これが結構面倒な作業。
私には務まりそうにない…と話すと、
「こういう作業は、田舎では年寄りの仕事と言うんだよ」という母。
歳をとると気が長くなるので淡々とした作業が苦にならない…ということを、
私と母、それぞれの年代で実感。

その後、茹でた後に日干しするらしいのです。
ネットで見つけた情報の中でばらつきが見えたのが茹で方や茹で時間。
重曹を入れて茹でると書かれたものや(重曹の量は不明)、茹で時間は1時間~4時間と開きが…
加工業者にいたっては10時間ほど茹でると書かれており・・・。

とりあえず、1時間組と2時間組にわけることにしました。

初めての体験で、私も母も実験モード。ワクワクです。
夕飯の支度より、こちらが最優先。

ゆであがったら、このあとは日干し。それは翌日にまわすとして・・・

次に取りかかったのは、貝!
食べられるということで獲ってきたものの、一歩間違えば食中毒!
私も知っているツブ貝とは違う様子。再確認のためにこれもネットで調べました。
すると「クボ貝」ということが判明~。

洗っても藻がこびりついて離れない! 見た目はまるでマリモです。
仕方がないので、このまま塩茹でしてみましたよ。
茹でた中に、クボ貝に住み着いていたヤドカリが1匹。
あ~らら。
a0013236_18343843.jpg
恐る恐る食べてみると・・・めっちゃ美味でございました!
私がいくら「美味しいよ!」と言っても、我が家の男性陣はあまり貝が好きではないので
ノリがイマイチなのでした。(写真はほんの一部)

一夜明けて、お日様が出たのでヒジキを外へ。
1時間茹でたものは、割と早めに見慣れた黒い姿になりはじめました。

さぁ、今後どうなるか? 母からの報告が楽しみです。


自宅に帰ろうとする私に、母が持たせてくれたのは庭で育てている(?)三つ葉。
ごっそり一束くれました。今夜、おひたしにします。

旬のモノは身体に必要なものを与えてくれて、不要なものを取り去ってくれます。
有り難い!

さてさて、
乾物って割高だな~と思っていたのですが、作業してみると納得。
ものすご~く手間と時間がかかってます。
頭では分かっていましたが、やはり実体験の実感に勝るモノはありません。
何でも作ってみると、適正価格がわかるものです。
安値にしないと売れないご時世ですが、
どれほど世間が第一次産業の方々に無理を押しつけているのか・・・考えさせられます。

とはいえ高いモノには手が出せない経済状況。
これからは、今まで以上に値下げ商品を有り難く買わせていただきマッス。m( _ _ )m
[PR]
by gaiaship | 2010-05-14 19:14 | ニッコリ! | Comments(0)